JRAニュース

2018年10月22日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

平成31年度(2019年)開催日割および重賞競走について

2019年度の開催日割および重賞競走については、競馬サークル全体の指標となる競走体系を構築していくことを基本理念に、年間を通じて多くのお客様に中央競馬をお楽しみいただけるよう設定いたします。
また、グレード競走に次ぐ重要な競走として、オープン競走の一部をリステッド競走と新たに格付けいたします。
なお、重賞競走の賞金額、競馬番組上のルールの変更点、リステッド競走一覧、その他競馬番組に関する取り組み等については、11月中旬頃に改めて発表いたします。

  • 注記:本内容については、農林水産大臣の認可を経て正式に確定するものであることをご承知おきください。

開催日割について(開催日割表 PDF:93KB

開催日割については、より多くのお客様に中央競馬にご参加いただくとともに、スポーツエンターテインメントとしての一層の盛り上がりを図る観点から、以下のとおり設定いたします。

1.年初および年末の開催について

年初は、1月5日(土曜)・6日(日曜)に中山・京都競馬を開催いたします。
また、競走馬の円滑な出走を図る観点から、12月28日(土曜)に中山・阪神競馬を開催いたします。

2.祝日を利用した開催について

年間4日の祝日を利用し、以下のとおり3日開催を実施いたします。

  1. 1月12日(土曜)から14日(祝日・月曜)【成人の日】 中山・京都競馬
  2. 4月27日(土曜)から29日(祝日・月曜)【昭和の日】 東京・京都・新潟競馬
    開催日程
     4月27日(土曜)4月28日(日曜)4月29日(祝日・月曜)


    2回東京3 2回東京4  
      3回京都3 3回京都4
    1回新潟1   1回新潟2

  3. 9月14日(土曜)から16日(祝日・月曜)【敬老の日】 中山・阪神競馬
  4. 10月12日(土曜)から14日(祝日・月曜)【体育の日】 東京・京都競馬

3.開催日数について

競馬場毎の開催日数については、以下のとおりといたします。

  • 札幌競馬 2開催12日    
  • 函館競馬 2開催12日
  • 福島競馬 3開催20日
  • 新潟競馬 3開催26日
  • 中山競馬 5開催41日
  • 東京競馬 5開催45日
  • 中京競馬 4開催26日
  • 京都競馬 5開催44日
  • 阪神競馬 5開催42日
  • 小倉競馬 2開催20日

重賞競走について(重賞競走の主な変更点 PDF:68KB

1.重賞競走の実施日の変更について

  1. 開催日割の変更等に伴う実施日の変更
    フェブラリーステークス(GⅠ)とのローテーションを考慮し、東海テレビ杯東海ステークス(GⅡ)を第1回中京競馬第2日に実施いたします。また、これに伴い、農林水産省賞典愛知杯(GⅢ)の実施日を第1回中京競馬第3日に変更いたします。
  2. 3日開催の実施時期の変更等に伴う実施日の変更
    3日開催の実施時期の変更等に伴い、一部重賞競走の実施日を変更いたします。
  3. みやこステークス(GⅢ)の実施
    2018年度、JBC競走の実施に伴い休止したみやこステークス(GⅢ)を、2019年度以降は実施いたします。

2.重賞競走の格付け表記について

葵ステークスについて、格付け表記を「新設重賞」から「重賞」に変更いたします。

一部オープン競走のリステッド格付けについて

競走体系および生産の指標として、グレード競走に次ぐ重要な競走であることを明示するため、2019年度春季競馬から、オープン競走の中で質の高い競走をリステッド競走として格付けするとともに、競走名の後ろに「(L)」を付すことといたします。

例:キャピタルステークス(L)

なお、リステッド格付けは、グレード格付けと同様「日本グレード格付け管理委員会」において審査・承認が行われ、リステッド競走一覧は、11月中旬頃に重賞競走一覧と併せて発表いたします。

  • 注記:グレード格付けを持たない「(JpnⅠ、Ⅱ、Ⅲ)、(重賞)、(新設重賞)」の重賞競走については、従来どおりの表記といたします。
  • 注記:本項目は、3月5日(月曜)付広報発表と同様の内容です。
ページトップへ戻る
表示モード: