今週の注目レース

読売マイラーズカップ(GⅡ)

京都競馬場 1600メートル(芝・外)別定 4歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

インディチャンプ

牡5歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ウィルパワー
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

昨年の安田記念、マイルチャンピオンシップの両GⅠ勝利は、共に休み明け2戦目で挙げたものだった。約3か月ぶりだった前走の中山記念は4着に敗れたが、2戦目の今回できっちりと決めたい。

昨年は東京新聞杯で重賞初制覇を果たし、安田記念で初となるGⅠタイトルを獲得。秋にはマイルチャンピオンシップでGⅠ2勝目をゲットした。続く香港マイル(G1・香港。芝1600メートル)は出遅れがこたえたのか7着に敗れたが、同年はJRA賞最優秀短距離馬を受賞する飛躍の年となった。今年の始動戦だった前走の中山記念は、中団で力みがちな追走となり、直線の坂で脚が鈍って4着。とはいえ、もともと休み明けが得意なタイプではなく、コーナー通過が4回の競馬も初めてだったので、悲観する内容ではないだろう。今回は予定されていた香港遠征から切り替えての参戦となるが、早々に目標を変更していたので大きな影響はなさそう。きっちり勝って安田記念に向かいたい。

フィアーノロマーノ

牡6歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:Fastnet Rock
  • 母:Heart Ashley
  • 母の父:Lion Heart
ここに注目!

阪神(2勝、2着2回)と中山(2勝)ではパーフェクト連対を果たしている一方で、京都では新馬勝ちこそあるものの、その後は3戦して8着、4着、13着だから少し物足りない。直線が平坦なコースで、上がり勝負になった時に対応できるかどうかがポイントだろう。

昨年のダービー卿チャレンジTで重賞初制覇を果たし、マイル路線に新星誕生を印象づけた。その後は安田記念が14着、5か月半の休み明けで挑んだマイルチャンピオンシップが13着とGⅠでは結果を残せなかったものの、年末の阪神Cでグランアレグリアの2着に入り、復調をアピールした。2か月余りの休み明けとなった阪急杯では、残り300メートル付近で他の馬に寄られるシーンがありながら、そこから立て直して2着(3位入線繰り上がり)。まさに“負けてなお強し”の内容だった。今回は近2戦から距離が200メートル延びるが、ダービー卿チャレンジTを制しているように、1600メートルも何ら問題はない。オーストラリア産で8月生まれということもあって、6歳の今が充実期。好勝負は間違いない。

レッドヴェイロン

牡5歳

調教師:石坂正(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:エリモピクシー
  • 母の父:ダンシングブレーヴ
ここに注目!

母エリモピクシーの産駒は東京巧者のイメージを持たれがちだが、実は京都コースで48戦10勝と、東京コース(9勝)以上の勝ち星を挙げている。本馬は京都コースでの勝ち鞍こそないが、1600万下クラス(現3勝クラス)でクビ差2着の実績があり、舞台替わりへの不安はなさそうだ。

母エリモピクシーの産駒はこれまで、リディル、クラレント、レッドアリオン、サトノルパンの4頭が重賞を制している。本馬は3歳春にアーリントンC、NHKマイルCと連続で3着。その後、長期休養があったために出世が遅れたが、久々のオープンクラス戦となった前々走のキャピタルS(リステッド。東京・芝1600メートル)では直線しぶとく伸びて2着に入り、重賞級のポテンシャルをあらためて示した。前走の東京新聞杯は1番人気で9着だったが、騎乗したC.ルメール騎手が「返し馬でつまずいたように、硬い馬場が合いませんでした」と振り返っており、参考外でいいだろう。京都競馬場では勝ち鞍がないが、直線の長い外回りコースは悪い条件ではないはず。5兄弟重賞制覇の偉業達成が期待される。

ヴァンドギャルド

牡4歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:スキア
  • 母の父:Motivator
ここに注目!

ディープインパクト産駒だが、母の父はサドラーズウェルズ系のモティヴェイターなので、パワーも兼備している。過去4勝のうち、稍重馬場が1回、重馬場が2回。むしろ、極端に上がりが速い展開になると少し不安がある。

2歳9月のデビュー戦を勝利した後は、5戦連続で重賞にチャレンジ。東京スポーツ杯2歳Sと毎日杯で3着に食い込んだものの、勝ち切れないレースが続いた。夏を休養に充て、昨年9月に復帰すると快進撃がスタート。秋初戦の1勝クラス(阪神・芝1600メートル)を楽勝すると、2勝クラス・三年坂特別(京都・芝1600メートル)、3勝クラス・ウェルカムS(東京・芝1800メートル)と3連勝して、一気にオープンクラス入りを決めた。前走の東京新聞杯は発馬で後手を踏んだうえに、直線でもエンジンの掛かりが遅かったが、残り100メートル付近で外に出されると上々の伸びを見せて6着。スムーズならもう少し上の着順が狙えた印象だった。伸び盛りのディープインパクト産駒が、強豪撃破での重賞初制覇を目指す。

ヴァルディゼール

牡4歳

調教師:渡辺薫彦(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ファーゴ
  • 母の父:ハーツクライ
ここに注目!

昨年のNHKマイルC以来の重賞チャレンジ。当時は6着とはいえ、勝ったアドマイヤマーズからは0秒4差。5着(4位降着)のグランアレグリアからは0秒1差だった。このメンバーでも通用する下地はあると言えそうだ。

デビュー2連勝でシンザン記念を勝つと、その後はクラシックではなく、マイル路線へ。アーリントンCは勝ち馬から0秒2差の8着に敗れたものの、続くNHKマイルCでは同0秒4差の6着に入って能力の高さを示した。秋の始動戦だったカシオペアS(リステッド。京都・芝1800メートル)は体調が整わなかったこともあってか13着に敗れたが、立て直して迎えた前走の洛陽S(リステッド。京都・芝1600メートル)を快勝し、完全復調をアピールした。ここは相手強化となるが、全3勝を挙げる得意の京都・芝コースで2つ目の重賞タイトルを狙う。ちなみに父ロードカナロアはハーツクライ産駒の牝馬との相性が良く、JRAでデビューした12頭中8頭が勝利。本馬に加えてケイデンスコール、トロワゼトワルが重賞を勝っている。

ブラックムーン

牡8歳

調教師:西浦勝一(栗東)

  • 父:アドマイヤムーン
  • 母:ロイヤルアタック
  • 母の父:ジェネラス
ここに注目!

2年前の京都金杯の覇者だが、その後の9戦では3走前の洛陽S(リステッド。京都・芝1600メートル)の4着が最高。ただ、近3戦いずれもメンバー中2位以内の推定上がり3ハロンタイムをマークしていることは見逃せない。8歳馬に復調気配ありだ。

2016年のキャピタルS(東京・芝1600メートル)、2017年の米子S(阪神・芝1600メートル)とオープン特別を2勝。2018年1月には京都金杯を鮮やかに差し切って、重賞ウイナーの称号を獲得した。その後は9戦連続で4着以下だが、長期休養から復帰した今年1月以降の4戦はいずれも勝ち馬から0秒7秒差以内。とりわけここ3戦はメンバー中2位以内の推定上がり3ハロンタイムをマークしており、復調の兆しを見せている。仮に開幕週で速い時計での決着になったとしても、前述の米子Sでは1分31秒9のコースレコードをマークしているので、対応は可能。展開一つで出番があっていいはずだ。8歳を迎えた古豪の完全復活があるかもしれない。

ロードクエスト

牡7歳

調教師:小島茂之(美浦)

  • 父:マツリダゴッホ
  • 母:マツリダワルツ
  • 母の父:チーフベアハート
ここに注目!

前走のコーラルS(リステッド。阪神・ダート1400メートル)は勝ち馬から3秒5差の16着だったが、初めてのダートが合わなかったためで参考外だろう。京都では、距離こそ200メートル違うが一昨年にスワンSを制した実績がある。前が止まる厳しい展開になれば、出番があっていい。

2歳時に新潟2歳S、3歳時に京成杯オータムH、5歳時にはスワンSを制するなど、芝短距離界を駆け抜けてきた実力馬。GⅠでも3歳時のNHKマイルCで勝ち馬メジャーエンブレムから0秒1差の2着に入った実績がある。現在は12戦連続で4着以下と結果を出せていないが、4走前の関屋記念でメンバー中最速となる推定上がり3ハロンタイムをマークして勝ち馬から0秒3差の6着に食い込むなど、自慢の末脚は衰えていない。前走のコーラルS(リステッド)は3秒5差の最下位16着と大敗を喫したが、初ダートだったので全くの参考外。現状、重賞で上位争いするには展開の助けが欲しい印象だが、7歳でも大きな衰えがないことを示したい。

(岡崎 淳)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: