今週の注目レース

鳴尾記念(GⅢ)

阪神競馬場 2000メートル(芝)別定 3歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

古馬中長距離戦線の大舞台に繋がる注目の一戦

2015年の鳴尾記念で自身3度目の重賞制覇を果たしたラブリーデイは、次走の宝塚記念でも1着となり、GⅠウイナーに上り詰めた。また、2019年の鳴尾記念を勝ったメールドグラースは、同年秋にオーストラリア遠征を敢行し、G1・コーフィールドCを制している。今月末に行われる宝塚記念はもちろん、今秋以降のビッグレースを展望するうえでも見逃せない一戦だ。今回はこの時期に移設された2012年以降の鳴尾記念を対象として、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

若い馬ほど好成績

過去8年の年齢別成績を見ると、優勝馬はいずれも6歳以下で、8歳以上の馬は全て4着以下に敗れている。また、7歳以下の馬の3着内率を比較すると、若いほど高くなっている。若い世代を重視すべきレースと言えるだろう。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去8年)
年齢 着度数 勝率 連対率 3着内率
4歳 2-2-4-5 15.4% 30.8% 61.5%
5歳 4-2-1-9 25.0% 37.5% 43.8%
6歳 2-2-2-25 6.5% 12.9% 19.4%
7歳 0-2-1-17 0% 10.0% 15.0%
8歳以上 0-0-0-13 0% 0% 0%

前走で後方からレースを進めていた馬は不振

過去8年の出走馬の中で、前走が国内のレースだった馬について、そのレースの4コーナー通過順別成績を調べると、10番手以下で通過していた馬は3着内率11.1%と、9番手以内だった馬に比べて苦戦している。前走の4コーナーを後方のポジションで通過していた馬は、過信禁物と見ておいた方がよさそうだ。〔表2〕

〔表2〕前走が国内のレースだった馬の、そのレースの4コーナーの通過順別成績(過去8年)
前走の4コーナーの通過順 着度数 勝率 連対率 3着内率
9番手以内 8-6-7-53 10.8% 18.9% 28.4%
10番手以下 0-1-1-16 0% 5.6% 11.1%

年明け以降の戦績が重要

2012年以降の鳴尾記念における3着以内馬24頭中16頭は、同年のJRAのレースにおいて連対経験のある馬だった。該当馬は3着内率も47.1%と優秀な水準に達している。年明け以降のレースで連対を果たしていた馬は、上位に食い込む可能性が高いと見ておきたい。〔表3〕

〔表3〕同年のJRAのレースでの連対経験の有無別成績(過去8年)
連対経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 7-4-5-18 20.6% 32.4% 47.1%
なし 1-4-3-51 1.7% 8.5% 13.6%

なお、同年のJRAのレースにおいて連対経験がなかった馬のうち、6歳以上だった馬は3着内率8.5%さらに低い数値になっている。年明け以降のレースで連対を果たしていない6歳以上の馬は、より評価を下げるべきだろう。〔表4〕

〔表4〕同年のJRAのレースにおいて連対経験がなかった馬の年齢別成績(過去8年)
年齢 着度数 勝率 連対率 3着内率
5歳以下 1-2-1-8 8.3% 25.0% 33.3%
6歳以上 0-2-2-43 0% 4.3% 8.5%

近年は大敗直後の馬が信頼できない

2015年以降の鳴尾記念における3着以内馬15頭中13頭は、前走の着順が1着、もしくは2着以下かつ1着馬とのタイム差が1秒0以内だった。一方、1着馬とのタイム差が1秒1以上の敗戦だった馬は3着内率9.5%と苦戦している。近年の傾向を重視するならば、直近のレースでの着順とタイム差にも注目しておきたい。なお、前走の着順が2着以下、かつ1着馬とのタイム差が1秒1以上だったにもかかわらず3着以内に入った2頭(2016年2着のステファノス、2019年3着のステイフーリッシュ)は、いずれも前走が“2000メートルのGⅠ(海外を含む)”だった。〔表5〕

(伊吹 雅也)

〔表5〕前走の着順と、1着馬とのタイム差別成績(過去5年)
前走の着順と、1着馬とのタイム差 着度数 勝率 連対率 3着内率
1着、もしくは2着以下で1着馬とのタイム差が1秒0秒以内 5-4-4-21 14.7% 26.5% 38.2%
2着以下で1着馬とのタイム差が1秒1以上 0-1-1-19 0% 4.8% 9.5%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: