JRAニュース

2019年1月1日

  • その他
  • ピックアップ

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
皆様には、日頃より中央競馬をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

昨年は、中央競馬サークルを挙げて様々なプロモーションやイベント等を展開してまいりました。武 豊騎手が前人未到のJRA4,000勝を達成しましたことや6年ぶり史上5頭目の三冠牝馬の誕生などが大きな話題となり、年間を通じて多くのお客様に中央競馬にご参加いただきました。また、長年のご愛顧により福島競馬場では開設100周年という記念すべき年を迎えることができました。
多くのお客様のおかげで、一年を通じて中央競馬が盛況のうちに開催できましたことを、改めまして厚く御礼申し上げます。

さて、本年もJRAでは、お客様に中央競馬をお楽しみいただけるよう、様々な取組みを行ってまいります。開設70周年となる阪神競馬場では、これまでのご愛顧に感謝するとともに、記念事業を軸としたお客様向けイベントやプロモーションを展開します。さらに、全国のウインズにおいて、日ごろのご利用に感謝の意を表する「ウインズ・デー」を実施するなど、幅広い層の皆様に、競馬の楽しさを実感していただけるよう、各種施策を積極的に実施していきます。
勝馬投票券の発売においては、昨年から導入を開始した専用ICカード「JRA-UMACA」を用いて「馬券レス」「現金レス」で簡単に勝馬投票券が購入できるキャッシュレス投票サービス「UMACA投票」を、全国に順次展開してまいります。同システムの利用により、競馬場・ウインズでもWIN5や海外競馬の購入が可能となります。
競馬番組面では、3日間開催の実施時期の変更等に伴い、一部重賞競走の実施日を変更するほか、JBC競走の実施により昨年は休止したみやこステークス(GⅢ)を本年は実施しますし、葵ステークスについては格付け表記を「新設重賞」から「重賞」に変更します。
海外競馬の発売に際しては、引き続き、お客様への情報提供の充実に努めます。海外競馬の勝馬投票にご参加いただくことを通じて、多くのお客様に、世界のトップクラスの競馬を体感いただければと思います。

平成が終わり新たな時代の幕開けとなる本年も、JRAはお客様を第一に、皆様にご満足いただけるよう、「レースの迫力」「馬の美しさ」「推理の楽しみ」が一体となった競馬の魅力を高め、夢と感動をお届けしてまいります。
引き続き皆様からのご愛顧を賜りますよう、JRAスタッフ一同、心よりお願い申し上げます。

平成31年1月1日
日本中央競馬会理事長 後藤正幸

ページトップへ戻る
表示モード: