JRAニュース

2019年10月20日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事、明日の取消・変更等(10月20日(日曜))

今日の出来事

第4回東京第7日(10月20日(日曜))

  • 騎手変更
    12R

    10番 ジュニエーブル号
    ▲山田 敬士騎手(54.0kg)⇒古川 吉洋騎手(57.0kg)

    負傷のため(1Rの返し馬の際に負傷し、6Rの騎乗後に状態が悪化したもので、「顔面打撲」と診断されました)

明日の取消・変更等

第4回東京第4日[代替競馬](10月21日(月曜))

  • 取消・変更等はございません(17時30分現在)


今日の出来事

第4回京都第7日(10月20日(日曜))

C.ルメール騎手 JRA史上最多タイの騎乗機会7連勝達成!

3Rで、7番アリストテレス号が1着となり、C.ルメール騎手は昨日の東京8Rからの騎乗機会7連勝を達成しました。これは、武 豊騎手・J.モレイラ騎手に並ぶJRA史上最多タイ記録となります。
なお、JRA史上最多騎乗機会連勝記録の更新のかかった京都5Rは1番サンライズレスター号に騎乗し、12着でした。

「ベストターンドアウト賞」受賞者の発表および受賞者コメント

第80回菊花賞(GⅠ)のパドックで、「ベストターンドアウト賞」(Best Turned Out Award)の審査が行われました。

受賞者

ヒシゲッコウ号 佐々木 幸二調教助手(堀 宣行厩舎)

審査委員

松本 伸之氏(奈良国立博物館長)

佐々木 正子氏(嵯峨美術大学学長)

沖 芳夫氏(元JRA調教師)

  • 受賞者 佐々木 幸二調教助手のコメント

    普段から厩舎全体で馬を綺麗にすることを心掛けており、今回それが評価されたのだと思います。ありがとうございました。

菊花賞(GⅠ)表彰式プレゼンター 柳楽優弥さんのコメント
  • 京都競馬場に来たのは初めてでした。
    ちょうど1年後から長期の改修工事を行うということをお聞きしまして、今年のうちに来れて良かったです。
    ここ最近は好きな数字で馬券を購入してはずしていたので、菊花賞の馬券は1番人気のヴェロックスで勝負してみました。結果は惜しくも3着でした。クラシック三冠競走の最終戦として「最も強い馬が勝つ」と称されているレースを見て、競走馬が駆け抜けていく迫力を実感しました。
    また、本日実施のスペシャルイベント「スペホリ!」。
    次回は10月27日の天皇賞(秋)東京競馬場で実施されるので皆さんぜひ、競馬場にお越しください!!


今日の出来事

第3回新潟第4日(10月20日(日曜))

  • 競走中止
    4R

    1番 クリノシャンボール号(熊沢 重文騎手)
    2周目4号障害飛越着地時に転倒したため競走を中止
    馬:左第1指関節脱臼(予後不良)
    騎手:異状なし

    14番 レッドアーサー号(草野 太郎騎手)
    2周目4号障害飛越後に、転倒した1番クリノシャンボール号(熊沢 重文騎手)に触れて騎手が落馬したため競走を中止
    馬:左前腕骨粉砕骨折(予後不良)
    騎手:異状なし

    9番 ベルウッドヘルタ号(高野 和馬騎手)
    疾病を発症したため、2周目4号障害手前で競走を中止
    馬:左前浅屈腱不全断裂
    騎手:異状なし

  • 競走中疾病
    3R

    12番 ホウオウサマンサ号(▲菅原 明良騎手)
    競走中に鼻出血を発症

ページトップへ戻る
表示モード: