今週の注目レース

キーンランドカップ(GⅢ)

札幌競馬場 1200メートル(芝)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ダイアトニック

牡5歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:トゥハーモニー
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

初めての芝1200メートル戦だった前々走の高松宮記念では、直線で不利がありながらも僅差の3着(4位入線繰り上がり)に入っており、スプリント適性は相当。前走の函館スプリントSに続く重賞連勝を飾り、サマースプリントシリーズチャンピオンの座を手繰り寄せたい。

昨年のスワンSで初重賞制覇を達成。5歳を迎えた今年は京都金杯で始動し、メンバー中最速となる上がり3ハロン34秒3(推定)の末脚で2着に好走した。続く阪急杯は直線でフィアーノロマーノの進路を妨害して3着降着(2位入線)となったが、2度目のGⅠ挑戦となった高松宮記念は、好スタートを決めて好位のインを追走。直線はクリノガウディーに寄られるシーンがありながらも3着(4位入線)に入り、“負けてなお強し”を印象づけた。58キログラムを背負った前走の函館スプリントSはスタート、二の脚ともに速く、スッと2番手に取りつくと、直線で鮮やかに抜け出して2馬身差の快勝。札幌競馬場に入厩後も順調な様子で、秋へ向けて弾みをつけるためにも負けられない一戦だ。

ライトオンキュー

牡5歳

調教師:昆貢(栗東)

  • 父:Shamardal
  • 母:グレイトタイミング
  • 母の父:Raven's Pass
ここに注目!

昨年の京阪杯で重賞ウイナーの仲間入りを果たし、前走のオープン特別・UHB賞(札幌・芝1200メートル)で通算6勝目をマーク。今回は中1週のローテーションになるが、滞在競馬ならレース後の疲労も少なく、いい状態で臨めそうだ。

昨年11月の京阪杯は、スタートで後手を踏んだものの、二の脚で挽回して中団馬群を追走。4コーナーでスムーズに外へ出すと、直線で弾けるように突き抜け快勝した。今年は3月のアルクオーツスプリントへの出走を目指してUAEへ移動したものの、開催中止。帰国初戦となった前々走の函館スプリントSは、約7か月ぶりの実戦だった影響もあってか6着に敗れた。前走のオープン特別・UHB賞は、好スタートを決めて好位の5番手を追走。57キログラムのトップハンデを背負いながらも、外を回る正攻法のレース運びから、直線は余裕綽々に抜け出して2馬身差で快勝した。キーンランドCは2年連続で出走になるが、地力強化は著しく、昨年(4着)以上の結果が期待できそうだ。

フィアーノロマーノ

牡6歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:Fastnet Rock
  • 母:Heart Ashley
  • 母の父:Lion Heart
ここに注目!

昨年のダービー卿チャレンジTを1分31秒7の好タイムで優勝。前走の函館スプリントSは初めての1200メートル戦で4着に敗れたが、騎乗した藤岡康太騎手が「距離に慣れればもっとやれますね」と語っており、前走以上のパフォーマンスが期待される。

6歳初戦となった阪急杯は、軽く促して6番手のインを追走。直線でブレーキをかけるシーンはあったが、そこから体勢を立て直すと、ジワジワ差を詰めて繰り上がりの2着に入った。4月の読売マイラーズCは、返し馬の後に右前肢跛行を発症して競走除外。約3か月半ぶりの実戦となった前走の函館スプリントSは、芝1200メートルの速い流れに戸惑ったのか前半は追走に余裕がなかったが、4コーナー7番手から直線はしぶとく脚を伸ばして勝ち馬から0秒4差の4着に入った。この中間は放牧を挟み、札幌競馬場に入厩して順調な乗り込みを消化。今回は斤量が1キログラム減の56キログラムで出走できるうえに、続けてスプリント戦を使うことでペース慣れも見込めるはずだ。

ダイメイフジ

牡6歳

調教師:森田直行(栗東)

  • 父:アグネスデジタル
  • 母:ダイメイダーク
  • 母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!

4走前のオープン特別・名鉄杯(中京・ダート1400メートル)で勝ち星を挙げたが、芝1200メートルから1400メートルで6勝の実績が示す通り、今回の条件はベストだろう。約2か月半間隔が空いているので仕上がり具合は鍵だが、待望の重賞タイトル獲得を狙う。

6歳を迎えた今年はダートに矛先を向け、オープン特別・大和S(京都・ダート1200メートル)が10着。続くオープン特別・名鉄杯はスタート、二の脚ともに速く、先手を主張してマイペースに持ち込むと直線は後続を突き放し、最後までスピードが緩まずに3馬身差で快勝した。その後はダートで2戦して結果を残せなかったが、芝に戻した前走の函館スプリントSでは、ポンと好スタートを決め、ハナを奪って前半600メートル通過タイム33秒4の平均ペース。勝ったダイアトニックの決め手には屈したものの、直線でもしぶとく粘り、10番人気の低評価を覆して2着に好走した。以前よりも先行力に磨きがかかっており、展開の鍵を握る本馬の動向から目が離せない。

エイティーンガール

牝4歳

調教師:飯田祐史(栗東)

  • 父:ヨハネスブルグ
  • 母:センターグランタス
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

今年のシルクロードSでは4コーナー16番手から2着に追い上げており、能力の高さは証明済み。前走のオープン特別・UHB賞(札幌・芝1200メートル、7着)は、馬体重10キログラム増で若干立派に見えただけに、馬体が締まってくることがポイントになりそうだ。

今年初戦のシルクロードSは、良馬場ながら時計のかかるコンディションのなか、レースの前半通過タイム33秒9のハイペース。流れが向いた面はあったが、上がり3ハロン33秒5(推定)の末脚で直線は一完歩ごとに差を詰め、勝ち馬とクビ差の2着に好走した。3か月余りの休み明けとなったオープン特別・鞍馬S(京都・芝1200メートル)では、メンバー中最速となる上がり3ハロン32秒4(推定)の豪脚を繰り出し、勝ち馬にクビ+クビ差まで追い込んで内容の濃い3着。前々走の函館スプリントSと前走のオープン特別・UHB賞は、共に直線で伸びを欠いて7着に敗れたが、力負けではないはず。本来のパフォーマンスを発揮できれば、巻き返しが可能だろう。

アスタールビー

牝4歳

調教師:南井克巳(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:キリエ
  • 母の父:ブライアンズタイム
ここに注目!

函館、札幌の北海道シリーズで全4勝中3勝を挙げているように、洋芝適性は十分。昨年3月のフィリーズレビュー(14着)以来の重賞挑戦となるが、当時より馬体がひと回り成長しており、このメンバーに入っても能力は引けを取らない。

6か月の休養を挟み、今年初戦となった3勝クラス・バーデンバーデンC(福島・芝1200メートル)で4着に入り、続く3勝クラス・UHB杯(函館・芝1200メートル)は、4コーナーで外を回るコースロスがありながらも、直線はしぶとく脚を伸ばして4着に入った。前々走の3勝クラス・TVh杯(函館・芝1200メートル)では、早め先頭から最後はビリーバー(1着)に競り負けたものの、懸命に粘って1/2馬身差の2着。前走の3勝クラス・しらかばS(札幌・芝1200メートル)は、好スタートを決めて2番手を進むと、直線で危なげなく抜け出して4勝目をマークした。昨年も函館で2連勝を飾っているように、夏場に調子を上げるタイプ。今の充実ぶりなら重賞でも遜色のない競馬ができそうだ。

ヤマカツマーメイド

牝3歳

調教師:池添兼雄(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ヤマカツマリリン
  • 母の父:グラスワンダー
ここに注目!

昨年の阪神ジュベナイルフィリーズで5着に健闘し、3走前のフィリーズレビューでは2着に好走。JRA賞最優秀短距離馬に輝いた父ロードカナロアという血統からも、初めての芝1200メートルは問題なさそうだ。51キログラムの斤量も生かして、上位に食い込みたい。

阪神ジュベナイルフィリーズ5着以来約3か月の休み明けとなったフィリーズレビューは、軽く促して好位の5番手を進み、正攻法のレース運びから残り100メートル付近で前をとらえて1度先頭のシーン。最後は勝ち馬の瞬発力に屈したものの、ハイペースだったことも踏まえれば、中身の濃い2着と言えるだろう。続く桜花賞は18着と大敗を喫したものの、重馬場のタフなコンディションが合わなかった印象で、度外視していいだろう。前走の橘S(リステッド。京都・芝1400メートル)は1番人気に応えられず6着だったが、鞍上の池添謙一騎手が「桜花賞の疲れが残っていた感じです」とコメントしており、敗因は明らかだ。約3か月半の休養で立て直した今回は、あらためて注目したい。

ビリーバー

牝5歳

調教師:石毛善彦(美浦)

  • 父:モンテロッソ
  • 母:デイドリーマー
  • 母の父:ネオユニヴァース
ここに注目!

前々走の3勝クラス・TVh杯(函館・芝1200メートル)を勝つと、新潟に転戦した前走のアイビスサマーダッシュでも僅差の3着に入っており、目下の充実ぶりは顕著だ。中間の調教でも活気のある動きを見せているが、夏場4戦目で当日の気配は鍵になるだろう。

3走前の3勝クラス・UHB杯(函館・芝1200メートル)は発馬で後手を踏んで6着だったが、前々走の3勝クラス・TVh杯では、好スタートを決め、スッと控えて中団を追走。4コーナーで大外を回りながら追い上げると、直線で鮮やかに抜け出して4勝目をマークした。前走のアイビスサマーダッシュは、脚をためて後方待機策。初めての直線競馬にもすんなり対応し、ラスト600メートル付近からスパートをかけると、ゴール前は勝ち馬にアタマ+クビ差まで猛追して3着に入った。この中間は再び北海道への長距離輸送を挟むが、状態面は高いレベルで安定している。キャリアを重ねるごとにコツコツと地力をつけている一頭で、重賞タイトルに手が届いても不思議はない。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: