今週の注目レース

新潟大賞典(GⅢ)

新潟競馬場 2000メートル(芝・外)ハンデ 4歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

レッドガラン

牡5歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ダンスオンザルーフ
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

ここ3戦(1着、3着、1着)の内容を見ても分かるように、“前に行って良し、差して良し”の自在な脚質は大きな武器だ。どちらかといえば速い時計での決着に良績があるので、開幕週の新潟へのコース替わりも悪くない。大崩れは考えづらいだろう。

曽祖母は名繁殖牝馬のダンシングキイ。近親には菊花賞馬のダンスインザダークやオークス馬のダンスパートナーといった中長距離タイプがおり、その母系の影響か、ロードカナロア産駒の本馬も中距離タイプに出ている。オープンクラス初挑戦となった前々走の白富士S(リステッド。東京・芝2000メートル)は勝ち馬から0秒1差の3着だったが、後方からグイグイ伸びて、クラスにメドを立てる内容。前走の大阪城S(リステッド。阪神・芝1800メートル)では一転して好位で運び、力強く押し切り優勝した。新潟では3歳秋に1度走って4着に敗れているが、当時は休み明けに加えて、重馬場もこたえたイメージ。大柄かつ大跳びで広いコースが合うだけに、新潟替わりも決して割り引き材料にはならないだろう。

ギベオン

牡5歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:コンテスティッド
  • 母の父:Ghostzapper
ここに注目!

昨年以降の7戦を振り返ると、メンバー中3位以内の推定上がり3ハロンタイムをマークしたことは、鳴尾記念(4着)の1度しかない。したがって、決め手比べでではなく、ある程度の位置から早めに仕掛ける形を取りたい。

3歳時に毎日杯で2着、続くNHKマイルCでも2着に食い込んだ実力馬。3歳12月には中日新聞杯で重賞初制覇を果たした。それを思えば、4歳以降の不振はもどかしい。ただ、ここ6戦はいずれも勝ち馬から0秒6差以内で入線しているので、決して大きく離されてはいない。とりわけ前走の金鯱賞は復調をうかがわせる内容だった。道中はスローペースの4番手。直線でさばき遅れたぶん最後は脚を余しての4着だったが、勝ったサートゥルナーリアは別格としても、2着のサトノソルタスから0秒1差、3着のダイワキャグニーからはハナ差。スムーズなら2着まであったかもと思わせる伸びだった。今回は待望の重賞2勝目に手が届いていいはずだ。

インビジブルレイズ

牡6歳

調教師:吉村圭司(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:クレバースプリント
  • 母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!

前走は直線で外にモタれる面を見せながら勝ったが、騎乗したO.マーフィー騎手が「この馬の特性ですね」とコメントしたように、大きな問題ではない。今回は約3か月半ぶりの実戦だが、前々走も約2か月半ぶりでの勝利だった。休み明けは気にならないタイプだろう。

3歳1月のデビューからトントン拍子の出世とはいかなかったが、徐々に力をつけてきた。4歳秋に1000万下(東京・芝1600メートル)を制した後は少し壁に当たっていたが、そこで終わらないのが成長力のあるハーツクライ産駒。5歳秋を迎えると3勝クラスで2着、5着と突破のメドを立て、年末の3勝クラス・サンタクロースS(阪神・芝2000メートル)で1年2か月ぶりとなる待望の5勝目をゲット。さらに、前走の白富士S(リステッド。東京・芝2000メートル)も鮮やかに差し切り、本格化を印象づけた。ここは重賞初挑戦となるが、勢いならメンバー中上位。左回りの東京競馬場で2戦2勝の成績を残しており、初の新潟競馬場も十分にこなせるだろう。

エアウィンザー

牡6歳

調教師:角居勝彦(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:エアメサイア
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

今回は右前脚球節の剥離骨折のため、約7か月ぶりの実戦となる。これは過去最長の休養期間。キャリア17戦で掲示板(5着以内)を外したのは2回と安定感は抜群だが、休み明けに多少の不安が残る。

4歳時に破竹の4連勝で重賞初制覇。5歳初戦の金鯱賞では3着に敗れたとはいえ、ダノンプレミアム(1着)やリスグラシュー(2着)、アルアイン(5着)などのGⅠ馬を差し置いて1番人気の支持を集めた。続くGⅠ初挑戦となった大阪杯は5着だったが、勝ったアルアインから0秒2差。少なくとも、この時点で現役トップクラスの中距離ランナーであったことは間違いない。秋の始動戦となった京都大賞典(12着)は勝負どころの手応えがなく、直線でも伸びを欠いたが、レース後に右前脚球節の剥離骨折が判明したので参考外だろう。ここは故障が癒えての復帰戦。約7か月の休み明けはマイナス材料かもしれないが、カバーできるだけの地力は備えているはずだ。

ダイワキャグニー

牡6歳

調教師:菊沢隆徳(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:トリプレックス
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

ここ1年で3着以内が3回あるが、そのレースの上がり3ハロンタイムは順に33秒7、33秒8、33秒8だった。前に行くタイプだけあって、持久力勝負よりは上がりの速い競馬が理想。ここも序盤のペースがポイントになる。

まだ重賞タイトルには手が届いていないが、オープン特別とリステッドを合わせて5勝している。激しい気性もあってか成績は安定しないものの、メンバー中上位の実力の持ち主なのは確かだろう。3走前のジャパンカップでは強豪相手に見せ場たっぷりの0秒7差6着。前走の金鯱賞もうまくスローペースに持ち込めたとはいえ、勝ったサートゥルナーリアから0秒4差の3着だから、いつ重賞を勝っても不思議はない。左回りコースでの出走にこだわっている馬だが、意外にも新潟競馬場への参戦は今回が2度目。前回は昨年の新潟記念で16着と大敗しているが、気の悪さが出たもので、参考外と言っていいだろう。重賞チャレンジは12回目。今度こそのタイトル奪取を狙う。

ブラヴァス

牡4歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ヴィルシーナ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

母は重賞初挑戦の2012年クイーンCを制覇。叔父のシュヴァルグランも初の重賞だった2014年京都2歳Sで3着に入ったように、勢いに乗ればクラスの壁を苦にしない血統だ。本馬も連勝で重賞初挑戦を迎えるが、楽しみほうが大きい。

父はキングカメハメハ、母はヴィクトリアマイル連覇のヴィルシーナ。本馬はその偉大な母の初仔となる。2歳時はデビュー2戦目の未勝利(京都・芝2000メートル)で初勝利を挙げ、3歳夏の1勝クラス(札幌・芝2000メートル)で2勝目をマーク。ここまではゆったりとした成長過程だったが、3歳秋から軌道に乗る。昇級3戦目の2勝クラス・再度山特別(阪神・芝1800メートル)を勝つと、続く4歳初戦となった3勝クラス・但馬S(阪神・芝2000メートル)で2連勝を決めて、待望のオープンクラス入りを果たした。ここは重賞初参戦となるが、目下の充実ぶりから見て、十分に通用していいはず。競り合いに強いタイプだけに、馬体を並べての追い比べになればチャンスもふくらむだろう。

ブラックスピネル

せん7歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:タニノギムレット
  • 母:モルガナイト
  • 母の父:アグネスデジタル
ここに注目!

昨年1月の白富士S(リステッド。東京・芝2000メートル、1着)は、前走12着からの一変。同年6月の鳴尾記念(2着)も5着からの巻き返しだった。成績が安定しないタイプだけに、前走の大敗(16着)もそれほど気にする必要はないはずだ。

昨年9月以降、3走前の新潟記念が勝ち馬から0秒4差の4着、前々走のチャレンジCが同0秒3差の6着と、まずまずの競馬を見せた。前走の中山金杯は16着と大敗したが、中山のコース形態が合わなかったようなので、参考外でいいだろう。4歳時の東京新聞杯を制して以降、6歳時の白富士S(1着)、鳴尾記念(2着)まで、連対した3戦はいずれも逃げの手に出ていた。ここも同型との兼ね合いが鍵となりそうだ。ポイントは前走後に去勢手術を受けたこと。調整過程を見ると、4月8日に帰厩後はしっかりと乗り込まれ、同月23日には栗東坂路で4ハロン52秒3、ラスト1ハロン13秒0と上々の時計をマーク。力を出せる態勢は整っていると判断できるだろう。持ち味の粘りを発揮し、ベテラン健在を示したい。

(岡崎 淳)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: