JRAニュース

2018年10月2日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

2018コーフィールドカップ(G1)およびメルボルンカップ(G1)に出走予定の日本馬がオーストラリアに到着

10月20日(土曜)にオーストラリアのコーフィールド競馬場で行われるコーフィールドカップ(G1)および11月6日(火曜)にフレミントン競馬場で行われるメルボルンカップに出走予定のチェスナットコート号(牡4歳 栗東・矢作 芳人厩舎)およびソールインパクト号(牡6歳 美浦・戸田 博文厩舎)がオーストラリアに到着しましたのでお知らせいたします。

出発・到着時刻

到着時刻
成田国際空港発 日本時間 9月30日(日曜) 18時07分

注記:香港国際空港を経由

メルボルン国際空港着 現地時間 10月1日(月曜) 12時57分(日本時間 11時57分)
ウェリビー競馬場着(検疫地) 現地時間 10月1日(月曜) 14時50分(日本時間 13時50分)

コーフィールドカップ(G1)(芝・2,400メートル)・メルボルンカップ(G1)(芝・3,200メートル)

チェスナットコート号(牡4歳 栗東・矢作 芳人厩舎)

  • 貝澤 勝一厩務員のコメント

    馬の状態は良く、順調にきていると言えます。これから馬の様子を見て、調教内容を決めていきたいと思います。

ソールインパクト号(牡6歳 美浦・戸田 博文厩舎)

  • 戸田 博文調教師のコメント

    馬の状態は非常に良く、飼葉も食べて元気で、見た目も東京競馬場にいた時と変わりません。台風の影響を心配していましたが、この影響で香港での乗り換えがなくなり、アクシデントが良い方向に向かったと考えています。直前まで東京で追い切りができ、競走まで3週間弱ありますので、あまり急がず様子を見ながら今後の調教スケジュールを考えます。

芦毛がソールインパクト号 栗毛がチェスナットコート号

ページトップへ戻る
表示モード: