JRA
HOME
ENGLISH お問い合わせ/FAQ サイトマップ
競馬メニュー 電話・インターネット投票 データファイル イベント・キャンペーン 競馬場・ウインズ等 競馬ギャラリー
特別レース名解説  2回 阪神競馬
【第1日】 3月26日(土)
●心斎橋(しんさいばし)ステークス
 心斎橋は、大阪市中央区にある街。または、大阪の長堀川に架かっていた橋。現在は陸橋となっている。長堀川を開削したうちの一人、岡田心斎が長堀川に橋を架けたことが名称の由来とされている。周辺は百貨店などが立ち並ぶ繁華街となっている。平成9年の長堀再開発により、地下のショッピングモール「クリスタ長堀」が完成。このときに心斎橋の一部が再利用され、中央分離帯などに橋の欄干が使われた。

●六甲(ろっこう)ステークス
 六甲は、六甲山のこと。周辺の鉢伏山、鉄拐山、石楠花山、摩耶山などと六甲山地を形成し、その最高峰に位置している。標高931m。周辺にはゴルフ場、植物園などの娯楽・保養施設が整い、山麓には有馬温泉、武田尾温泉が湧出、山地全体は瀬戸内海国立公園に属する、阪神地区を代表する観光地である。

●スプリングステークス(GII)(皐月賞トライアル)
 本競走は、昭和27年に創設された3歳馬による重賞競走。当初は別定重量(ただし29、30年は定量)で争われていた。その後、33年に牡馬55kg、牝馬53kgの定量制が採用され、46年には負担重量が1kg増の牡馬56kg、牝馬54kgへと改められた。現在は、馬齢重量で施行されている。なお、本競走の3着までの馬には皐月賞への優先出走権が与えられる。
 競走名のスプリング(spring)は、「春」を意味する英語。
 なお、本年は中山競馬の開催中止に伴い阪神競馬場にて施行される。

●フラワーカップ(GIII)
 本競走は、昭和62年に創設された3歳牝馬による重賞競走。創設以来1,800mで行われており、平成13年には、負担重量が馬齢重量から別定重量に変更された。現3歳世代において、これまでで最も施行距離の長い牝馬限定重賞競走である。
 競走名のフラワー(flower)は、「花」を意味する英語。
 なお、本年は中山競馬の開催中止に伴い阪神競馬場にて施行される。

【第2日】 3月27日(日)
●四国新聞杯
 四国新聞社は、香川県高松市に本社を置く新聞社。四国新聞は、明治22年(1889)に『香川新報』として創刊された。本競走は、同社からの寄贈賞を受けて施行される。

●梅田(うめだ)ステークス
 梅田は、大阪市北区西部の一地区。明治7年(1874)に現在のJR大阪駅が開設されてから急速に発展し、JR、阪急電鉄、阪神電鉄、地下鉄、バスなどが集中する大ターミナルとなった。難波を中心とした一帯を「ミナミ」と呼ぶのに対して「キタ」呼ばれる地域の中心地となっている。主要ビルは地下街で連絡し、隣接する曾根崎地区まで歓楽街が続いている。
 なお、梅田にはJRAの場外勝馬投票券発売所であるウインズ梅田がある。

●高松宮記念(GI)
 本競走は、昭和42年に創設された『中京大賞典』を前身とする競走。46年に高松宮殿下から優勝杯を賜ったのを機に改称し、『第1回高松宮杯』として施行された。以来、距離2,000mの別定戦として争われてきたが、平成8年に距離が1,200mに変更されると共に、GIIからGIに格上げされ、中京競馬場初のGI競走となった。また、10年より競走名が『高松宮記念』に変更され、5月から3月下旬に移設して施行されている。春の古馬スプリント路線の頂点を決める競走であるとともに春のGIシリーズの始まりを告げる一戦となっている。また、本年よりグローバルスプリントチャレンジの対象競走となっている。  なお、本年は中京競馬場の改築工事に伴い阪神競馬場で施行される。

●被災地支援競走毎日杯(GIII)
 本競走は、昭和29年に創設された重賞競走。当初は『東京優駿(日本ダービー)』の直後に施行されていたが、46年に施行時期を繰り上げ、『皐月賞』前の3月に行われるようになった。平成19年より2,000mから1,800mに距離が変更されている。
 毎日新聞社は、東京・大阪・北九州・名古屋に本社を置く新聞社。本競走は、同社からの寄贈賞を受けて施行される。
 なお、本競走は被災地支援競走として施行される。

【第3日】 4月2日(土)
●明石(あかし)特別
 明石は、兵庫県南部、明石海峡に面する市。かつては山陽道・四国街道の分岐点の宿駅で、松平氏の城下町であった。東経135度の日本標準時子午線が通過する所に明石市立天文科学館がある。

●コーラル(Coral)ステークス
 コーラルは、英語でサンゴのこと。サンゴは、サンゴ科サンゴ属の腔腸動物の総称。また、その骨軸。個虫が集まって樹状の群体をつくったものは、宝石として珍重されることもある。

●日経賞(GII)
 本競走は、昭和28年に『日本経済賞』の名称で創設された重賞競走。当初は距離3,200mで施行されていたが、その後33年に2,600mとなり、42年から2,500mとなっている。『天皇賞(春)』に向けての前哨戦としての意味合いが強く、本番を見据えた馬が多く出走している。
 日本経済新聞社は、東京・大阪に本社を置く新聞社。本競走は、同社からの寄贈賞を受けている。
 なお、本年は中山競馬の開催中止に伴い、阪神競馬場にて距離を2,400mに変更し施行される。

●ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)
 本競走は、昭和58年にアメリカのメリーランド州にあるローレルパーク競馬場との親善を深めるために創設された牝馬限定の重賞競走。創設当初は芝2,000m、4歳以上ハンデキャップのオープン特別競走であったが、翌年から距離が1,800mとなり、58年に重賞競走に昇格。59年のグレード制実施でGIIIに格付けされ、現在に至っている。
 なお、本年は中山競馬の開催中止に伴い阪神競馬場にて施行される。

【第4日】 4月3日(日)
●マーガレット(Marguerite)ステークス
 マーガレットは、カナリア諸島原産のキク科の多年草。夏に中央が黄色で周囲が白色の花が咲く。花言葉は「心に秘めた恋」。

●難波(なんば)ステークス
 難波は、大阪市の中央区から浪速区にまたがる地名。なんば駅を中心とする一帯のこと。道頓堀・千日前などとともに「ミナミ」と称される繁華街をなす。
なお、ミナミの中心施設でもあるなんばパークス内には、JRAの場外勝馬投票券発売所であるウインズ難波がある。

●産経大阪杯(GII)
 本競走は、昭和32年に『大阪杯』として創設された重賞競走。幾度かのレース冠名変更を経て、『産経大阪杯』となった。当初は1,800mで施行されていたが、47年より現在と同じ2,000mで施行されている。56年に施行時期が3月上旬から約1ヶ月繰り下げられたことにより、近年は春の中長距離路線を歩む馬たちにとって重要な1戦となっている。
 産経新聞社は、東京と大阪に本社を置く新聞社。本競走は、同社からの寄贈賞を受けて施行される。

●ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)
 本競走は、昭和44年にイギリスからエプソムダービー9勝などの記録を持つレスター・ピゴット騎手など3名を招待して『英国騎手招待競走』を開催した際、第18代ダービー卿からトロフィーの寄贈を受けたことを記念して創設された重賞競走。当初は1,800m、別定重量で争われていた。幾度かの距離変更を経て平成8年には距離が1,600mに、14年には負担重量がハンデキャップに変更となり現在に至っている。
 なお、本年は中山競馬の開催中止に伴い阪神競馬場にて施行される。

【第5日】 4月9日(土)
●ラジオ関西賞仲春(ちゅうしゅん)特別
 ラジオ関西は、昭和27年に民放ラジオ10番目の局として開局した放送局。従来の「AM神戸」を平成17年1月1日から「ラジオ関西」へ完全移行・統一した。本競走は、同社からの寄贈賞を受けて施行される。
 仲春は、春3か月の真ん中の月の意で、陰暦2月の異称。

●大阪−ハンブルクカップ
 本競走は、大阪市と友好都市提携しているドイツ・ハンブルク市と、競馬を通じて国際親善を深める目的で平成9年に創設された交換競走。
 ハンブルクは、ドイツの北西部に位置するドイツ第二の都市。

●サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)
 本競走は、昭和33年に創設された重賞競走。創設以来12月に施行されていたが、牝馬競走体系の整備に伴い、平成18年より開催時期を4月に変更して施行されている。『ヴィクトリアマイル』に向けた前哨戦である。
 サンケイスポーツは、東京と大阪に本社を置く産経新聞社が発刊するスポーツ紙。本競走は同社からの寄贈賞を受けて施行される。

●ニュージーランドトロフィー(GII)(NHKマイルカップトライアル)
 本競走は、昭和46年にニュージーランドのベイオブプレンティレーシングクラブからカップの寄贈を受けて行われた『ベイオブプレンティレーシングクラブ賞グリーンステークス』を前身とする競走。58年に『ニュージーランドトロフィー4歳ステークス』として重賞競走となった。その後、平成8年に『NHKマイルカップ』が創設されたことに伴い、同競走のトライアルレースとなった。
 なお、本年は中山競馬の開催中止に伴い阪神競馬場にて施行される。

【第6日】 4月10日(日)
●白鷺(しらさぎ)特別
 白鷺は、白色のサギ科の鳥の総称。日本にはダイサギ、チュウサギ、コサギなどが生息している。世界文化遺産で国宝の姫路城は、その白亜の美しさから「白鷺城」の別名がある。

●忘れな草賞
 忘れな草は、ヨーロッパ原産のムラサキ科の多年草。春、尾状に巻いた花序を出し、青紫色の小花をつける。英名は、フォゲットミーノット(forget−me−not)。名はドイツの悲恋物語に登場する騎士ルドルフの言葉に由来する。ルドルフは恋人ベルタのためにドナウ川の岸辺に咲くこの花を採ろうとしたが、足を滑らせて川に流されてしまう。沈みゆくなかでベルタに向かって花を投げ、「私を忘れないで」という言葉を残して命を落としていったことからこの名が付いたとされる。花言葉は「真の愛」。

●堺(さかい)ステークス
 堺は、大阪府南部にある市。摂津・河内・和泉の3国の境に位置していることから「さかい」と呼ばれるようになった。戦国時代には貿易港として、対明貿易や南蛮貿易など海外との交流拠点として発展した。当時の堺は世界でも珍しい環濠都市を形成し、自治都市として繁栄した。「百舌鳥(もず)古墳群」など古代の史跡や、歌人与謝野晶子の出身地としても有名。

●桜花賞(GI)
 本競走は、イギリスの『1000ギニー』に範をとり、昭和14年(1939)に『中山4歳牝馬特別競走』として創設された。当初は中山競馬場で距離1,800mで争われていたが、22年に京都競馬場に舞台を移し、距離を1,600mとしたのを機に競走名を『桜花賞』とした。その後、25年に施行場が阪神競馬場に移され、現在に至っている。
 牝馬3冠競走(桜花賞・優駿牝馬・秋華賞)の第一関門となっている本競走は、その名のごとく桜の咲き誇る季節に、幾多の名勝負と名牝を生み出してきた。なお、本競走の4着までの馬には優駿牝馬(オークス)への優先出走権が与えられる。

●マーチステークス(GIII)
 本競走は、平成6年に創設された重賞競走。当初より1,800mのハンデキャップ戦で争われている。
マーチ(March)は、英語で3月のこと。名はローマ神話における農耕の神マルスに由来する。古代ローマの暦では農耕が始まる3月が年の始まりであった。
 なお、本年は中山競馬の開催中止に伴い阪神競馬場にて施行される。

【第7日】 4月16日(土)
●山陽(さんよう)特別
 山陽は、山陽地方、または山陽道の略。山陽道は古代に定められた五畿七道の1つで、現在の中国地方の瀬戸内海側のこと。播磨(はりま)・美作(みまさか)・備前(びぜん)・備中(びっちゅう)・備後(びんご)・安芸(あき)・周防(すおう)・長門(ながと)の8ヶ国からなる広域行政区画、およびそれらを貫く幹線道路を指した。現在、山陽と呼ばれる地域は中国山脈の南、瀬戸内海側の地域で岡山・広島両県と山口県の中南部を指すが、兵庫県南部を含めることもある。

●読売マイラーズカップ(GII)
 本競走は、マイル適性馬の出走機会の拡充を目的として昭和45年に創設された重賞競走。『安田記念』の前哨戦としての意味合いを持ち、春の短距離路線を歩む馬にとって重要な競走となっている。
 読売新聞社は、東京・大阪・福岡に本社を置く新聞社。本競走は、同社からの寄贈賞を受けて施行される。

●はなみずき賞
 はなみずきは、ミズキ科の落葉小高木。別名アメリカヤマボウシ。春に4枚の紅または白色の苞のある花を咲かせ、秋に赤い実をつける。明治45年(1912)に当時の東京市がワシントンD.C.にソメイヨシノを贈った際、その返礼として、大正4年(1915)に日本に贈られたのが始まりとされる。花言葉は「私の想いを受けてください」「華やかな恋」。

【第8日】 4月17日(日)
●陽春(ようしゅん)ステークス
 陽春とは、暖かな春のこと。春を表す季語。陰暦正月の異称でもある。

●淀屋橋(よどやばし)ステークス
 淀屋橋は、大阪市の土佐堀川に架かる橋。中之島と船場を結び、御堂筋の一部となっている。橋の名は、江戸時代に豪商淀屋个庵が架けたことに由来する。現在の淀屋橋は、大正13年(1924)に懸賞募集で選ばれた大谷龍雄氏のデザインに武田五一氏、元良勲氏らが手を加えたもので、昭和10年(1935)に竣工した。周辺には企業や大阪市の関係機関のビルが立ち並び、大阪を代表するオフィス街となっている。

●蓬莱峡(ほうらいきょう)特別 ※「蓬莱」は旧字
 蓬莱峡は、兵庫県西宮市にある峡谷。六甲断層の断層破砕帯にできた景勝地で、花崗岩の崩れた荒々しい断崖を誇る。六甲山地の代表的な登山ルートとして広く知られている