今週の注目レース

菊花賞(GⅠ)

京都競馬場 3000メートル(芝・外)馬齢 牡・牝 3歳オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

新興勢力の台頭が目立つ3歳クラシックの最終関門

グレード制が導入された1984年以降の菊花賞における優勝馬36頭中、4分の3にあたる27頭は、この菊花賞でGⅠ初制覇を果たした馬だった。現在のところ2013年から7年連続でGⅠ未勝利馬が優勝を果たしているが、その2013年以降は計5頭のGⅠウイナーが出走していたものの、3着以内に入った馬は1頭もいない。クラシック最終関門の菊花賞は、皐月賞や日本ダービーとは異なる資質を問われるレースと言えそうだ。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

前走好走馬が中心

過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、前走の着順が「3着以内」だった。一方、「4着以下」だった馬は3着内率3.8%と苦戦している。前走で3着以内に入っていなかった馬は評価を下げたい。〔表1〕

〔表1〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
3着以内 10-9-8-74 9.9% 18.8% 26.7%
4着以下 0-1-2-76 0% 1.3% 3.8%

前走の末脚も重要なポイント

過去10年の3着以内馬30頭中24頭は、前走がJRAのレース、かつそのレースでの上がり3ハロンタイム(推定)順位が「3位以内」だった。一方、「4位以下」だった馬は3着内率6.7%と苦戦している。前走の内容を比較する際は、着順だけでなく上がり3ハロンタイム(推定)順位にも注目しておきたいところだ。〔表2〕

〔表2〕前走がJRAのレースだった馬の、前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位別成績(過去10年)
前走の上がり3ハロンタイム
(推定)順位
着度数 勝率 連対率 3着内率
3位以内 8-8-8-65 9.0% 18.0% 27.0%
4位以下 2-2-2-84 2.2% 4.4% 6.7%

なお、過去10年で馬場状態が良だった年(2013年と2017年を除く8回)に限ると、前走がJRAのレース、かつそのレースでの上がり3ハロンタイム(推定)順位が「4位以下」だった馬の3着内率は4.2%にとどまっている。今年の菊花賞が良馬場となった場合は、前走の末脚をより重視すべきだろう。〔表3〕

〔表3〕過去10年で馬場状態が良だった年における、前走がJRAのレースだった馬の、前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位別成績(2013年と2017年を除く8回)
前走の上がり3ハロンタイム
(推定)順位
着度数 勝率 連対率 3着内率
3位以内 6-8-7-51 8.3% 19.4% 29.2%
4位以下 2-0-1-68 2.8% 2.8% 4.2%

格の高いレースで好走してきた馬が中心

過去10年の3着以内馬30頭中26頭は、“同年4月以降のJRAのGⅠ・GⅡ”において4着以内に入った経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率4.4%と苦戦している。今年も、4月以降に行われたGⅠ・GⅡで4着以内のある馬を高く評価したい。〔表4〕

〔表4〕“同年4月以降のJRAのGⅠ・GⅡ”において4着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 9-10-7-63 10.1% 21.3% 29.2%
なし 1-0-3-87 1.1% 1.1% 4.4%

前走が重賞以外だった馬は連対例なし

過去10年の連対馬20頭は、いずれも前走が「JRAの重賞」だった。一方、「JRAの重賞以外」だった馬は連対がなく3着内率は8.9%にとどまっている。重賞以外のレースから参戦してきた馬が優勝争いに加わる確率は低いと見ておきたいところだ。〔表5〕

〔表5〕前走別成績(過去10年)
前走 着度数 勝率 連対率 3着内率
JRAの重賞 10-10-5-99 8.1% 16.1% 20.2%
JRAの重賞以外 0-0-5-51 0% 0% 8.9%

なお、前走が「JRAの重賞」だった3着以内馬25頭のうち18頭は前走が「神戸新聞杯」だった。それに対し、「セントライト記念」から臨んだ馬は3着内率9.6%と苦戦している。同じ菊花賞トライアルではあるものの、「セントライト記念」から臨む馬はやや評価を下げるべきだろう。〔表6〕

〔表6〕前走が「JRAの重賞」だった馬の、前走別成績(過去10年)
前走 着度数 勝率 連対率 3着内率
神戸新聞杯 8-6-4-46 12.5% 21.9% 28.1%
セントライト記念 1-3-1-47 1.9% 7.7% 9.6%
ラジオNIKKEI賞 1-0-0-0 100% 100% 100%
札幌記念 0-1-0-2 0% 33.3% 33.3%
その他のレース 0-0-0-4 0% 0% 0%

近年はキャリア9戦以上の馬が不振

過去7年の3着以内馬21頭中19頭は、通算出走数が「8戦以内」だった。一方、「9戦以上」だった馬は3着内率4.1%と苦戦している。2012年以前はキャリア「9戦以上」の馬もそれなりに好走していたが、近年の傾向を重視するならば、キャリアが比較的浅い馬を高く評価したい。〔表7〕

〔表7〕通算出走数別成績(過去7年)
通算出走数 着度数 勝率 連対率 3着内率
8戦以内 7-5-7-58 9.1% 15.6% 24.7%
9戦以上 0-2-0-47 0% 4.1% 4.1%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

通算出走数と前走に注目

過去7年の優勝馬7頭は、いずれも通算出走数が「7戦以内」だった。〔表7〕で挙げた傾向からもわかる通り、キャリアが比較的多い馬は過信禁物と見ておきたいところだ。また、この7頭は前走の馬体重が470キログラム以上だった点も共通している。馬格がない馬は評価を下げるべきだろう。さらに、この7頭はいずれも前走がJRAの重賞で3着以内に入っていた。〔表1〕や〔表5〕などで挙げた傾向も重視したい。〔表8〕

(伊吹 雅也)

〔表8〕優勝馬の、通算出走数、前走の馬体重、前走の着順(過去7年)
年次 優勝馬 通算出走数 前走の馬体重 前走
2013年 エピファネイア 7戦 480kg 神戸新聞杯(GⅡ)1着
2014年 トーホウジャッカル 6戦 484kg 神戸新聞杯(GⅡ)3着
2015年 キタサンブラック 6戦 532kg セントライト記念(GⅡ)1着
2016年 サトノダイヤモンド 6戦 500kg 神戸新聞杯(GⅡ)1着
2017年 キセキ 7戦 486kg 神戸新聞杯(GⅡ)2着
2018年 フィエールマン 3戦 476kg ラジオNIKKEI賞(GⅢ)2着
2019年 ワールドプレミア 5戦 472kg 神戸新聞杯(GⅡ)3着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: