海外競馬発売

凱旋門賞(G1)

パリロンシャン競馬場 2400メートル(芝)3歳以上 牡・牝

発売開始時刻
日本時間10月4日(日曜)
ネット投票:午前7時00分
UMACA投票:営業再開情報」をご確認ください
発走予定時刻
日本時間10月4日(日曜)午後11時05分

デイリーリポート

2020年9月28日ペリエ 凱旋門賞でストラディバリウスに騎乗

長距離路線で壮大な実績を残してきたことで知られるストラディバリウス(アイルランド産、父シーザスターズ)が、10月4日の凱旋門賞(G1)では、O.ペリエを鞍上に迎えることになった。J.ゴスデンが管理する、G1勝利を量産している同馬とパートナーを組むのは、いつもならL.デットーリなのだが、ここでは同厩で凱旋門賞を2度制しているエネイブル(イギリス産、父ナサニエル)とのコンビを組むため、他のジョッキーを見つける必要に迫られていた。当初は、グッドウッドCで2度ストラディバリウスを勝利に導いているA.アッゼニの起用が検討された。しかし同騎手は翌週、契約を結ぶシェイク・モハメド・オベイドの所有馬にニューマーケット(イギリス)で騎乗することが決まっており、フランスに行くとイギリス帰国時に、新型コロナウイルス感染拡大防止策として設けられている検疫を受ける必要があるため、コンビは実現しなかった。

「騎乗出来ることになったのは素晴らしいことです。ストラディバリウスは、スーパーホースですから」と、凱旋門賞に4勝しているペリエは語った。「もちろん、凱旋門賞には素晴らしい馬がたくさん出てきます。そして今週、かなりの量の雨が降ることが予測されています。私の馬にとって、それは問題ないはずです。彼はステイヤーとしてとても有名な馬です」。

「私には豊富な経験があり、パリロンシャンの馬場もよく知っています。自信があります。凱旋門賞5勝目を目指して、ファイトしたいと思います」。

ご注意

当コーナーの情報は、登録情報を基に制作されております。競走データは公式データと照合し、それ以外の表記は主に現地報道を参考に制作しております。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: