JRAニュース

2018年11月7日

  • レース・馬・騎手など

「騎手 山田 敬士の競走距離錯誤」に関する処分について

騎手 山田 敬士に対する処分について、2018年11月7日(水曜)第2回裁定委員会で決定しましたのでお知らせいたします。

「騎手 山田 敬士は、2018年10月13日(土曜)の第3回新潟競馬第1日第6競走(ダート2,500メートル)においてペイシャエリートに騎乗した際、競走距離を錯誤した。
これは、騎手としての注意義務を著しく怠ったものと認め、日本中央競馬会競馬施行規程第147条第19号により、2018年10月14日(日曜)から2019年1月13日(日曜)まで騎乗を停止する。」

【参考 日本中央競馬会競馬施行規程(抜粋)】
第147条 第138条第1項各号及び第145条各号のいずれか又は前条に該当する場合を除き、次の各号のいずれかに該当する馬主、調教師、騎手、調教助手、騎手候補者又は厩務員に対して、期間を定めて、調教若しくは騎乗を停止し、戒告し、又は500,000円以下の過怠金を課する。

(1)から(18)〔略〕
(19)前各号に定めるもののほか、競馬の公正確保について業務上の注意義務に違反した者

(20)〔略〕
ページトップへ戻る
表示モード: