今週の注目レース

安田記念(GⅠ)

東京競馬場 1600メートル(芝)定量 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

アーモンドアイ

牝5歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:フサイチパンドラ
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

ドバイターフが中止になり、仕切り直しとなった前走のヴィクトリアマイルを4馬身差で圧勝。GⅠ7勝をマークしている歴史的な名牝である。昨年の安田記念はスタートで他の馬に寄られるシーンがあって3着に敗れたが、ここはその雪辱を果たす絶好のチャンスだ。

「前走のヴィクトリアマイル(1着)は、ドバイターフが中止になった影響で輸送を挟んでの再仕上げになりましたが、不安のない状態で送り出すことができました。課題のスタートもスムーズでしたし、申し分のない内容だったと思います。その後は馬の体調を見極め、疲れがないことが確認できましたので、安田記念への出走を決めました。昨年の本レースは発馬直後に他の馬に寄られて3着に敗れましたが、前走の内容を見ても東京のマイルは適した条件でしょう」と、陣営は日本が誇るスターホースのケアに懸命だ。今度は牡馬のトップクラスを相手にどんなパフォーマンスを見せるのか、興味は尽きない。

インディチャンプ

牡5歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ウィルパワー
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

昨年は安田記念とマイルチャンピオンシップを制覇し、同年度のJRA賞最優秀短距離馬を受賞した。休養明け初戦となった前々走の中山記念は4着だったが、前走の読売マイラーズCで自身4度目の重賞制覇を達成。本レース連覇に向けて視界は明るい。

「休養明けで臨んだ前々走の中山記念は4着でしたが、前走の読売マイラーズCは強い内容で勝利を収めてくれました。中間にゲート練習を十分に積んだことが功を奏し、上々のスタートを切って流れに乗れましたし、抜け出す際の脚も速かったと思います。その後は安田記念に照準を合わせて順調に乗り込みを消化していますので、好調子をキープしたまま出走できそうです。今年も好メンバーがそろいますが、何とか連覇を達成したいです」と、厩舎スタッフは看板ホースの手入れに汗を流している。抜群の距離適性を誇る一頭。豪華メンバーがそろった今回の一戦を制し、現役トップマイラーの力をあらためて示したい。

アドマイヤマーズ

牡4歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ヴィアメディチ
  • 母の父:Medicean
ここに注目!

昨年12月の香港マイル(G1・香港。芝1600メートル)を勝利し、3つ目のビッグタイトルを獲得。今回は休養明け初戦のレースとなるだけに、最終追い切りの動きが注目されるが、昨年のNHKマイルCを勝っており、舞台適性は高い。いきなりの好走も可能だろう。

「今回は休養明けの一戦になりますが、5月に入ってから乗り込みを開始し、調教の動きもひと追いごとに良くなっていますので、出走態勢は整うと思います。前走の香港マイル(G1・香港)では、この馬の持ち味を生かすレースができて、大きなタイトルを獲得することができました。ここでも期待は膨らみます」と、厩舎サイドは貫禄を増した本馬の仕上げに全力を尽くしている。香港マイルはそれまで3歳馬が1度も優勝を飾ったことがないレース。昨年もビューティージェネレーション(3着)を筆頭に豪華メンバーが集結していただけに、非常に価値のある勝利となった。今回の舞台となる東京・芝1600メートルでもNHKマイルCを制覇しており、適性は十分だ。

グランアレグリア

牝4歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:タピッツフライ
  • 母の父:Tapit
ここに注目!

昨年の桜花賞をレースレコードで優勝した、世代トップクラスの能力を誇る牝馬。前走の高松宮記念は初めての芝1200メートル戦だったが、最後の直線では豪快な末脚を披露して2着(3位入線繰り上がり)に入った。牡馬相手のGⅠでも通用する能力があり、ここも要注目だ。

「前走の高松宮記念(2着)は、初めての芝1200メートルということもあって追走に脚を使う形になりましたが、最後の直線では目を引く伸びを見せてくれました。今後の選択肢を広げる貴重な一戦になったと思います。中間の乗り込みも順調に進んでいますので、不安のない仕上がりで出走できるでしょう。マイルの距離も守備範囲ですから、強敵相手でも楽しみです」と、陣営は前走の内容を高く評価している。3歳の春には桜花賞を快勝。世代トップクラスの能力を誇る牝馬が、今年は初距離のGⅠでも好走を果たし、一回り成長した姿をアピールした。ここで自身2度目のGⅠ制覇を達成しても不思議はない。

ダノンキングリー

牡4歳

調教師:萩原清(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:マイグッドネス
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

1番人気の支持を受けてGⅠ初制覇を狙った前走の大阪杯は3着だったが、勝ったラッキーライラックとはクビ+クビ差で、悲観するような内容ではなかったはずだ。東京の芝コースで4戦3勝をマークしている適性の高さにも注目したい。

「前走の大阪杯(3着)は思ったよりもスタートが速く、前に行く競馬になりました。他の馬たちの目標になる形でしたから、この馬には少し厳しい展開だったのかもしれません。それでも上位2頭とは小差でゴールインしていますし、今後へ向けて収穫は少なくなかったと思います。少し間隔は空きましたが、出走態勢は整ってきています。芝1600メートルは昨年のマイルチャンピオンシップ(5着)以来になりますが、適性は備えていますし、東京・芝コースとの相性もいい馬です。そろそろGⅠタイトルを獲得させたいですね」と、厩舎サイドは着々とパワーアップを果たしている本馬に期待している。重賞2勝を挙げている得意の東京コースなら、注目度は高い。

ダノンプレミアム

牡5歳

調教師:中内田充正(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:インディアナギャル
  • 母の父:Intikhab
ここに注目!

4月11日にオーストラリアで行われたクイーンエリザベスS(G1。芝2000メートル)は3着。ここは帰国初戦のレースだけに仕上がりがポイントだが、すでに重賞5勝を記録しており、能力は一級品だ。2歳時の朝日杯フューチュリティS以来となるGⅠタイトル奪取に挑む。

「オーストラリアへ遠征した前走のクイーンエリザベスS(G1)は3着でしたが、重い斤量(59キログラム)を背負っていましたし、力を要す不良馬場でしたから、そのあたりも影響したかもしれません。帰国後は疲れを解消させてから、調整を開始しました。牧場での乗り込みも順調でしたので、出走態勢は整っています。昨年の安田記念(16着)はスタートで不利があって不完全燃焼の結果でしたが、東京・芝1600メートルなら条件に不足はありません」と、厩舎スタッフは昨年の雪辱を期している様子だ。芝のマイル戦で重賞3勝をマーク。距離適性は申し分ないうえに、東京コースでは昨年の天皇賞(秋)2着の実績を残している。ここも争覇圏内の一頭だろう。

ダノンスマッシュ

牡5歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:スピニングワイルドキャット
  • 母の父:Hard Spun
ここに注目!

前走の京王杯スプリングCを快勝し、ここは勢いに乗っての参戦となる。前走ではそれまでに経験のなかった逃げる形で後続を完封。脚質面で幅を広げる貴重な勝利だった。今回はさらなる距離延長が課題になるが、スピードの生きる馬場コンディションなら侮れない。

「前々走の高松宮記念(10着)はスムーズなレースができませんでしたが、前走の京王杯スプリングCはスタートも上手に出て、リズム良く走れました。それまでの末脚を生かす競馬ではなく、自分でレースを作って勝つことができましたから、収穫は大きかったと思います。今回はさらに距離が200メートル延びますし、相手も強化されますが、ここで好走できれば今後の選択肢も広がるので、期待しています」と、陣営は前走の勝利を受けてトーンが上がってきた。まだ芝1600メートルでの勝利はないが、前走はラストの3ハロンを10秒9、10秒9、11秒3でまとめて鮮やかな逃げ切り勝ち。今ならマイルでの好走も難しくないはずだ。

ペルシアンナイト

牡6歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:オリエントチャーム
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

2017年のマイルチャンピオンシップ優勝のほか、同年の皐月賞2着、2018年の大阪杯とマイルチャンピオンシップで2着など、GⅠで活躍を続けている一頭。しばらく勝利の美酒を味わっていないが、実績面と距離適性の高さを考えれば軽くは扱えないはずだ。

「中山記念(5着)の後、予定していたドバイのレースが中止になって間隔は空きましたが、帰国後は安田記念に照準を合わせて入念に乗り込んでいます。調教ではスムーズなフットワークを見せており、馬体の張りも上々です。今回は実績のあるマイル戦になりますし、東京コースも問題ありません。まだまだ能力の衰えも感じられないので、上位争いに加わってほしいです」と、厩舎スタッフはマイルGⅠホースの仕上げに力を注いでいる。しばらく勝ち星を挙げていないが、3歳時にマイルチャンピオンシップを優勝した実力は侮れない。ベストの距離に戻る今回は、大きな前進も可能だろう。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: