JRAニュース

2019年10月6日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(10月6日(日曜))

第4回東京第2日(10月6日(日曜))

萩原 清調教師 JRA通算600勝達成!

11Rで、9番ダノンキングリー号(戸崎 圭太騎手)が第1着となり、萩原 清調教師(美浦)は史上93人目・現役15人目のJRA通算600勝を達成しました。

  • コメント

    まずは通算600勝を達成できたことについて、オーナーをはじめ、関係者の皆様に感謝したいです。これからは600勝という数字は過去のものになるので、今を頑張る、というつもりです。

ディープインパクト産駒 史上最速JRA通算2,000勝達成!

11Rで、9番ダノンキングリー号(戸崎 圭太騎手)が1着となり、ディープインパクト産駒のJRA通算勝利数が2,000勝となりました。
これは、JRA史上2頭目の記録となります。また、産駒初出走の日から数えて9年3ヶ月17日での2,000勝達成は、サンデーサイレンス産駒の10年4ヶ月7日を上回る史上最速での達成となります。


第4回京都第2日(10月6日(日曜))

  • 競走中止
    11R

    17番 ウインテンダネス号(菱田 裕二騎手)
    スタート直後につまずいて騎手が落馬したため競走を中止
    馬:異状なし
    騎手:異状なし


第3回新潟第2日(10月6日(日曜))

  • 競走除外
    8R

    3番 スズヨブラック号(▲山田 敬士騎手)
    発馬機内で立上り転倒し、両後肢挫創を発症したため

    10R

    2番 ナンヨープランタン号(秋山 真一郎騎手)
    装鞍所において外傷性鼻出血を認めたため

  • 競走中疾病
    3R

    1番 フクノワイルド号(加藤 祥太騎手)
    競走中に鼻出血を発症

  • 5Rにおける制裁

    13番バウンティハンター号(黛 弘人騎手)が、最後の直線コースで外側に斜行したため、6番トウカイマナ号(柴田 善臣騎手)の進路が狭くなりました(その他15番ゲンパチヴィガ号(荻野 極騎手)、7番サイモンバトラー号(丸山 元気騎手)にも被害がありました)。
    この件について、黛 弘人騎手は、10月12日(土曜)から10月19日(土曜)まで8日間の騎乗停止となりました。

ページトップへ戻る
表示モード: