JRAニュース

2019年10月25日

  • その他

秋GⅠ 令和&平成“元年”のドラマ。 JRA機関誌『優駿』11月号発行

10月25日(金曜)発行のJRA機関誌『優駿』11月号では「秋GⅠ“元年”のドラマ。」と題し、今秋の主役アーモンドアイの近況や天皇賞(秋)の展望記事を掲載。そして、オグリキャップなどの懐かしの名馬たちが躍動した、平成元年秋の印象深いGⅠレースを振り返る読み物「30年前のあの日」も掲載します。
そのほか、秋に男勝りの活躍をみせたジェンティルドンナなどの牝馬たちをまとめて紹介する「秋に輝いた名牝たち」や、日本馬3頭が参戦した第98回凱旋門賞の観戦リポート、ランフランコ・デットーリ騎手の特別讀物、サラブレッドを描く画家の長瀬智之氏の特集、タケシバオーの名馬物語など、今月も盛り沢山の内容です。
綴じ込み付録小冊子「ブックインブック」の重賞プレイバックには、9月7日(土曜)から29日(日曜)に行われたスプリンターズステークス(GⅠ)など重賞10レースを収録しています。取り外して、記録としてぜひご活用ください!

JRA機関誌『優駿』11月号

『優駿』11月号は、お近くの書店、全国のJRA競馬場・ウインズのターフィーショップ、Gate J. もしくはターフィー通販クラブで、お買い求めください。

『優駿』電子版 本体価格527円+税

注記:電子版でも本誌綴じ込み付録小冊子「ブックインブック」をご覧いただけます。
詳しくは、優駿オフィシャルウェブサイトをご覧ください。
なお、同ウェブサイト内のコンテンツ「今月の立ち読み」では、未来に語り継ぎたい名馬物語「タケシバオーの気概」の冒頭を公開中!こちらも合わせてぜひご覧ください。

『優駿』公式ツイッター @YUSHUNmagazine(外部サイトに接続)

ページトップへ戻る
表示モード: