JRAニュース

2018年11月16日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

ジャパンカップ(GⅠ)外国馬情報 カプリ号およびサンダリングブルー号が来日

ジャパンカップ(GⅠ)に出走予定のカプリ号(アイルランド)およびサンダリングブルー号(イギリス)が15日(木曜)に輸入検疫のため、成田空港経由で競馬学校国際厩舎(千葉県白井市)に到着しましたので、お知らせいたします。

[到着]
成田着 15日(木曜) 16時18分 → 競馬学校着 同日19時43分
カプリ号は自国から24時間程度、サンダリングブルー号は自国から28時間程度の輸送でした。

カプリ号(牡・4歳) (CAPRI)

  • パトリック・キーティング(Patrick Keating)調教助手のコメント

    馬の状態は良好で、何も問題ありません。調教師からの指示は今のところありませんが、毎日連絡をして指示を仰ぐことになっています。今後の予定は、競馬学校では強めに追う予定はありません。東京競馬場に移動した後は芝コースでトレーニングをしたいと思っています。

  • カプリ号

サンダリングブルー号(せん・5歳) (THUNDERING BLUE)

  • キム・ジョンストン(Kim Johnstone)調教助手のコメント

    馬の調子は、今のところ特に変わった様子はありません。明日、調教師が来日する予定となっているため、トレーニングの指示はまだ受けていません。今後の予定は、最初は軽めの運動を行い、徐々にピッチを上げていく予定です。追い切りの日程は決めていませんが、どこかのタイミングで行う予定です。

  • サンダリングブルー号

ジャパンカップ(GⅠ)

11月25日(日曜) 東京競馬場 第11レース 2,400メートル芝
15時40分発走予定

ページトップへ戻る
表示モード: