JRAニュース

2019年4月24日

  • レース・馬・騎手など

2019香港チャンピオンズデー 日本馬の近況(4月24日(水曜))

4月28日(日曜)に香港のシャティン競馬場で行われる香港チャンピオンズデーに出走予定の日本馬の調教状況および関係者のコメントをお知らせいたします。

クイーンエリザベスⅡ世カップ(G1)(芝・2,000メートル)

ウインブライト号(牡5歳 美浦・畠山 吉宏厩舎)

本日の調教状況

シャティン競馬場

角馬場→芝コース(追い切り 4ハロン)

注記:松岡 正海騎手が騎乗

  • 注記:調教タイム76.5(6F)−48.0(4F)−21.7(2F)
  • 木場迫 学調教助手のコメント

    日に日にこちらの環境に慣れてきてリラックスして調整できています。

  • 松岡 正海騎手のコメント

    日本での調整が軽めだったので今日は少し強めに追い切りました。馬のリズム重視で良い追い切りができたと思います。

  • ウインブライト号

ディアドラ号(牝5歳 栗東・橋田 満厩舎)

本日の調教状況

シャティン競馬場

角馬場→芝コース(追い切り 5ハロン)

注記:武 豊騎手が騎乗

  • 注記:調教タイム46.5(4F)−20.9(2F)
  • 橋田 満調教師のコメント

    終い重視の指示のもと、ゴール前の動きも良かったです。前回以下ということもなさそうですね。暑くて雨も多く戸惑っていましたが、輸送を含めて環境にも慣れてきました。

  • 武 豊騎手のコメント

    初めてディアドラに騎乗しましたが乗りやすい馬で、落ち着いていてコンディションも良い状態です。動きも良かったですし、良い追い切りが出来ました。レースに向けてさらに楽しみになりました。

  • ディアドラ号

リスグラシュー号(牝5歳 栗東・矢作 芳人厩舎)

本日の調教状況

シャティン競馬場

角馬場→芝コース(追い切り 4ハロン)

注記:岡 勇策調教助手が騎乗

  • 注記:調教タイム48.0(4F)−21.4(2F)
  • 矢作 芳人調教師のコメント

    半マイルから馬が気分良く走るのを重視しました。昨年の香港の時よりも馬体のシルエットが良くて安心しました。今回は1頭で心配していましたが、2度目であることが全ての面でアドバンテージとなっていますね。

  • リスグラシュー号

チェアマンズスプリントプライズ(G1)(芝・1,200メートル)

ナックビーナス号(牝6歳 美浦・杉浦 宏昭厩舎)

本日の調教状況

シャティン競馬場

角馬場→芝コース(追い切り 4ハロン)

注記:田面木 博公調教助手が騎乗

  • 注記:調教タイム54.6(4F)−24.0(2F)
  • 田面木 博公調教助手のコメント

    今日は余力残しで追い切りました。初めての馬場で少し気負っていましたが、馬自体の雰囲気は悪くないです。日本にいる時と変わらず順調にきています。

  • ナックビーナス号

関連ニュース

ページトップへ戻る
表示モード: