今週の注目レース

小倉2歳ステークス(GⅢ)

小倉競馬場 1200メートル(芝)馬齢 2歳オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

モントライゼ

牡2歳

調教師:松永幹夫(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ムーングロウ
  • 母の父:Nayef
ここに注目!

馬体重に変化はなかったが、2戦目のほうが明らかに体つきはシャープで、気持ちも前向きになっていた。テンションが高くなり過ぎると微妙だが、リフレッシュ放牧を挟んで調整されており、競り合いになりにくい少頭数も歓迎だろう。この馬の力を発揮できるはずだ。

メイクデビュー阪神(芝1200メートル)は勝ったヨカヨカにアタマ差の2着で、1番人気の支持に応えられなかった。ただ、しっかりと仕上がって初戦向きのテンションを見せていた勝ち馬に対し、本馬はゆったりとした馬体の作りで、返し馬でもおっとりとしていた。その差が結果に表れたと考えていいだろう。デビュー2戦目の未勝利(阪神・芝1200メートル)は初戦と正反対のテンション。前向き過ぎるほどだった走りが今後のパフォーマンスに影響するかどうかはともかくとして、2着馬に1秒7差をつける楽勝は資質の高さを示すのに十分だった。小倉への長距離輸送をクリアすることができれば、舞台はスピード能力を前面に発揮できる直線平坦の小回りコース。重賞初制覇の可能性は高そうだ。

メイケイエール

牝2歳

調教師:武英智(栗東)

  • 父:ミッキーアイル
  • 母:シロインジャー
  • 母の父:ハービンジャー
ここに注目!

トモが少し甘いように感じるが、牝馬でもしっかりとした馬格のある馬。中1週のローテーションでも、肉体的にこたえることはないだろう。しかし、精神的な部分は当日になってみないとわからない。前走のように落ち着いてパドックを周回できるかどうかが鍵になる。

曽祖母シラユキヒメ、祖母ユキチャン、母シロインジャーはいずれも白毛。競馬ファンになじみの深い母系を持つが、ミッキーアイル産駒の本馬は父と同じ鹿毛。毛色だけでなく、豊富なスピードと前向きな気性も父譲りと言えるだろう。1番人気の支持を受けた前走のメイクデビュー小倉(芝1200メートル)は、道中で頭を上げるシーンがあったものの、ハナには行かせず、しっかりと押さえ込んでの追走。今後のことを考えた福永祐一騎手らしい騎乗だった。勝ち時計の1分09秒4は特筆できるものではないが、単調な競馬をさせず、メリハリの利いた走りで2着馬に5馬身差。勝ち方のインパクトのほうを重視したい。大幅な時計の短縮は必要となりそうだが、デビュー2戦目での重賞制覇も可能なはずだ。

フリード

牝2歳

調教師:西園正都(栗東)

  • 父:No Nay Never
  • 母:Arctic Freedom
  • 母の父:War Chant
ここに注目!

返し馬の雰囲気などにデビュー戦との違いは感じられたが、馬体重自体の増減はなし。もうひと絞りできそうな雰囲気もあっただけに、中2週での参戦は問題ないはずだ。短距離馬らしい体つきは豊富なスピードの証し。特徴を生かしたレース運びをしたいところだろう。

メイクデビュー阪神(芝1400メートル)は8着だったが、2戦目の未勝利(小倉・芝1200メートル)で一変。従来の2歳JRAレコードを19年ぶりに更新する1分07秒5で逃げ切り勝ちを決めた。父ノーネイネヴァーは芝1200メートルのG1・モルニ賞(フランス)を制したスピード馬。本馬も1200メートルへの距離短縮、速い時計の出やすい小倉の芝に条件が替わったことがプラスに出たようだ。本レースは最終週の開催とはいえ、今年の夏は開催自体が4週と短く、先週まではスピード優先の競馬が続いていた。前走のパフォーマンスを再現できれば、今回も好勝負必至だろう。管理する西園正都調教師は、2001年にタムロチェリー、2012年はマイネルエテルネルで小倉2歳Sを制覇。3勝目を目指しての出走になる。

フォドラ

牝2歳

調教師:牧浦充徳(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:セイングレンド
  • 母の父:バブルガムフェロー
ここに注目!

気候や馬場だけでなく、長距離輸送を克服する必要がある小倉でのレースに対応できるかどうかもポイントだろう。特に気候の問題は鍵で、涼しい函館と残暑の厳しい小倉では消耗度が違うかもしれない。馬体重をはじめ当日の気配チェックは必須だ。

近親に宝塚記念などGⅠを2勝したラブリーデイ、先週の新潟2歳Sで3着だったフラーズダルムなどがいるロードカナロア産駒。血統構成的には中距離路線で活躍した父キングカメハメハのラブリーデイに近いが、本馬は父だけでなく、母の父もスピード優位のバブルガムフェロー。1番人気に応えて快勝したメイクデビュー函館(芝1200メートル)だけでなく、0秒1差の4着に入った前走の函館2歳Sでもハナを切るスピードを見せていた。現状はスプリンターと考えてよさそうだ。前走時の馬体重が408キログラムと小柄で、見た目も非力に感じる牝馬。稍重の馬場でも最後まで余裕を感じさせる内容だった初戦から、見た目以上にパワーはありそうだが、本質的には軽い芝のほうが合うのかもしれない。

アールラプチャー

牝2歳

調教師:千田輝彦(栗東)

  • 父:ミッキーアイル
  • 母:ルージュノアール
  • 母の父:ストーミングホーム
ここに注目!

小倉に滞在しての連闘策。しかし陣営は、デビュー戦を勝ち上がることができれば、このスケジュールも予定に入れていたという。疲れが残るような勝ち方ではなかったので、上積みも十分に見込めるが、硬さが出ていないかのチェックはしておきたい。

先週のメイクデビュー小倉(芝1200メートル)を1分08秒8の時計で快勝。同日の3歳以上1勝クラスの勝ち時計が1分08秒6なら、水準以上の数字と考えてよさそうだ。しかも、騎乗していた太宰啓介騎手によると、「抜け出して1頭になったときにフワッとする面がありました」とのこと。2着馬との差は1馬身1/2だが、その見た目以上に余裕のある内容だったと言えるのかもしれない。大外枠から楽に2番手をキープできたスピードは父ミッキーアイルから受け継いだもので、おそらく今回のメンバーの中でも上位のはず。出走頭数も落ち着いており、もまれる状況になることは考えにくいが、仮にゴチャつく展開になった場合に対処できるかどうか。それが好走するためのポイントになるかもしれない。

セレッソフレイム

牝2歳

調教師:服部利之(栗東)

  • 父:パイロ
  • 母:ボストンサクラ
  • 母の父:ダイワメジャー
ここに注目!

前走時の馬体重が434キログラム。小倉への長距離輸送でも馬体を減らさず、精神的な強さを見せた。今回も自分の能力は出せるだろう。小柄な牝馬でも走りのバランスが良く、水分を含んだ馬場コンディションも苦にしない。天候に左右されない強みを持っている。

メイクデビュー阪神(芝1200メートル)で勝ち上がり。当日は馬場状態が重で、スプリント戦にもかかわらず、レースの前半600メートル通過タイムが37秒5というかなりのスローペース。勝ち時計も1分13秒3で、ダート戦と思えるほどだった。軽く仕掛けた程度での楽勝だったにもかかわらず、前走のオープン特別・フェニックス賞(小倉・芝1200メートル)で離れた3番人気にとどまったのは、能力を図り切れないデビュー戦の内容が大きかったのではないだろうか。その前走は、速い時計での決着が予想される平坦小回りのレースにも対応し、出走馬中最速タイの上がり3ハロン34秒6(推定)の脚を使ってゴール前で2着に浮上した。コース2度目の今回は、さらにパフォーマンスを上げられるはずだ。

ルクシオン

牝2歳

調教師:河内洋(栗東)

  • 父:エイシンフラッシュ
  • 母:ヘヴンリーヴォイス
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

特別登録をしていた先週の九州産馬限定のオープン特別・ひまわり賞を回避し、重賞挑戦を選択。8月27日の1週前追い切りでは、栗東CWコースで古馬を相手に負荷をかけた調教を敢行した。小柄な牝馬だけに、再度の長距離輸送でも前走時の馬体重は維持したいところだろう。

エイシンフラッシュ産駒の九州産馬だが、母ヘヴンリーヴォイスのそれまでの産駒はすべて北海道産。母の父にアグネスタキオン、その先にマキャベリアン、シアトルソングの名があるだけでなく、世界的な大種牡馬ミスタープロスペクターの4×4のインブリードまで持つ良血馬だ。前走の九州産馬限定のメイクデビュー小倉(芝1200メートル)は、スピードの違いを見せつけるだけの楽なレース。軽く気合をつけられただけで後続を引き離したパフォーマンスは優秀で、1分09秒8の平凡な走破時計もまだまだ短縮できるだろう。1998年のコウエイロマン(当時は小倉3歳S)以来となる九州産馬の本レース勝利も期待できそうだ。

リサコーハク

牝2歳

調教師:川村禎彦(栗東)

  • 父:カレンブラックヒル
  • 母:ミヤジレリゴー
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

前走時は2度目の長距離輸送でも馬体を減らすことなく、それまでと変わらない筋肉の張りを維持していた。小柄な馬体ながらタフさを持っている馬と考えていいだろう。連闘での参戦となるが、馬体の張りをキープできていれば、能力発揮に支障はなさそうだ。

初陣は6月のメイクデビュー阪神(芝1400メートル、9着)だったが、440キログラムの馬体重でも腹回りに少し余裕があり、経験を積みながら成績を上げていくタイプに感じられた。3戦目の未勝利(阪神・芝1200メートル)では、デビュー時から10キログラム減と走れる態勢が整ってきたようで、初連対となる2着に好走。ダートに挑んだ前走の未勝利(小倉・ダート1000メートル)は、スタートから行きっぷりが良く、スピードの違いを見せつける形で初勝利をマークした。芝では少し物足りなかったスピード、瞬発力をダートで補えたと考えれば、相手強化で再び芝のレースになる今回、越えるべきハードルは低くないかもしれないが、豊富なキャリアを生かして上位を目指す。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: