今週の注目レース

シルクロードステークス(GⅢ)

京都競馬場 1200メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

人気薄の台頭が目立つハンデ戦

昨年は1番人気に支持されたダノンスマッシュが勝利を挙げたものの、2着に11番人気のエスティタート、3着に12番人気のティーハーフが入るという結果。過去10年で単勝10番人気以下の馬が3着以内に9頭も入っているだけに、今年も人気薄の馬の台頭には注意しておきたいところだ。過去10年の結果をもとに、レースの傾向を見ていくことにしよう。

単勝人気別の成績に特徴あり

過去10年の単勝人気別成績と単勝オッズ別成績を見ると、優勝馬は全て単勝4番人気以内で、単勝オッズでは10倍未満だった。ただし、単勝4番人気以内の馬で3着に入ったのは1頭だけで、単勝オッズで見ると10倍未満の馬は3着がない。また、8から10番人気の馬が全て4着以下に敗れているのに対して、11番人気以下の馬は2着が2回、3着が7回あるなど、ここ10年は上位人気馬が優勝し、3着に下位人気馬が食い込むという特徴的な決着が多くなっている。〔表1〕〔表2〕

注記:表は横にスクロールすることができます。

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3-1-0-6 30.0% 40.0% 40.0%
2番人気 4-1-0-5 40.0% 50.0% 50.0%
3番人気 2-1-0-7 20.0% 30.0% 30.0%
4番人気 1-3-1-5 10.0% 40.0% 50.0%
5番人気 0-2-0-8 0% 20.0% 20.0%
6、7番人気 0-0-2-18 0% 0% 10.0%
8〜10番人気 0-0-0-30 0% 0% 0%
11番人気以下 0-2-7-53 0% 3.2% 14.5%
〔表2〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
2.9倍以下 3-1-0-1 60.0% 80.0% 80.0%
3.0〜3.9倍 0-0-0-4 0% 0% 0%
4.0〜6.9倍 6-2-0-7 40.0% 53.3% 53.3%
7.0〜9.9倍 1-4-0-7 8.3% 41.7% 41.7%
10.0〜19.9倍 0-1-3-34 0% 2.6% 10.5%
20.0〜49.9倍 0-1-2-29 0% 3.1% 9.4%
50.0〜99.9倍 0-1-3-21 0% 4.0% 16.0%
100倍以上 0-0-2-29 0% 0% 6.5%

5歳馬と6歳馬が中心

1996年のシルクロードS創設以降、2002年に9歳馬のゲイリーフラッシュが優勝したことはあるが、それ以外の23回で優勝したのは全て7歳以下の馬。ここ10年の結果を見ても5歳と6歳の成績が上位となっている。〔表3〕

〔表3〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 2-2-0-28 6.3% 12.5% 12.5%
5歳 3-4-2-23 9.4% 21.9% 28.1%
6歳 4-3-4-32 9.3% 16.3% 25.6%
7歳 1-1-1-30 3.0% 6.1% 9.1%
8歳以上 0-0-3-19 0% 0% 13.6%

負担重量別の成績が特徴的

過去10年の優勝馬は全て負担重量が55キログラム以上。全体的に見ても、55キログラム以上の成績が上位となっている。ただ、56から56.5キログラムの馬は1勝だけで、好走率でもやや低い数字になっている。〔表4〕

〔表4〕負担重量別成績(過去10年)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
52kg以下 0-0-0-9 0% 0% 0%
53kg 0-1-3-10 0% 7.1% 28.6%
54kg 0-0-1-38 0% 0% 2.6%
55〜55.5kg 3-2-2-22 10.3% 17.2% 24.1%
56〜56.5kg 1-3-2-26 3.1% 12.5% 18.8%
57〜57.5kg 4-2-2-22 13.3% 20.0% 26.7%
58kg以上 2-2-0-5 22.2% 44.4% 44.4%

前年の5月から10月にかけての成績に注目

過去10年のシルクロードSでは、「前年の5月から10月までの間に、京都競馬場のレースで10着以内に入っていた」という馬が毎年連対している。今年もこの戦績を持っている馬はチェックしておくことをおすすめしたい。〔表5〕

〔表5〕前年の5月から10月に京都競馬場で10着以内があったシルクロードS連対馬一覧(過去10年)
年度 着順 馬名 該当レース
2010年 2着 ショウナンカザン スワンS 4着
2011年 1着 ジョーカプチーノ スワンS 3着
2着 アーバニティ スワンS 4着
2012年 1着 ロードカナロア 葵S 1着
2013年 1着 ドリームバレンチノ 安土城S 1着
2014年 2着 レディオブオペラ 3歳以上500万下 1着
2015年 2着 サドンストーム オパールS 10着
2016年 2着 ローレルベローチェ 壬生特別 1着
2017年 1着 ダンスディレクター スワンS 4着
2018年 1着 ファインニードル 安土城S 7着
2019年 2着 エスティタート 桂川S 1着
  • 注記:該当レースが複数ある場合は直近のものを掲載
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

GⅠでの着順に注目

過去3年のシルクロードSの優勝馬には、4走前までにGⅠで7着以下に敗れていたという共通点がある。今年も近走でGⅠに出走し、そこで苦戦していた馬には要注目!?〔表6〕

(浅野 靖典)

〔表6〕過去3年の優勝馬が4走前までに7着以下に敗れていたGⅠ
年度 優勝馬 該当レース
2017年 ダンスディレクター 3走前 スプリンターズS 15着
2018年 ファインニードル 前走 スプリンターズS 12着
2019年 ダノンスマッシュ 4走前 NHKマイルC 7着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: