JRAニュース

2018年12月21日

  • その他
  • ピックアップ

東京2020オフィシャルコントリビューター契約の締結について

JRA日本中央競馬会は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と東京2020大会における『オフィシャルコントリビューター』契約を締結いたしました。JRAは、東京2020大会の成功に向けて、馬術競技会場となる馬事公苑の整備や馬術競技の運営を支援してまいります。

登壇スピーチするJRA後藤理事長

  • 後藤 正幸 日本中央競馬会 理事長コメント

    このたび、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルコントリビューターとして、東京2020大会の成功に向けて貢献できることとなり大変光栄に思っております。JRA日本中央競馬会の馬事公苑は、東京1964オリンピック競技大会時にも馬術競技会場となり、その後は日本の馬術や馬事文化を広める役割を担ってまいりました。あれから半世紀を経て、再び馬事公苑で東京2020大会を迎えるにあたり、施設の全面的改修や会場整備への財政支援、私どもが積み重ねてきた馬に関する経験・ノウハウなどの提供を通じて、東京2020大会の円滑な運営に協力してまいります。そしてこの取組みが大会後も馬術や馬事文化の発展に効果をもたらすレガシーとなるよう努めてまいります。

登壇スピーチする東京2020 森会長

  • 森 喜朗 東京2020組織委員会 会長コメント

    このたび、JRAを東京2020オフィシャルコントリビューターという特別な枠組みで、大会のファミリーとしてお迎えできることになりました。JRAには、東京2020大会の馬術会場となる馬事公苑の改修・整備を実施していただくほか、東京2020が行う仮設オーバーレイ工事への財政支援もいただくことになっております。また、大会期間中の獣医師等の派遣など、馬術競技の運営面でも多大なるご協力をいただくことになり、大変感謝しております。東京2020大会後、馬事公苑が日本のみならず世界の馬術界のレガシーとして定着し、今後の馬術界の発展に寄与することを心から期待しています。

  • 握手する 後藤理事長(左)、森会長(右)

  • 東京2020大会の成功に向けて、ソウル五輪メダリストの小谷実可子JRA監事、
    オリンピックを目指すJRA職員の馬術、柔道選手も円陣に参加しました。

東京2020オフィシャルコントリビューターについて

東京2020オフィシャルコントリビューターとは、東京2020スポンサーシッププログラムとは異なるプログラムであり、東京2020大会の開催のために貢献する非営利団体対象のプログラムです。オフィシャルコントリビューターは、貢献内容に基づいた呼称などの権利を国内において行使することが可能になります。

ページトップへ戻る
表示モード: