JRAニュース

2018年10月28日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(10月28日(日曜))

第4回東京第9日(10月28日(日曜))

  • 競走除外
    天皇賞(秋)(GⅠ)
    11R

    8番 ダンビュライト号(戸崎 圭太騎手)
    馬場入場後に放馬し、疲労が著しいため

  • 競走中止
    9R

    15番 アルマユディト号(松岡 正海騎手)
    疾病を発症したため、最後の直線コースで競走を中止
    馬:左前肢跛行
    騎手:異状なし

  • 競走中疾病
    2R

    11番 ケイアイブロンズ号(北村 宏司騎手)
    競走中に鼻出血を発症

「ベストターンドアウト賞」受賞者の発表および受賞者コメント

第158回 天皇賞(秋)(GⅠ)のパドックで、「ベストターンドアウト賞」(Best Turned Out Award)の審査が行われました。

受賞者

キセキ号 清山 宏明調教助手(中竹 和也厩舎)

審査委員

松山 康久氏(元JRA調教師)

本村 凌二氏(東京大学名誉教授)

  • 受賞者 清山 宏明調教助手のコメント

    前走から精神面でも体調面でも調子が上がってきました。パドックでの仕草などにも現れていて、それが評価されたと思います。ありがとうございました。


第4回京都第9日(10月28日(日曜))

  • 本日の掲載事項はございません

第3回新潟第6日(10月28日(日曜))

  • 競走中止
    4R

    6番 ヴィアプライド号(金子 光希騎手)
    競走中に異常歩様となったため、2周目4コーナーで競走を中止

  • 競走中疾病
    7R

    4番 アドマイヤロマン号(☆荻野 極騎手)
    競走中に鼻出血を発症

    10R

    16番 シーリア号(小崎 綾也騎手)
    競走中に鼻出血を発症(10月31日(水曜)追記)

    12R

    16番 ロードバリスタ号(勝浦 正樹騎手)
    競走中に鼻出血を発症(10月31日(水曜)追記)

  • 負担重量の変更
    11R

    8番 ソレイユフルール号
    西村 淳也騎手(48.0kg)⇒(48.5kg)

第3回新潟競馬リーディングジョッキーは、鮫島 克駿騎手!

鮫島 克駿騎手(栗東:浅見 秀一厩舎所属)は、第3回新潟競馬で6勝をあげ、開催リーディングジョッキーとなりました。

  • コメント

    新潟開催6日間を通して、たくさんの有力馬に乗せてもらえたので、開催リーディングを取れましたが、馬の質を考えるともっと勝ちたかったです。次の開催も一頭一頭に丁寧に乗って、一つでも上の着順を目指していきます。

【第3回新潟競馬リーディングジョッキー順位】
第3回新潟競馬リーディングジョッキー順位
1位 鮫島 克駿騎手 (6勝、2着 5回、3着 4回)
2位 津村 明秀騎手 (6勝、2着 2回、3着 4回)
3位 丸山 元気騎手 (5勝、2着 5回、3着 3回)

ページトップへ戻る
表示モード: