今週の注目レース

ダービーデー馬連 目黒記念(GⅡ)

東京競馬場 2500メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ウラヌスチャーム

牝5歳

調教師:斎藤誠(美浦)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:アメジストリング
  • 母の父:フジキセキ
ここに注目!

4歳になった昨年にオープンクラス入りを果たすと、同年の中山牝馬Sで2着に好走。今年は前走のメトロポリタンS(リステッド。東京・芝2400メートル)で約1年4か月ぶりの勝利を挙げ、勢いに乗っている。前走と同じ東京コースなら、連勝の可能性も十分にあるだろう。

「馬場状態(不良)が向かなかった前々走の中山牝馬Sは8着でしたが、良馬場で行われた前走のメトロポリタンS(リステッド。1着)では好結果を出すことができました。もともと距離が延びていいステイヤーだと思っていましたし、横山典弘騎手の好判断も大きかったと思います。差す形ではなく、逃げる形で勝利を収めることができましたから、今後に向けてレースの幅も広がったはずです。今回は相手も強化されますが、引き続き好調をキープしたまま臨めそうなので、楽しみです」と、厩舎サイドは前走勝利で勢いに乗った本馬に期待している。良馬場が条件にはなるが、相性のいい東京コースなら重賞初制覇のシーンが見られそうだ。

タイセイトレイル

牡5歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:マザーウェル
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

今回と同じ舞台で行われた昨年のアルゼンチン共和国杯では、最後の直線で息の長い末脚を繰り出して2着に好走した。前走のメトロポリタンS(リステッド。東京・芝2400メートル)は3着も、終始外を回る厳しい展開が最後にこたえた印象。舞台適性の高さは強調材料になる。

「前走のメトロポリタンS(リステッド。3着)は出脚がひと息で、理想の位置を取れませんでした。また、流れが遅かったため途中から動く形になりましたが、終始外を回る競馬となり、その差がゴール前で出た印象です。それでも勝ち馬とは0秒1差で、内容は悪くありませんでしたから、悲観はしていません。馬自身は成長を続けているので、ここは前進を期待しています」と、陣営は本馬の充実ぶりに手応えを感じ取っている。まだ重賞のタイトルは獲得していないが、芝2400メートルを超える距離のレースで安定感が光る一頭。特に、昨年のアルゼンチン共和国杯では最後の直線で力強い末脚を披露して2着に好走しているだけに、舞台が同じここでも目が離せない。

ステイフーリッシュ

牡5歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:カウアイレーン
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

3歳時に京都新聞杯を優勝した後は勝ち星から遠ざかっているが、昨年は中山金杯、京都記念、福島記念で2着。今年もアメリカジョッキークラブCで2着と、重賞で再三好勝負を演じてきた。ここでも強豪を相手に善戦してきた実力は見逃せない。

「前走の大阪杯はひと息の結果(9着)になりましたが、この中間も馬の雰囲気が良く、調子下降の不安はありません。疲れを取った後は目黒記念を目標に乗り込みを継続しています。コースを問わずに走ってくれる馬なので、ここでも上位争いに加わることが可能だと思います」と、厩舎スタッフは意気込みを語った。先行粘り込みが好走パターンで、前走の大阪杯は少し後ろのポジションになったことが響いた印象。それだけに、500メートルの距離延長で先手を取りやすくなるのは好材料と言えるだろう。東京コースの経験はそれほど多くないが、粘り強さを生かす形の競馬ができれば、3歳春以来2度目の重賞制覇が見られるかもしれない。

ニシノデイジー

牡4歳

調教師:高木登(美浦)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:ニシノヒナギク
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

2018年の札幌2歳S、東京スポーツ杯2歳Sの覇者。昨年は勝ち星を挙げることができなかったが、日本ダービーでは直線で力強い末脚を披露して5着に追い上げた。相性のいい東京コースで、久々の重賞制覇を飾りたいところだ。

「前走の金鯱賞(6着)は最後の直線でひと伸びを欠きました。勝ったサートゥルナーリアとは0秒7差でしたから、それほど悪い内容ではなかったと思います。その後はコースとの相性を考慮して、左回りの東京開催まで待機しました。4月下旬から調教をスタートさせていますので、出走態勢は整うでしょう。日本ダービーのレース内容からも距離延長はプラスになるはずです。ここは前進を期待しています」と、陣営は本馬の仕上げに懸命だ。2歳秋の東京スポーツ杯2歳Sを最後に勝ち星を挙げていないが、確かな実力を秘める一頭。好成績を残している東京コースなら、好走の期待も高まる。

オセアグレイト

牡4歳

調教師:菊川正達(美浦)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ブルーダヌーブ
  • 母の父:Bahri
ここに注目!

1番人気の支持を集めた前走のメトロポリタンS(リステッド。東京・芝2400メートル)は5着に敗れたが、東京・芝コースでは6戦して2勝、2着1回、3着2回をマークしている。地力アップは明らかなだけに、ここは巻き返しが期待される。

「前走のメトロポリタンS(リステッド。5着)は、目標である目黒記念に向けて収得賞金を加算したい一戦でしたが、スローペースになって少し不完全燃焼の競馬になりました。また、道中で窮屈なポジションに入ったこともこたえた印象ですが、直線で外に進路を取ってからは末脚を伸ばしていました。レース後は疲れもなく状態面は安定しています。ここはあらためて期待しています」と、厩舎スタッフは厩舎の看板ホースに成長した本馬に信頼を寄せる。重賞でも通用する力が備わったことは、前々走のダイヤモンドS(3着)で証明済み。相性のいい東京コースで初の重賞タイトル獲得を狙う。

アフリカンゴールド

せん5歳

調教師:西園正都(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ブリクセン
  • 母の父:Gone West
ここに注目!

昨秋の3勝クラス・六社S(東京・芝2400メートル)を快勝し、続くアルゼンチン共和国杯(3着)では1番人気に支持された素質馬。その2戦を見ても、東京・芝コースの2400メートルから2500メートルがぴったりの印象がある。舞台適性の高さを生かして重賞初制覇を狙う。

「前走のメトロポリタンS(リステッド。東京・芝2400メートル、10着)は休養明けでも上々の仕上がりで出走できたので、もう少し走れると思いましたが、案外の結果でした。ただ、状態面に不安はありませんし、本来は東京・芝コースが合っている馬です。休み明け2戦目の今回は変わり身を期待しています」と、厩舎スタッフは巻き返しに向けて意欲的な姿勢を示している。前走の敗因がはっきりとつかめないところだが、昨秋のアルゼンチン共和国杯(3着)などの東京コースでの走りを振り返れば、評価を下げるのは早計だろう。実戦を1度使った上積みが見込める今回、一変があっても不思議はない。

バラックパリンカ

牡4歳

調教師:平田修(栗東)

  • 父:ノヴェリスト
  • 母:アプリコットフィズ
  • 母の父:ジャングルポケット
ここに注目!

前走の3勝クラス・御堂筋S(阪神・芝2400メートル)を逃げ切って優勝。それまでは末脚を生かす形で好成績を収めてきただけに、自ら主導権を奪った前走の内容は価値が高い。もともと左回りのほうがスムーズなタイプだけに、昇級初戦での重賞制覇を目指す。

「もともと期待の大きかった馬ですが、ここにきて心身ともに充実してきました。前走の3勝クラス・御堂筋Sは先手を奪う形で勝利を収めることができたので、収穫の大きなレースだったと思います。今回は昨年の青葉賞以来の重賞挑戦になりますが、相手なりに走れるタイプですから、それほど見劣りすることはないでしょう。引き続き好調をキープしたまま出走できそうですし、左回りコースのほうがよりスムーズなので、ここは楽しみです」と、スタッフは本馬の上昇ぶりをアピールする。芝2400メートルで3勝を挙げており、長丁場が合うタイプ。まだ4歳と成長の余地を残している点も魅力の一つで、侮れない存在だ。

キングオブコージ

牡4歳

調教師:安田翔伍(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ファイノメナ
  • 母の父:Galileo
ここに注目!

前走の3勝クラス・湾岸S(中山・芝2200メートル)を快勝して目下3連勝中。上昇一途でオープンクラス入りを果たし、重賞に駒を進めてきた。今回は相手が強化されるが、まだ能力の底を見せていない点は魅力。距離を延ばしてから頭角を現してきており、この舞台も歓迎のはずだ。

「操縦性に優れたタイプですし、母系からもスタミナが豊富な馬です。前走の3勝クラス・湾岸S(1着)は直線で余裕を持って抜け出すことができましたから、地力強化は間違いないでしょう。今回は重賞への挑戦になりますが、確かな成長を見せているので、どれだけ通用するのか不安よりも楽しみのほうが大きいです」と、厩舎サイドは本馬の飛躍に期待を寄せる。今年、一気の3連勝でオープンクラス入りした勢いだけでなく、距離が延びるにつれて成績がアップしたことも見逃せない。難なく好位を奪えるレースセンスの良さと豊富なスタミナを生かすことができれば、4連勝での重賞初制覇も夢ではないだろう。

(片野 昌一)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: