海外競馬発売

海外の主要レース結果

2月20日サウジカップ(サウジアラビアG1)

  • サウジアラビアキングアブドゥルアジーズ競馬場
  • ダート1800メートル

2月20日

キングアブドゥルアジーズ競馬場

ダート1800メートル 良

優勝ミシュリフ(牡4歳)

勝ちタイム1:49.59

  • 騎手:D.イーガン
  • 調教師:J.ゴズデン(GB)
  • 2着 シャーラタン 1馬身
  • 3着 グレイトスコット 6馬身1/2

昨年のサウジダービー2着馬ミシュリフがリベンジを果たす

前売り人気はアメリカ勢がリード

第2回サウジカップは日本のチュウワウィザードを含む14頭で争われた。イギリスのブックメーカーによる前売りでは、5頭を送るアメリカ馬のエースとなったシャーラタン、ペガサスワールドC(G1・アメリカ)まで4連勝中のニックスゴー、昨年のサウジダービー2着馬で、仏ダービー(G1・フランス)を制したイギリス調教馬ミシュリフの3頭が人気を集めた。チャンピオンズカップ(GⅠ)優勝から臨んだチュウワウィザードと、1月のアル・マクトゥームチャレンジ ラウンド1(G2・UAE)を制したドバイのミリタリーローらが4番手以下に続いた。

人気馬2頭の先行争いを尻目に絶好のポジションを取ったのは

1800メートル戦はスタンド正面の右奥のシュートからスタートし、約800メートル続く直線から左カーブを経て、約400メートルの直線で決着するワンターン。 ゲートが開くと単騎先頭を望むニックスゴーとシャーラタンが激しくハナを争って併走。好スタートから2列目につけたミシュリフが、競う2頭を前に見る絶好のポジションを走った。

昨年のサウジダービー2着馬ミシュリフが追い比べを制す

直線に続く緩やかなコーナーで加速したシャーラタンがニックスゴーの外からプレッシャーをかけて先頭を奪うと、スパートの機をうかがっていたミシュリフも追撃を開始。後退するニックスゴーを尻目に、馬体を離して追い比べする2頭は、外から追い上げたミシュリフに軍配が上がった。良馬場の勝ちタイムは昨年、マキシマムセキュリティが記録した1分50秒58を約1秒短縮する1分49秒59。1馬身差の2着にシャーラタン、さらに6馬身半差の3着に前年12着の地元馬グレイトスコット。4着にニックスゴー。ゲート番1番、最内枠からスタートしたチュウワウィザードは、アメリカ勢の作るペースについていけず、先頭から3秒以上遅れた9着となった。

プロフィール

ミシュリフMishriff

牡 2017年生 アイルランド産

  • 通算成績: 9戦5勝(2021年1戦1勝)
主な勝ち鞍
  • 2020年: 仏ダービー(G1・フランス。芝2100メートル)
  • 2021年: サウジカップ(サウジアラビアG1。ダート1800メートル)
  • レーティング: 120〔ロンジンワールドベストレースホースランキング(2020年) 第40位タイ〕
血統表
1代 2代 3代
Make Believe
2012年生
マクフィ Dubawi
Dhelaal
Rosie’s Posy Suave Dancer
My Branch
Contradict
2010年生
Raven’s Pass Elusive Quality
Ascutney
Acts of Grace Bahri
Rafha

父のメイクビリーヴはフランスで2、3歳時に7戦4勝。3歳時に仏2000ギニーとフォレ賞(ともにG1・フランス)に優勝。前者ではのちの仏ダービー馬ニューベイを下し、後者では短距離王リマトを倒した。2016年よりアイルランドで種牡馬入り。ミシュリフはその初年度産駒で唯一のG1ウイナーになっている。メイクビリーヴの父のマクフィは人気種牡馬ドバウィの直仔で、現役時に英2000ギニー(G1・イギリス)、ジャックルマロワ賞(G1・フランス)など6戦4勝の名マイラー。現在は日高のJBBA静内種馬場に繋養されており、2020年の新種牡馬ランキングで3位になっている。

母のコントラディクトはオールウェザーのブリーダーズカップクラシック(G1・アメリカ)を制したレイヴンズパスの娘で、現役時に芝1980メートルで勝ち星を挙げた。祖母アクツオブグレースは芝2390メートルのG3・クーパーズS(イギリス)の勝ち馬。3代母ラフハは仏オークス(G1・フランス)馬で、ヨーロッパ人気種牡馬のインヴィンシブルスピリットやコディアックの母となっている。

サウジカップとは?

サウジアラビア競馬を主催するリヤド競馬組合が、2019年夏にアメリカ・サラトガで創設を発表した世界最高賞金レース。昨年2月に第1回開催が行われた。レースは首都リヤドにあるキングアブドゥルアジーズ競馬場のダート1800メートルで行われ、フルゲートは14頭。優勝賞金は1000万ドル(約10億3000万円)。総賞金は2000万ドル(20億6000万円)で、2着350万ドル、3着200万ドル、4着150万ドル、5着馬でも100万ドル。10着まで賞金が支給される。

外国招待馬はイギリスのハンデキャッパーが算出したレーティング順に招待され、地元サウジアラビアやバーレーンなど近隣国からも参戦する。負担重量は北半球生産の4歳以上牡馬が57キログラム。南半球産3歳馬は53.5キログラムで、牝馬は2キログラム減。アメリカで許されている利尿剤のラシックスと痛み止めのビュートの使用は禁止されている。サウジアラビアはパート3国のため国際グレードは付与されず、国際的な扱いでは一般戦となっている。 2021年は2日間開催として行われ、サウジカップのアンダーカードとして芝の3つの競走と純血アラブ競走を含む8つの重賞(級)競走が行われ、その賞金総額は3050万ドル(約31億4200万円)に達した。

注記:ことわりのない限り1ドル=約103円で換算。

注記:コンテンツ中の成績は2021年3月5日現在のもの。年齢表記は所属国の基準による。

文:奥野 庸介

ページトップへ戻る
表示モード: