今週の注目レース

京都大賞典(GⅡ)

京都競馬場 2400メートル(芝・外)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

キセキ

牡6歳

調教師:角居勝彦(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:ブリッツフィナーレ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

京都競馬場は、3年前の菊花賞を制した思い出のコース。この秋の始動戦として、ここから2つ目のGⅠタイトル獲得を目指していくだけに、弾みをつけるレースを見せたいところだ。大型馬ながら、休み明けから力を出せるタイプでもある。

前走の宝塚記念は、スタートこそほぼ互角に出たが、無理せず馬なりで後方を進んだ。向正面で徐々にポジションを上げていくと、3コーナーで中団、4コーナーでは2番手まで押し上げた。直線も力強い脚取りでグングンと加速し、先に抜け出したクロノジェネシス(1着)を追いかけたが、最後まで差は詰まらず2着でゴール。ただ、昨年の同レース(2着)以来の連対を果たし、復活を印象付けた。前々走の天皇賞(春)はハナを奪ったものの、直線で失速して6着。ただ、メンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムで勝ったフィエールマンなど差し馬が台頭しており、流れも向かなかった印象だ。6歳秋でも衰えは感じず、能力を出しさえすれば勝ち負けを演じられるだろう。

キングオブコージ

牡4歳

調教師:安田翔伍(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ファイノメナ
  • 母の父:Galileo
ここに注目!

重賞初挑戦となった昨年の毎日杯では9着に敗れたものの、今年に入って4連勝で目黒記念を勝ち重賞初制覇。4歳を迎え、本格化を遂げたと言っていいだろう。ここで重賞連勝を決め、さらなる大舞台へ駒を進めたいところだ。

前走の目黒記念は、後方4番手からじっくりと構え、道中はリラックスした走りを見せた。4コーナーでもまだ内ラチ沿いの後方だったが、直線入り口で馬場の真ん中に持ち出されると、馬群の間を抜け出して残り200メートル付近で先頭へ。最後は迫るアイスバブル(2着)を寄せ付けず、重賞初制覇を飾った。父は現役時代、名スプリンターでならしたロードカナロアながら、ヨーロッパの中・長距離G1で4勝を挙げているガイヤースを送り出した母系のスタミナを受け継いでいるのか、距離の融通は利いており、2400メートルは問題ないだろう。成長力があり、まだまだ伸びしろも感じさせるだけに、強敵相手の今回は試金石の一戦となりそうだ。

グローリーヴェイズ

牡5歳

調教師:尾関知人(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:メジロツボネ
  • 母の父:スウェプトオーヴァーボード
ここに注目!

昨年は、天皇賞(春)で2着に入って初めてのGⅠ連対を果たすと、年末の香港ヴァーズ(G1・香港。芝2400メートル)でG1初制覇を果たした。京都コースは6戦して1勝、2着2回も、6戦全てが重賞で、前述の天皇賞(春)を含む3連対は好相性を疑いようもない。

香港のG1勝利後ということもあって、前走の宝塚記念には大きな期待が寄せられたが、17着と思うような結果を残すことができなかった。ただ、予定していたドバイシーマクラシックが中止となり、UAEから帰国しての初戦。順調な臨戦過程だったとは言えず、目に見えない疲れもあったはずだ。また、これまで良馬場の経験しかなく、キャリア初の稍重馬場での競馬が響いた点もあっただろう。9月30日の1週前追い切りでは、美浦南Wコースで6ハロン81秒7(ラスト1ハロン12秒5)と、本レースへ向けて調整は順調。今回も天気は気になるところだが、得意の京都コースなら巻き返しが期待できる。

ステイフーリッシュ

牡5歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:カウアイレーン
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

これまで重賞で〔1・4・7・8〕と安定感十分。5歳秋を迎えたが、さらなる成長を感じさせている一頭だ。先行力があり、脚質的に今回も大崩れは考えづらそう。開幕週の馬場コンディションを考えても、この馬の競馬を貫けば上位争いに加われるはずだ。

前走のオールカマーは休み明けの一戦だったが、いつも通り2、3番手からスムーズにレースを進め、直線でもしぶとく脚を伸ばし続けて3着。本馬にとって得意ではない、緩い流れからの瞬発力勝負になったことは敗因の一つだろうが、あらためて地力の高さと安定感を証明した。前々走の目黒記念も3着だったが、勝ち馬キングオブコージより3.5キログラム重いハンデを背負っての0秒2差なら、力差はあまりないと考えてよさそうだ。厩舎スタッフが「中1週なので、状態を維持していければいいですね。テンションがどうかですが、落ち着いて出走できれば」とコメントしているように、ローテーションの克服は鍵となるだろう。

パフォーマプロミス

牡8歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:アイルビーバウンド
  • 母の父:タニノギムレット
ここに注目!

一昨年の日経新春杯では、54キログラムの軽ハンデだったとはいえ今回と同じ京都・芝2400メートルで重賞初制覇を飾っており、舞台適性の高さは大きな武器となる。8歳の秋でも能力の衰えは感じられないだけに、今回は重賞4勝目のチャンスと言えるだろう。

前走の鳴尾記念は、骨折明けで約1年1か月ぶりの実戦ながら見事に勝利を挙げ、高い地力をアピールしてみせた。レースは最内枠から出たなりで、終始内ラチ沿いをロスなく進み、直線入り口では前が壁になったものの、すぐに外に持ち出されると瞬時に反応してグングンと加速。最後はオークス馬ラヴズオンリーユー(2着)と併せる形から、並んだ状態でゴール。ハナ差で勝利を収め3つ目の重賞タイトルを手にした。今回はリフレッシュ休養明けになるが、調整も順調に進められており、前走時よりも過程はよく見える。前々走の天皇賞(春)で3着に好走したように、さらなる大舞台へのステップにしたい。

シルヴァンシャー

牡5歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:アゼリ
  • 母の父:Jade Hunter
ここに注目!

母は現役時代にG1を11勝して2002年度のアメリカ年度代表馬に輝くなど、競馬史に残る名牝。本馬はここまで重賞タイトルには手が届いてないものの、レース内容から高い素質を見せており、能力は重賞級と言っていいはずだ。

前走の天皇賞(春)は14着だったが、出走を予定していた昨年11月のステイヤーズSを捻挫で使えなかったことや、初めてのGⅠ挑戦だったことも考えれば参考外でいいだろう。その前走時は坂路だけでの調整だったが、今回は9月30日に栗東CWコースで6ハロン82秒2(ラスト1ハロン12秒1)と、トラックでも追い切りができているように、順調さがうかがえる。昨年の本レースは初めての重賞挑戦だったが、道中3番手を進んだドレッドノータスが勝ち、逃げたダンビュライトが2着に粘る展開のなか、後方からレースを進めて3着まで追い込む好走を見せた。ここは舞台を含め、条件に不足はないだろう。

バイオスパーク

牡5歳

調教師:浜田多実雄(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ナナヨーティアラ
  • 母の父:マイネルラヴ
ここに注目!

5歳を迎えた今年は飛躍の年になっている。これまで着実に力をつけ、2月にオープンクラス入りを決めると、昇級後は3戦全てで掲示板(5着以内)を確保。今回は初めてのGⅡ挑戦とはなるが、安定して力を発揮できるタイプで、再び上位争いが可能だろう。

前走の函館記念は、初めての重賞挑戦ながら3着と力を示した。レース内容も5番手から早めに動いていく強気の競馬。上位2頭が差してきた馬たちで、決して流れが向いたとは言えないなかでの好走は今後につながるものだっただろう。今回は放牧を挟み、フレッシュな状態で再度の重賞挑戦。前々走の都大路S(リステッド。京都・芝1800メートル)も休み明けで2着に好走しており、レース間隔が空いても力を出せるタイプだ。2400メートルの距離克服がポイントとはなるが、下り坂を上手に利用してスピードに乗れるだけに、京都コースに替わる点は大きなプラスと言えるはず。舞台相性の良さで上位進出を狙いたい。

カセドラルベル

牝4歳

調教師:西村真幸(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ベルスリーブ
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

曽祖母のMy Darling Oneは現役時代に米ファンタジーS(G1・アメリカ)を制覇。母系には優秀な血が流れている。本馬は昇級初戦での重賞初挑戦ながら、侮れない存在と言える。前々で運べるタイプだけに、開幕週の馬場コンディションも合っていそうだ。

キャリア8戦で4勝、2着2回、3着1回、4着1回と全て掲示板(5着以内)を確保し、唯一の4着も勝ち馬に0秒2差と、高い能力を発揮してきた。前走の3勝クラス・博多S(小倉・芝2000メートル)はそれほど速いスタートではなかったが、長いホームストレッチを生かして1コーナーでは3、4番手につけた。直線で抜け出してからもしぶとく脚を使い、ゴール前は迫るマルシュロレーヌ(2着)をクビ差しのいで勝利した。今回は初めての京都コースになるが、右回りで3勝を挙げており、直線が平坦のコースも前走で適性を証明済みだ。9月30日には栗東坂路で自己ベストの4ハロン51秒7をマーク。状態面も申し分なさそうで、一気の重賞初制覇が見られるかもしれない。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: