今週の注目レース

小倉大賞典(GⅢ)

小倉競馬場 1800メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ヴェロックス

牡4歳

調教師:中内田充正(栗東)

  • 父:ジャスタウェイ
  • 母:セルキス
  • 母の父:Monsun
ここに注目!

昨年の3歳シーズンは、皐月賞、日本ダービー、菊花賞とクラシック三冠を戦い切った。着順も2、3、3着と常に上位争いを続けており、重賞勝ちこそないが、GⅠを勝てるだけの能力があることは確かだ。まずは重賞タイトルを手にして、頂点を目指す。

前走の有馬記念は、他世代との初対戦の一戦だったが、8着に敗れる苦い結果となった。道中は注目馬アーモンドアイ(9着)の内を追走し、3コーナーからスパートするも、直線では伸び脚を見せられず。キャリアで初めて掲示板(5着以内)を外すことになった。ただ、秋3戦目で疲れが残っていたのかもしれないし、レース自体もタフな流れだったことを考えれば、力を出し切ったとは言えないだろう。2か月の間隔を取ってリフレッシュして迎える今年初戦だけに、今度こそこの馬らしい競馬が見せられそうだ。小倉競馬場は、一昨年のメイクデビュー小倉(芝1800メートル)で8馬身差の圧勝を演じた舞台。初勝利を挙げた思い出のコースで、再始動を白星で飾りたい。

ジナンボー

牡5歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:アパパネ
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

母は牝馬三冠を達成するなど、GⅠ5勝を挙げた名牝。父は言わずもがな、GⅠ7勝の名馬。本馬は、両親合わせてGⅠ12勝という良血馬だ。昨年にようやくオープンクラス入りを果たし、今年はここから飛躍の年としたい。

前走のジャパンカップで、初めてGⅠの大舞台に挑んだ。大外枠(8枠15番)スタートから中団でリズムに乗ったが、終始外々を回る展開。4コーナーから追い出しを開始して直線にかけたが、一瞬伸び脚を見せたものの最後は失速して13着でゴールした。1から3着馬は5番より内の枠で、道中で内ラチ沿いをロスなく立ち回った馬が占めており、レースの流れも合わなかった。前々走の新潟記念では、道中4番手の競馬で2着に好走。1、3着馬が、後方から脚をため、推定上がり3ハロン最速をマークした2頭だったことを思えば、価値のある連対だろう。前々走の競馬ができれば、今回の相手でも胸を張れるはずだ。

テリトーリアル

牡6歳

調教師:西浦勝一(栗東)

  • 父:Teofilo
  • 母:コンサヴァトワー
  • 母の父:Street Cry
ここに注目!

着実に力をつけて、5歳を迎えた昨年にオープンクラス入りを果たし、リステッドでも勝利を挙げた。毎回のように安定して力を発揮できる点は大きな強み。器用さも兼ね備えており、小回りで直線が短い小倉コースも合っているはずだ。

前走の中山金杯は、2度目の重賞挑戦で3着に好走し、成長を感じさせた。道中は、1枠1番を生かして内ラチ沿いをロスなく追走。直線では馬群の間を割るように力強い伸び脚を見せ、上位2頭には届かなかったものの3着を確保した。父テオフィロは現役時代にイギリスとアイルランドのG1を2勝しており、力の要るタフな馬場への適性は高いとみてよさそうだ。今回は初めての小倉での競馬となるが、開催後半に加えて先週は降雨もあったため、時計のかかる馬場コンディションでレースが行われる可能性は高そうだ。他の馬が馬場を気にするようなら、稍重馬場で〔2・0・1・1〕と結果も残している本馬にとってはプラス材料となるだろう。

カデナ

牡6歳

調教師:中竹和也(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:フレンチリヴィエラ
  • 母の父:French Deputy
ここに注目!

昨年は、不調から抜け出す転換点と言える1年となった。勝ち星からは3歳時の弥生賞以来3年近く遠ざかっているが、重賞で複数好走。末脚が安定してきた点が一番大きく、馬群をさばく器用さも出てきた今回も、上位争いに加わってくるだろう。

前走の中山金杯は、スタート直後から大きく離れた最後方の追走。3コーナーからスパートを開始し、直線で馬群を縫うように末脚を伸ばしたが、11着まで追い上げるのが精いっぱいだった。上位勢は先行策からうまく立ち回った馬が占めたように、流れも合わなかった。ただ、着順こそ大きく下げたとはいえ、メンバー中最速の上がり3ハロン34秒8(以下推定)をマーク。自身の能力はしっかりと見せており、展開次第で巻き返しが可能だろう。昨夏の小倉記念でも、メンバー中最速の上がり3ハロン34秒7をマークして勝ち馬メールドグラースにクビ差の2着まで追い上げており、舞台適性も高い。

タニノフランケル

牡5歳

調教師:角居勝彦(栗東)

  • 父:Frankel
  • 母:Vodka
  • 母の父:Tanino Gimlet
ここに注目!

1番人気に支持された昨年の小倉大賞典では、2着に敗れたとはいえ、勝ち馬スティッフェリオとクビ差の接戦を演じた。今回も前々で運ぶ自身の競馬を貫き、重賞で連対を果たした好相性の小倉コースで、近走の不振から脱したいところだ。

前走の中山金杯は、いつもよりも位置取りが後ろとなる4番手を進んだが、3コーナー辺りから鞍上の手が激しく動き、直線は息切れするような形で15着。騎乗した石橋脩騎手がレース後に「内枠でハナに行けば違ったかもしれません」と話していたように、外めの枠(6枠12番)ですんなりと先手を取れなかったことは敗因の一つだろう。メンタル面が大事なタイプで、気分良く道中を運ぶことができれば、着順も大きく変わるはずだ。G1を10勝した父フランケルとGⅠ7勝の母ウオッカという、重賞タイトルにまだ手が届いていないことが不思議なぐらいの良血馬。秘めている素質は間違いないだけに、内枠を引いてマイペースの競馬ができれば、変わり身がありそうだ。

アロハリリー

牝5歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ハワイアンウインド
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

小倉・芝1800メートルでは2戦して1勝、2着1回と好走歴があり、条件としてはベストに近い。小倉コース自体が、昨夏に連勝をしているように好相性の舞台。気難しさのあるタイプで、小倉競馬場に滞在して競馬に臨めることが好結果につながっているのだろう。

前走の愛知杯は、小雨が降る重馬場でレースが行われた。道中は3、4番手を追走。勝負どころの3コーナーから手応えよく上がっていき、直線入り口では先頭に並びかけるかに思われたが、最後は失速し11着。ただ、重馬場で前半1000メートル通過タイムが1分00秒1と、先行勢に厳しい流れだったことに加え、キャリア13戦目で初めての重馬場だったことから、タフな馬場コンディションが合わなかった可能性も高い。今回も開催最終週で、同じく力の要る馬場が予想されるだけに、克服できるかが鍵。ただ、こなせるようなら、昨夏のオープン特別・小倉日経オープン(小倉・芝1800メートル)で牡馬を相手に白星を挙げているとおり、能力は十分に通用するだろう。

エメラルファイト

牡4歳

調教師:相沢郁(美浦)

  • 父:クロフネ
  • 母:セトウチソーラー
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

昨年のスプリングSで唯一の重賞制覇を成し遂げたように、芝1800メートルは最も力を発揮できる距離と言えるだろう。近走は芝1600メートル戦を中心にレースを使われており、この距離は前述のスプリングS以来の出走。変わり身が期待できる条件がそろった。

前走の京都金杯は、最内1枠1番を生かして内ラチ沿いをロスなく追走。3、4番手から直線では早めに先頭を捕らえに行ったものの、最後に力尽き6着でゴールした。ただ、12番人気の低評価だったことを考えれば健闘したと言えるだろう。前々走のマイルチャンピオンシップは、GⅠの強敵を相手に、大外枠からのスタートでは分が悪かったのか、道中でいつもより後方からの競馬になって17着と大敗。3走前の富士Sは差し馬が上位を占める流れのなかで先行策から7着と、この2戦に関しては敗因がはっきりしており、展開がかみ合いさえすれば、一気に着順を上げてくる可能性もありそうだ。今回は初めての小倉コースだが、全3勝を違う競馬場で挙げており、対応力は高い。

ナイトオブナイツ

牡7歳

調教師:池添兼雄(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:シャイニングアレキ
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

明けて7歳となったが、昨年も1年間で8戦に出走するなど、安定してレースを使えている点は大きな持ち味。全6勝中5勝を芝1800メートルで挙げているように、この距離では自身の武器である末脚が生きる。ベテラン健在を見せつけたいところだ。

昨年の小倉大賞典は、外めの7枠11番からの発走だったが、スタート直後から後方に位置し、内ラチ沿いを確保した。サイモンラムセス(3着)が速めの流れで逃げるなか、4コーナーからエンジンをかけ始め、直線は空いた内に進路を選択。狭いスペースから末脚を伸ばし、4着まで追い上げた。息の長い脚で、メンバー中最速タイの上がり3ハロン34秒0(以下推定)をマークしており、能力を示したと言えるだろう。あれから1年が経ったが、前走のディセンバーS(リステッド。中山・芝1800メートル)では、8着ながらメンバー中最速の上がり3ハロン34秒3を記録しており、衰えは感じられない。洋芝で好成績を挙げているように、上がりがかかるタフな競馬の方が、より末脚が生きるはずだ。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: