JRAニュース

2018年9月9日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(9月9日(日曜))

第4回中山第2日(9月9日(日曜))

  • 競走除外
    5R

    16番 モンスタープリンス号(黛 弘人騎手)
    馬場入場後に右前肢跛行を発症したため

  • 競走中止
    5R

    14番 フレンドピンク号(▲木幡 育也騎手)
    疾病を発症し、2コーナーで競走を中止
    馬:左寛骨複骨折(予後不良)
    騎手:異状なし

  • 騎手変更
    3R

    2番 ゴールデンライラ号
    大庭 和弥騎手(54.0kg)⇒△菊沢 一樹騎手(52.0kg)

    落馬負傷のため

  • 2018年サマーマイルシリーズ

    2012年よりスタートし、本年で7回目を迎えたサマーマイルシリーズは、本日の京成杯オータムハンデキャップ(GⅢ)をもって終了しました。

2018年サマージョッキーズシリーズ チャンピオンは福永 祐一騎手!!

2018年のサマージョッキーズシリーズは第14戦の京成杯オータムハンデキャップ(GⅢ)が終了し、シリーズ通算25ポイントの福永 祐一騎手が、7年ぶり2回目のシリーズチャンピオンの称号を手にしました。
なお、優勝した福永 祐一騎手には、褒賞金100万円が贈られます。

  • コメント

    夏の暑い時期は自分にとって厳しいですが、気持ちとは裏腹に良い成績があげられたのは馬が頑張ってくれたおかげだと思っています。最近は大きな怪我もなく来ており、日々感謝の念を持って過ごしています。
    栗東トレーニング・センターには秋の有力馬が入ってきており、これからわくわくする時期になりますが、気を引き締め、しっかり体調を整えて全力を尽くして良いレースを見せれればと思っています。
    これから秋競馬が本格化します、良いレースを楽しみに、競馬場に足を運んでいただければと思います。


第4回阪神第2日(9月9日(日曜))

  • 競走中疾病
    6R

    6番 アイファーダイヤ号(☆義 英真騎手)
    競走中に鼻出血を発症

    11R

    7番 ダイアナヘイロー号(武 豊騎手)
    競走中に鼻出血を発症

  • 2018年サマースプリントシリーズ チャンピオンはアレスバローズ号!!

    2006年よりスタートし、本年で13回目を迎えたサマースプリントシリーズは、本日のセントウルステークス(GⅡ)をもって終了しました。


ページトップへ戻る
表示モード: