JRAニュース

2020年5月31日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(5月31日(日曜))

第2回東京第12日(5月31日(日曜))

競走除外

6R

15番 セイウンデルレイ号(江田 照男騎手)
馬場入場後に、右前肢跛行を発症したため

C.ルメール騎手 JRA通算1,200勝達成!

4Rで、5番アストンクリントン号に騎乗し第1着となったC.ルメール騎手(栗東:フリー)は、史上28人目・現役15人目のJRA通算1,200勝を達成しました。
なお、5,842戦目での1,200勝達成は、武 豊騎手の6,539戦を上回る史上最少騎乗回数での達成となります。

  • コメント

    日本に来てたくさんの良い馬に乗ることができたため良いペースで勝つことができました。勝つと気持ちが良いので次のレースも勝ちたくなります。騎乗停止、落馬、怪我がないことが一番大切ですが、馬に乗るのはとても気持ちが良いので、楽しみながら毎レース100パーセントの騎乗をしていきます。


第3回京都第12日(5月31日(日曜))

競走中止

4R

6番 アンドレアス号(西谷 誠騎手)
競走中に前進気勢を欠いたため、2周目4号障害手前で競走を中止

太宰 啓介騎手 JRA通算11,000回騎乗達成!

8Rで、15番ローゼンクリーガー号に騎乗した太宰 啓介騎手(栗東:フリー)は、史上35人目・現役22人目のJRA通算11,000回騎乗を達成しました。

ページトップへ戻る
表示モード: