JRAニュース

2019年6月6日

  • レース・馬・騎手など

2019ベルモントステークス(G1) 日本馬の近況(6月6日(木曜))

現地時間6月8日(土曜)にアメリカのベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークス(G1)に出走予定の日本馬の調教状況および関係者のコメントをお知らせいたします。

ベルモントステークス(G1)(ダート・2,400メートル)

マスターフェンサー号(牡3歳 栗東・角田 晃一厩舎)

本日(現地時間 6月5日(水曜))の調教状況

ベルモントパーク競馬場

トレーニングトラック(ダートコース)→速歩半周からハッキング1周半
メイントラック(ダートコース)→単走で5ハロンから追い切り

注記:調教時計 61.28(5F)

ゲートスクーリング

J.ルパルー騎手騎乗

  • 角田 晃一調教師のコメント

    調教の動きは、チャーチルダウンズの時と比べてスピード感があったと思います。調教過程で言えば今回の方が順調に来ていると思います。ケンタッキーの時は体を戻さないと、という意識もありましたが、今回はレースに向けて専念できました。馬も落ち着いているし、あとは無事に走ってくれればと思います。

    (枠順について)
    外側から順番に決まっていったので、どうなるかと思いましたが、結果的には内枠を望んでいたので良かったと思います。くじ順が1番最後だったので残り物には福があると信じています。

  • J.ルパルー騎手のコメント

    チャーチルダウンズにいた時よりもずっと良くなっていると思います。前回は押して押して、ようやくといった感じもありましたが、今回は持ったままでタイムも出ており、満足できるものだったと思います。

    (枠順について)
    内側に2頭しかいないので、レースもしやすいと思うし、良い枠に入ったと思います。

  • マスターフェンサー号

関連ニュース

ページトップへ戻る
表示モード: