JRAニュース

2019年10月15日

  • レース・馬・騎手など

2019コーフィールドカップ(G1) 日本馬の近況(10月15日(火曜))

10月19日(土曜)にオーストラリアのコーフィールド競馬場で行われるコーフィールドカップ(G1)に出走予定のメールドグラース号(牡4歳 栗東・清水 久詞厩舎)の調教状況および関係者コメントをお知らせいたします。

コーフィールドカップ(G1)(芝・2,400メートル)

メールドグラース号(牡4歳 栗東・清水 久詞厩舎)

本日(現地時間10月15日(火曜))の調教状況

コーフィールド競馬場

芝コース 単走で半マイルから最後を馬なりで伸ばす

ダミアン・レーン騎手 騎乗(コーフィールドカップ(G1)で騎乗予定)

  • 清水 久詞調教師のコメント

    ここまで頓挫なく順調にきました。心配なところは何一つありません。これまで予定通りの調教を消化し、今日の調教も良い動きでした。外国なのでレースは簡単にはいかないと思いますが、馬の仕上がりに関しては満足のいく状態で挑みたいと思います。

  • ダミアン・レーン騎手のコメント

    体つき良く、調教の動きは良かったです。日本で騎乗した時の印象から、コーフィールドカップは合うと思いました。彼は戦績良く、調子を上げている馬ですので、土曜日にレースで騎乗するのを楽しみにしています。

  • メールドグラース号

  • ダミアン・レーン騎手

関連ニュース

ページトップへ戻る
表示モード: