今週の注目レース

毎日放送賞スワンステークス(GⅡ)

京都競馬場 1400メートル(芝・外)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

アドマイヤマーズ

牡4歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ヴィアメディチ
  • 母の父:Medicean
ここに注目!

ダイワメジャー産駒らしくないスラッとした馬体が特徴の馬だったが、4歳秋を迎えて本質が出てきたのか、現在は筋肉質のスピードタイプらしいシルエットになっている。この馬体なら、初の芝1400メートルにも対応できるはず。むしろ、合う可能性まである。

今年初戦に予定していたドバイターフが開催中止となり、今年の上半期は前走の安田記念の1走のみという状況に。その安田記念は勝ち馬から0秒7差の6着。前々走の香港マイル(G1・香港。芝1600メートル)を筆頭にGⅠ3勝を挙げる本馬の成績からすれば物足りないかもしれない。ただ、NHKマイルCを勝っているとはいえ、スピードの持続力よりも瞬発力が要求される東京コースは、初の敗戦となった共同通信杯(2着)、初の大敗となった昨秋の富士S(9着)など、あまり相性の良くないコースでもある。京都コースを走るのは一昨年のデイリー杯2歳S(1着)以来で、芝1400メートルの距離も初めてだが、坂の下りで加速をつけられるこのコースへの適性は高いはずだ。

サウンドキアラ

牝5歳

調教師:安達昭夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:サウンドバリアー
  • 母の父:アグネスデジタル
ここに注目!

ディープインパクト産駒だが、母の父アグネスデジタルの影響か、タフな馬場コンディションだった今年初めの京都開催でも結果を出し続けていた。今開催もイメージ以上に時計がかかっているが、本馬なら問題なく対応できるだろう。死角の少ない一戦だ。

年明けの京都金杯を皮切りに、京都牝馬S、阪神牝馬Sと重賞を3連勝。それまでに4戦して勝ち星のなかった阪神コースを攻略した前々走は特に注目すべき勝利で、能力がついに開花したことを示す結果と言える。前走のヴィクトリアマイルも過去に結果を出したことのない関東圏のレースで、18頭立ての大外枠という難しい状況でもあったが、結果はアーモンドアイに次ぐ2着を確保。前年の同レース優勝馬ノームコア(3着)の追撃を振り切ったレースぶりは秀逸だった。力量はGⅠ級と見るべきだろう。今秋を最後に改装工事に入る京都競馬場は本馬が最も得意としている舞台。改修前最後の重賞で、コース巧者ぶりを存分にアピールしたい。

ステルヴィオ

牡5歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ラルケット
  • 母の父:ファルブラヴ
ここに注目!

2歳時の朝日杯フューチュリティSで2着に好走しており、阪神コースに対するイメージも決して悪くないが、京都・芝の外回りコースはGⅠタイトルを取った思い出の深い舞台。改装工事前の貴重な一戦を勝利で飾りたい。

2018年のマイルチャンピオンシップを制したGⅠホースだが、それが最後の勝利。今年の成績も、阪急杯が5着、高松宮記念が9着、前走の京王杯スプリングCが2着と、勝ち切れない競馬が続いている。前走後は疲れがあったのか動きが硬くなり、本来のパフォーマンスを発揮できないとの判断から、安田記念の登録を見送り。出走を予定していたキーンランドCは札幌へ輸送した際に熱発して回避と、リズムにも乗り切れていない印象だ。5か月半ぶりの今回が秋初戦であり、復活へ向けた第一歩のレース。潜在能力の高さは誰もが認める存在だけに、条件の合いそうな今回の1戦で結果を残したいところだろう。

シヴァージ

牡5歳

調教師:野中賢二(栗東)

  • 父:First Samurai
  • 母:Indian Bay
  • 母の父:Indian Charlie
ここに注目!

開催が進んで馬場の内側が荒れ、外からの差しが決まるようになっている現在の馬場コンディションは、脚質的にも好材料だろう。近5走はすべて1200メートル戦。1400メートルへの距離延長だけでなく、初めてとなる京都・芝の外回りコースの攻略も鍵になりそうだ。

昨年末の阪神Cから芝路線へと転向。芝での初勝利は今年の2月に行われたオープン特別・北九州短距離S(小倉・芝1200メートル)で、出走馬中最速の上がり3ハロン34秒9(以下推定)をマークしての差し切りだった。先行押し切りで結果を残していたダート時代とは異なり、芝のレースでは6戦中5戦で出走馬中最速の上がり3ハロンタイムをマーク。特に近3走では33秒台を記録している。重馬場だった3走前の高松宮記念(5着)でも33秒1。この数字は、その後に安田記念とスプリンターズSを連勝するグランアレグリア(2着)と同じという優秀なものだった。その決め手は現在の短距離界でも屈指であり、今回のメンバーでも最上位と言えるかもしれない。

カテドラル

牡4歳

調教師:池添学(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:アビラ
  • 母の父:Rock of Gibraltar
ここに注目!

1400メートルに距離を短縮し、メンコも外して挑んだことが前走の好結果を生んだのであれば、同距離の今回でも期待を持つことができるだろう。482キログラムだった前走時の馬体も実にシャープだった。この数字が適正体重かもしれない。

昨年のNHKマイルCでは勝ち馬アドマイヤマーズから0秒1差の3着に好走。秋のマイルチャンピオンシップでは勝ったインディチャンプから0秒5差の6着だったが、マークした上がり3ハロン33秒4(推定)はメンバー最速を記録していた。前々走の米子S(リステッド。阪神・芝1600メートル)で10着と大敗したように、常に安定したパフォーマンスを見せるタイプではないが、はまった際の爆発力は目を見張るものがある。直線一気の末脚を繰り出して約2年ぶりの勝利をあげた前走の朱鷺S(リステッド。新潟・芝1400メートル)は、この馬の能力の高さを証明する一戦だったと言えるだろう。相手強化の1戦ではあるが、今回もポイントは自身の能力を出し切れるかどうかだ。

アルーシャ

牝5歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ザズー
  • 母の父:Tapit
ここに注目!

今回と同じ条件の京都牝馬Sは、昨年が4着で今年が17着。結果を残せていない現状だが、昨年は直線でスムーズさを欠き、今年は馬場が荒れたコンディションでの最内枠と、敗因となる要素はあった。コース相性が悪いと考えるのは早計かもしれない。

初めてのGⅠ挑戦だった3走前のヴィクトリアマイルでは11着と大敗したが、続くパラダイスS(リステッド。東京・芝1400メートル)であっさりと巻き返しに成功。通算6勝目、オープンクラスでの2勝目をマークした。前走の京成杯オータムHではポジションを取れなかったこともあり、6着と結果を残すことができなかったが、マークした上がり3ハロンタイム34秒7(推定)は出走馬中最速。スムーズな競馬さえできれば、重賞でも通用する手応えを得た一戦だった。父は名馬にして大種牡馬でもあるディープインパクト。タピット産駒の母ザズーもアメリカでG1を2勝している。本格化の気配を見せる世界的な良血馬の動向に、注目が必要だろう。

ボンセルヴィーソ

牡6歳

調教師:池添学(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:バイモユリ
  • 母の父:サクラローレル
ここに注目!

以前はスムーズな競馬が好走の条件になっていたが、最近はもまれる形でも結果を残せるようになっている。安定感が出てきた理由もそこだろう。短距離戦にしては徹底先行型が不在のメンバー構成。久々に逃げを打つシーンも考えておきたい。

稍重馬場だった5走前の東風S(リステッド。中山・芝1600メートル)が12着、不良馬場の前々走・パラダイスS(リステッド。東京・芝1400メートル)では10着と大敗しているが、この2戦を除けば、今年に入ってからの成績は実に堅実だ。年明けの京都金杯では3着、4月のダービー卿チャレンジTでは2着、前走の京成杯オータムHでも3着と結果を残している。しかも、重賞で結果を残しているときは常に人気がなく、京都金杯が14番人気、ダービー卿チャレンジTと京成杯オータムHは13番人気だった。さすがに今回は2桁人気になることはなさそうだが、高配当を狙うファンにとっては非常にありがたい存在と言えるだろう。

スマートオーディン

牡7歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ダノンシャンティ
  • 母:レディアップステージ
  • 母の父:Alzao
ここに注目!

京都競馬場での芝成績は〔1・1・0・4〕だが、連対した2戦は長期休養前のもの。阪急杯を勝っていることもあるだろうが、直線に急坂のある阪神コースのほうが追い込みやすいイメージがある。今回は京都コースへの対応がポイントになるだろう。

2015年の東京スポーツ杯2歳S、2016年の毎日杯、京都新聞杯と立て続けに重賞3勝をマークした素質馬で、脚部不安による長期の休養を経験したあとにも2019年の阪急杯を制した。持っているポテンシャルは今回のメンバーでも上位の存在と言っていいだろう。一方でワンパターンの競馬しかできず、前々走の安土城S(リステッド。京都・芝1400メートル)、前走のパラダイスS(リステッド。東京・芝1400メートル)ではともに出走馬中最速の推定上がり3ハロンタイムを記録しているにもかかわらず、着順は前々走が6着、前走が8着と勝負圏内までは届かなかった。今回も作戦が変わらないのであれば、末脚の届く展開になるかどうかが1番の鍵となりそうだ。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: