JRAニュース

2019年3月28日

  • レース・馬・騎手など

2019ドバイワールドカップデー 日本馬の近況(3月28日(木曜))

3月30日(土曜)、アラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場で行われる「2019ドバイワールドカップデー」各レースに出走予定の日本馬の調教状況および関係者のコメントをお知らせいたします。

ドバイワールドカップ(G1) 2,000メートル(ダート)

ケイティブレイブ号(牡6歳 栗東・杉山 晴紀厩舎)

本日の調教状況

スクーリング(装鞍所→パドック)

  • 杉山 晴紀調教師のコメント

    装鞍所とパドックのスクーリングを行いました。雨が降ってきたので、メニューを変更しました。昨日追い切りも終えて、順調に来ています。ゲート番(11番)については極端なところでなければ良いと思っていました。去年も外枠の馬が勝っていますので問題ないと思います。

  • ケイティブレイブ号

ドバイシーマクラシック(G1) 2,410メートル(芝)

シュヴァルグラン号(牡7歳 栗東・友道 康夫厩舎)

本日の調教状況

スクーリング(装鞍所→パドック)

  • 友道 康夫調教師のコメント

    (ヴィブロスとの)2頭とも落ち着きがあって問題ありません。ゲート番(1番)は、内枠希望だったので最高の枠です。

  • シュヴァルグラン号

スワーヴリチャード号(牡5歳 栗東・庄野 靖志厩舎)

本日の調教状況

ダートコース キャンター1周半→ゲート練習
久保 淳二調教助手騎乗

  • 庄野 靖志調教師のコメント

    体調は変わりなく、キャンターの雰囲気も良かったです。駐立も問題ありませんでした。とても落ち着いています。ゲート番(7番)について、もう少し内側が良かったですが、少頭数なのでうまく好位を取れればと思います。

  • スワーヴリチャード号

レイデオロ号(牡5歳 美浦・藤沢 和雄厩舎)

本日の調教状況

芝コース 向正面を往復
津曲 大祐調教助手騎乗

  • 津曲 大祐調教助手のコメント

    変わらず良い状態を維持できています。芝コースについて、昨日けっこうな雨が降った分、重さは感じました。ゲート番(6番)が決まりましたが、昨年の経験も踏まえて、調教師と騎手とも相談しながら組み立てていくことになるかと思います。

ドバイターフ(G1) 1,800メートル(芝)

アーモンドアイ号(牝4歳 美浦・国枝 栄厩舎)

本日の調教状況

厩舎エリアで曳き運動

  • 国枝 栄調教師のコメント

    望んでいた状態で来られています。理想的です。無事に追い切りが終わり、やり過ぎずちょうど良いと思います。ゲート番(7番)はラッキーセブンですね。ジャパンカップのときは馬番(1番)が気になっていたので、真ん中か外目が良いと思っていました。真ん中で良かったです。

ヴィブロス号(牝6歳 栗東・友道 康夫厩舎)

本日の調教状況

厩舎エリアで曳き運動

  • 友道 康夫調教師のコメント

    (シュヴァルグランとの)2頭とも落ち着きがあって問題ありません。ゲート番(4番)は、内枠希望だったので最高です。

ディアドラ号(牝5歳 栗東・橋田 満厩舎)

本日の調教状況

厩舎エリアで曳き運動

  • 込山 雄太調教助手のコメント

    状態は良いと思います。2回目のドバイなのでリラックスしています。去年より芝が長いような気がしますが、この馬にとっては問題ないです。ゲート番(3番)については、それほどこだわらないので問題ないです。明日はモレイラ騎手に乗ってもらって感触をつかんでもらいます。

ドバイゴールデンシャヒーン(G1) 1,200メートル(ダート)

マテラスカイ号(牡5歳 栗東・森 秀行厩舎)

本日の調教状況

ダートコース 速歩1周→スクーリング(装鞍所→パドック)
高野 正貴調教助手騎乗

  • 森 秀行調教師のコメント

    動きは硬くなく体調は良いです。ゲート番(9番)について、昨年は砂をかぶってしまったので、外の方が良いと思っていました。

  • マテラスカイ号

UAEダービー(G2) 1,900メートル(ダート)

デルマルーヴル号(牡3歳 美浦・戸田 博文厩舎)

本日の調教状況

ダートコース 乗り運動
戸田 博文調教師騎乗

  • 戸田 博文調教師のコメント

    馬は引き続き落ち着いていて順調です。良い状態を維持できています。

ゴドルフィンマイル(G2) 1,600メートル(ダート)

ノンコノユメ号(せん7歳 美浦・加藤 征弘厩舎)

本日の調教状況

ダートコース 速歩2ハロン→キャンター1周半→スクーリング(装鞍所→パドック)
浅利 英明調教助手騎乗

  • 加藤 征弘調教師のコメント

    日に日に落ち着きも増していて良い状態です。追い切り後もかかるところもなく、弾みのある動きを見せてくれています。

  • ノンコノユメ号

関連ニュース

ページトップへ戻る
表示モード: