JRAニュース

2019年10月27日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(10月27日(日曜))

第4回東京第9日(10月27日(日曜))

  • 競走中疾病
    1R

    11番 レクレール号(武士沢 友治騎手)
    競走中に右橈骨遠位端骨折を発症(11月1日(金曜)追記)

小島 太一騎手 最終騎乗を終えてのコメント

小島 太一騎手(美浦:フリー)は、東京1R(4番ダイヤキングダム号・16着)が最後の騎乗となりました。

  • コメント

    (2013年3月9日(土曜)の勝利以降)6年以上、勝ちたいという気持ちをもってやってきましたが、勝つことはできませんでした。長い間、ありがとうございました。

「ベストターンドアウト賞」受賞者の発表および受賞者コメント

第160回天皇賞(秋)(GⅠ)のパドックで、「ベストターンドアウト賞」(Best Turned Out Award)の審査が行われました。

受賞者

サートゥルナーリア号 滝川 清史調教助手(角居 勝彦厩舎)

審査委員

尾形 充弘氏(元JRA調教師)

本村 凌二氏(東京大学名誉教授、博士(文学)、2001年度JRA賞馬事文化賞受賞)

  • 受賞者 滝川 清史調教助手のコメント

    今回の受賞は非常に光栄です。誰でも取扱いができる馬になるよう躾けるのが厩舎の方針であり、それが今回の受賞につながったと思います。ありがとうございました。

天皇賞(秋)(GⅠ)表彰式プレゼンター 高畑充希さんのコメント
  • 今年は夏の七夕賞で福島競馬場へ伺いましたが、東京競馬場に来たのは昨年の日本ダービー以来でした。
    牝馬最強とお聞きしたので、天皇賞(秋)の馬券は1枠2番アーモンドアイで勝負しました。
    結果は見事に当てることができました!本当に嬉しいです。
    競馬場内の歓声も凄く、約10万人もの競馬ファンの皆さんと一緒に観戦することができて良かったです。
    また、本日実施のスペシャルイベント「スペホリ!」。次回は12月1日チャンピオンズカップの中京競馬場で実施されるので皆さんぜひ、競馬場にお越しください!!


第4回京都第9日(10月27日(日曜))

  • 競走中疾病
    5R

    13番 ラヴネヴァーエンズ号(松山 弘平騎手)
    競走中に鼻出血を発症


第3回新潟第6日(10月27日(日曜))

  • 競走中止
    4R

    5番 スマートヴォルフ号(上野 翔騎手)
    疾病を発症したため、7号障害手前で競走を中止
    馬:右前肢跛行
    騎手:異状なし

  • 競走中疾病
    7R

    3番 ヨシヒコ号(▲山田 敬士騎手)
    競走中に鼻出血を発症

第3回・2019年新潟競馬リーディングジョッキーは、藤田 菜七子騎手!

藤田 菜七子騎手(美浦:根本 康広厩舎所属)は、第3回新潟競馬で9勝をあげ、開催リーディングジョッキーとなりました。女性騎手が開催リーディングを獲得するのは、JRA史上初めてのことです。
また、本日をもって本年の新潟競馬開催が終了し、2019年新潟競馬リーディングジョッキーも藤田 菜七子騎手が獲得しました。女性騎手が競馬場の年間リーディングを獲得するのも、JRA史上初めてのことです。

  • コメント

    年間リーディングは今開催が始まる前から意識していましたし、新潟競馬場はたくさん勝たせていただいている競馬場なので、リーディングを獲得できて嬉しいです。こういった結果を得られたのもたくさんの方々の支えがあってこそだと思っているので、感謝の気持ちを忘れずに1つ1つのレースに集中して乗って、結果としてまたリーディングジョッキーになれれば嬉しいです。

【第3回新潟競馬リーディングジョッキー順位】
第3回新潟競馬リーディングジョッキー順位
1位 藤田 菜七子騎手 (9勝、2着 5回、3着 7回)
2位 斎藤 新騎手 (6勝、2着 5回、3着 4回)
3位 菅原 明良騎手 (5勝、2着 5回、3着 3回)
【2019年新潟競馬リーディングジョッキー順位】
2019年新潟競馬リーディングジョッキー順位
1位 藤田 菜七子騎手 (20勝、2着 14回、3着 13回)
2位 戸崎 圭太騎手 (13勝、2着 15回、3着 11回)
3位 丸山 元気騎手 (13勝、2着 13回、3着 8回)
ページトップへ戻る
表示モード: