JRAニュース

2019年2月24日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(2月24日(日曜))

第2回中山第2日(2月24日(日曜))

  • 競走中止
    5R

    2番 トーセンジェロニモ号(△菊沢 一樹騎手)
    疾病を発症したため、1コーナー手前で競走を中止
    馬:左第1趾骨粉砕骨折(予後不良)
    騎手:異状なし

相沢 郁調教師 JRA通算400勝達成!

9Rで、2番レノーア号(石川 裕紀人騎手)が第1着となり、相沢 郁調教師(美浦)は現役43人目のJRA通算400勝を達成しました。

  • コメント

    関係者の皆様のおかげで、ここまで来ることができました。ありがとうございます。今週4勝して一気に達成することができ、長く調教師をやっていると、こういうこともあるのかなと思います。あと約10年、がんばりますので、これからも応援よろしくお願いいたします。

ステイゴールド産駒 JRA重賞レース100勝達成!

11Rで、1番ウインブライト号(松岡 正海騎手)が1着となり、ステイゴールド産駒のJRA重賞勝利数が100勝となりました。これは、JRA史上5頭目の記録となります。

伊藤 正徳調教師 引退

2月28日(木曜)をもって引退する伊藤 正徳調教師(美浦)は、中山8R(7番タキオンレイ号(▲山田 敬士騎手)・12着)が管理馬のラストランとなりました。

  • コメント

    自分の中では、まだ仕切りがついていない感じです。約50年この生活を続けてきましたが、今日から何かが変わるのではなく、明日もこれまでのリズムでの生活になると思います。

柴田 政人調教師 引退

2月28日(木曜)をもって引退する柴田 政人調教師(美浦)は、中山8R(2番ヒロノワカムシャ号(江田 照男騎手)・10着)が管理馬のラストランとなりました。

  • コメント

    これで終わりかと思うと寂しい気持ちです。自分が高松 三太厩舎からデビューしたときと競馬も変わってきましたが、競馬を見るのが好きなので、これからも競馬を見ていきたいと思っています。

谷原 義明調教師 引退

2月28日(木曜)をもって引退する谷原 義明調教師(美浦)は、中山9R(10番エムアイグランツ号(田中 勝春騎手)・6着、6番セクシイフラワー号(菊沢 一樹騎手)・7着)が管理馬のラストランとなりました。

  • コメント

    約30年の調教師生活、一歩一歩積み重ねてきましたが、最後のレースでも馬が頑張ってくれて、オーナーや家族が喜んでくれたのが何よりでした。良いホースマン人生でした。これからは、一ファンとして競馬を見ていきます。

栗田 博憲調教師 引退

2月28日(木曜)をもって引退する栗田 博憲調教師(美浦)は、中山12R(4番ヤマニンシャンデル号(田中 勝春騎手)・16着)が管理馬のラストランとなりました。

  • コメント

    あっという間の調教師生活でした。小倉で重賞を勝てば全場重賞制覇でしたが、達成できなかったのが少し残念でした。定年間際にイスラボニータとめぐり合えたのは幸せでした。これからは競馬場に足を運んで楽しみたいと思います。ありがとうございました。


第1回阪神第2日(2月24日(日曜))

  • 競走中止
    4R

    3番 シゲルキハダマグロ号(高野 和馬騎手)
    1号障害を内側に斜飛し、着地時に転倒したため競走を中止
    馬:異状なし
    騎手:異状なし

中村 均調教師 引退

2月28日(木曜)をもって引退する中村 均調教師(栗東)は、阪神9R(9番タガノヴェローナ号(岩田 康誠騎手)・4着)が管理馬のラストランとなりました。

  • コメント

    ずいぶん長いこと調教師としてやってきましたが、いよいよ今日が最後だなという感情です。いろんな思い出が頭の中にめぐっていますが、最後の最後まで馬とともに一生懸命競馬に取りくもうと考えていました。長い年月の間に様々なことがありました、苦しい時や悲しい時、もうだめかなと思う事も何度もありましたが、まわりの声援で何とか立ち上がることができ、元気な姿で今日を迎えることができました。ほんとに幸せな男だと思っています。大きなレースで勝った馬などは印象に残りますが、どの馬も一生懸命走ってくれていて、すごいなぁと感動・感謝していますので、どの馬も思い出に残っています。最後に、ご来場の皆様、全国のファンの皆様、多くの関係者みなさま、本当に長い間ご声援いただきありがとうございました。感謝でいっぱいです。

沖 芳夫調教師 引退

2月28日(木曜)をもって引退する沖 芳夫調教師(栗東)は、阪神12R(8番ピースマーク号(☆加藤 祥太騎手)・15着)が管理馬のラストランとなりました。

  • コメント

    色々な方に支えられてやってこられました。ナリタトップロードが一番思い出に残っています。テイエムオペラオーとの戦いでがんばっている姿に共感したというファンレターを多くいただきました。あっという間の調教師生活でしたが、これからも競馬の発展のために何かできたらと思います。ありがとうございました。

松元 茂樹調教師 引退

2月28日(木曜)をもって引退する松元 茂樹調教師(栗東)は、阪神12R(16番ラブリーイレブン号(福永 祐一騎手)・9着)が管理馬のラストランとなりました。

  • コメント

    競馬関係者、ファンの皆様、愛馬たちに感謝の言葉しかありません。GⅠを2勝してくれたビリーヴが印象強いです。調教師生活ではいい思いやいろんな経験をさせてもらいました。来週からはいちファンとして競馬を楽しみたいと思います。ありがとうございました。


第1回小倉第6日(2月24日(日曜))

  • 競走中疾病
    6R

    6番 アカリダイヤモンド号(☆藤田 菜七子騎手)
    競走中に鼻出血を発症

坂口 正則調教師 引退

2月28日(木曜)をもって引退する坂口 正則調教師(栗東)は、小倉3R(8番アラブルテーラー号(小崎 綾也騎手)・11着)が管理馬のラストランとなりました。

  • コメント

    無事に引退を迎えることができてほっとしています。エイシンヒカリが海外G1を2勝したことが印象に残っています。小倉競馬場は相性がよく、いい競馬をさせてもらいました。これからはファンとして小倉競馬場で楽しみたいと思います。長い間、ありがとうございました。

ページトップへ戻る
表示モード: