JRAニュース

2018年9月12日

  • レース・馬・騎手など

フランス遠征馬の近況(9月12日(水曜))

10月7日(日曜)にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)に出走予定のクリンチャー号(牡4歳 栗東・宮本 博厩舎)の調教状況および関係者のコメントをお知らせいたします。

凱旋門賞(G1)(芝・2,400メートル)

クリンチャー号(牡4歳 栗東・宮本 博厩舎)

本日の調教状況

【調教コース】

エーグル調教場(直線コース)

【調教内容】

ダートコースで約6ハロンの速歩とハッキングの後、芝コースでゲネラルプローベ号と2頭併せで約6ハロンの追い切り
クリンチャー号 武 豊騎手騎乗

  • 宮本 博調教師のコメント

    フランスに到着してから、きっちりと調教をこなしてきており、順調に過ごしています。フォワ賞については、例年よりもメンバーが揃っている印象がありますが、パリロンシャン競馬場の馬場もこの馬に合っていると思うので、結果には期待しています。前哨戦としては、100%の仕上がりです。

  • 後ろの馬がクリンチャー号

ページトップへ戻る
表示モード: