JRAニュース

2020年6月6日

  • その他

「生産育成技術者研修 2021年度生」募集【日本軽種馬協会(JBBA)】

公益社団法人 日本軽種馬協会(JBBA)では、競走馬の牧場で生産・育成関連の仕事に就業することを目的とし強い馬づくりを担える技術者の養成事業を日本の競走馬生産の中心である北海道日高郡新ひだか町で行っています。

生産・育成のどちらの牧場にも対応できるカリキュラムによって1年間の全寮制の研修で、乗馬経験のない方でも基礎技術・知識を身に付けることができます。

競走馬の牧場で働いてみたいけれど、その前に生産・育成の基礎技術・知識を身に付けたい方は、ぜひこの研修をご検討ください。体験入学会やオンライン説明会もご用意しています。

研修場所

公益社団法人 日本軽種馬協会 静内種馬場 研修所
(北海道日高郡新ひだか町静内田原517番地)

研修期間

2021年4月初旬から2022年3月中旬

研修内容

実技(馬の取扱い、曳き馬、騎乗訓練、初期馴致等)
学科(馬学全般、飼養管理、健康管理等)
実習(種牡馬・繁殖牝馬・幼駒飼養管理、栄養管理、分娩管理、生産・育成牧場実習等)
見学(競馬場見学、セリ市場見学、レクリエーション等)

研修費用

約50万円 (騎乗用具、食費、教材費等に充当(2019年度生実績))

  • 注記:
    寮費は無料。

募集人数

12名様程度

応募資格

研修入講時に中学卒業以上の学歴を有する方
研修終了後、必ず競走馬の生産・育成に3年以上就労できる方
厩舎作業および騎乗訓練を行うのに支障のない方

  • 注記:
    乗馬経験は問いません。

出願締切

9月11日(金曜)必着

その他

体験入学会を8月1日(土曜)、オンライン説明会を6月下旬に実施予定

  • 注記:
    新型コロナウイルスの影響により、体験入学会を中止する場合があります。

資料・願書請求および問い合わせ

公益社団法人 日本軽種馬協会 静内種馬場 研修課
〒056-0144 北海道日高郡新ひだか町静内田原517番地
電話:0146(46)2845 (平日9時00分から17時00分)
Eメール:k_shizunai@jbba.jp

ページトップへ戻る
表示モード: