海外競馬発売

ドバイシーマクラシック(G1)

メイダン競馬場 2410メートル(芝)南半球産馬3歳以上、北半球産馬4歳以上

発売開始時刻
日本時間3月27日(土曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:営業最新情報」をご確認ください
発走予定時刻
日本時間3月28日(日曜)午前1時10分

2021年ドバイシーマクラシック出走馬レーティング

3月24日(水曜)時点での情報を基に作成

出走馬レーティング
順位 馬名(生産国) レーティング 備考
1 クロノジェネシスCHRONO GENESIS (JPN) 121 牝馬
2 ミシュリフMISHRIFF (IRE) 122
3 モーグルMOGUL (GB) 121
4 チャンネルメイカーCHANNEL MAKER (CAN) 120
5 ラヴズオンリーユーLOVES ONLY YOU (JPN) 114 牝馬
6 ウォルトンストリートWALTON STREET (GB) 116
バークシャーロッコBERKSHIRE ROCCO (FR)【出走取消】 116
8 シムシアーSIMSIR (IRE) 114
9 ドバイフューチャーDUBAI FUTURE (GB) 110
10 スターサファリSTAR SAFARI (GB) 108
  • 注記:バークシャーロッコは3月27日(土曜)午後4時40分出走取消
  • 注記:牝馬については、本競走の牝馬のアローワンス4ポンドを加算して順位を決めています
  • 注記:レーティングの単位はポンド
  • 注記:牝馬については、本競走の牝馬のアローワンス4ポンドを加算して順位を決めています

レーティング121に、牝馬のアローワンス4ポンドを加味すると125となるクロノジェネシス(牝5歳)が、2番手以下に3ポンドという決定的な差をつけて首位に立っている。121は、昨年6月に芝2200メートルの宝塚記念(GⅠ)を6馬身差で制した際に獲得したレーティングで、2020年のワールドランキングで牝馬としては世界第8位に入る高評価である。

2月にリヤドで行われたサウジC(サウジアラビアG1。ダート1800メートル)を制した際に、レーティング122を獲得したイギリス調教馬ミシュリフ(牡4歳)が序列2位となった。従って、これはダートMコラムでの評価となる。ちなみに同馬は昨年8月、芝2000メートルのギヨームドルナノ賞(G2・フランス)を制した際にレーティング120(芝Iコラム)を獲得しており、芝での持ちレートは120ということになる。

昨年9月にパリ大賞(G1・フランス。芝2400メートル)を制した際と、昨年12月に香港ヴァーズ(G1・香港。芝2400メートル)を制した際に、いずれもレーティング121を獲得したアイルランド調教馬モーグル(牡4歳)が、序列第3位。

昨年11月にブリーダーズカップターフ(G1・アメリカ。芝2400メートル)で3着となった際にレーティング120を獲得した、アメリカ調教馬チャンネルメイカー(せん7歳)が序列第4位。

そして、昨年11月にエリザベス女王杯(GⅠ。芝2200メートル)で、勝ち馬ラッキーライラックからクビ+クビ差の3着になった際に獲得したレーティング114に、牝馬のアローワンス4ポンドを加えると118になるラヴズオンリーユー(牝5歳)が、序列第5位となっている。

文:合田 直弘

レーティングの距離区分は以下のとおり

  • S【Sprint】
    1000メートルから1300メートル〔1000メートルから1599メートル(CAN/USA)〕
  • M【Mile】
    1301メートルから1899メートル〔1600メートルから1899メートル(CAN/USA)〕
  • I【Intermediate】
    1900メートルから2100メートル
  • L【Long】
    2101メートルから2700メートル
  • E【Extended】
    2701メートル以上

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: