JRAニュース

2018年8月19日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(8月19日(日曜))

第2回新潟第8日(8月19日(日曜))

  • 競走除外
    9R

    10番 エピキュリアン号(大野 拓弥騎手)
    発馬機内で立ち上がって転倒し、左腰角部挫創を発症したため

  • 競走中疾病
    3R

    2番 ドゥエンデ号(丸田 恭介騎手)
    競走中に左第3手根骨々折を発症(8月24日(金曜)追記)


第2回小倉第8日(8月19日(日曜))

  • 競走除外
    4R

    2番 コパノジャッキー号(川須 栄彦騎手)
    馬場入場後暴走による疲労が著しいため

    12番 カワチノシャモ号(太宰 啓介騎手)
    馬場入場後に左後肢跛行を発症したため

  • 5Rにおける制裁

    13番ミッキースピリット号(松若 風馬騎手)は、最後の直線コースで内側に斜行したため、15番ブルベアペスカ号(菱田 裕二騎手)の進路が狭くなりました。
    これにより、松若 風馬騎手は、8月25日(土曜)から9月2日(日曜)まで9日間の騎乗停止となりました。

サマースプリントシリーズ 第4戦

第2回札幌第2日(8月19日(日曜))

  • 出走取消
    9R

    12番 アンビートゥン号(J.モレイラ騎手)
    左口角炎のため

  • 競走中止
    6R

    3番 アインツェルカンプ号(国分 恭介騎手)
    発走合図直後、馬が立ち上がった際に、騎手がバランスを崩し落馬したため競走を中止
    馬:異状なし
    騎手:異状なし

  • 競走中疾病
    8R

    3番 シアン号(☆加藤 祥太騎手)
    競走中に鼻出血を発症

  • 騎手変更
    3R

    6番 スズカハイライト号
    △横山 武史騎手(54.0kg)⇒川島 信二騎手(56.0kg)

    6R

    9番 コマノレジェンド号
    △横山 武史騎手(53.0kg)⇒吉田 隼人騎手(55.0kg)

    7R

    7番 ペイシャブルー号
    △横山 武史騎手(53.0kg)⇒柴山 雄一騎手(55.0kg)

    12R

    15番 ボスキャットグレイ号
    横山 武史騎手(57.0kg)⇒藤岡 佑介騎手(57.0kg)

    3R:検査のため
    6Rから12R:落馬負傷のため(3Rの馬場入場時、落馬した際に負傷したもので、「右腰部打撲」「左股関節部打撲」「右肘擦過傷」と診断されました)

吉田 隼人騎手 JRA通算10,000回騎乗達成!

1Rで、4番スポーカンテソーロ号に騎乗した吉田 隼人騎手(美浦:フリー)は、史上34人目・現役22人目のJRA通算10,000回騎乗を達成しました。
なお、デビューからのキャリア14年5ヶ月14日での達成は、史上3位のスピード記録となります。

  • コメント

    2004年から15年目を迎えましたが、あっという間だったなという印象です。デビュー以来、同期みんなで切磋琢磨して頑張ってきましたが、その中で最初に1万回騎乗を達成できたのがとても嬉しいです。(1万回騎乗が)史上3番目のスピード記録であることも含め、皆さんに可愛がっていただいているおかげだと思いますので、本当に感謝しています。
    これからは騎乗数だけではなく、勝利数やGⅠでの活躍でもアピールできるようにますます頑張っていきたいと思います。

「ベストターンドアウト賞」受賞者の発表および受賞者コメント

第54回札幌記念(GⅡ)のパドックで、「ベストターンドアウト賞」(Best Turned Out Award)の審査が行われました。

受賞者

ミッキースワロー号 小山 貴洋調教助手(菊沢 隆徳厩舎)

審査委員

本橋麻里氏(女子カーリング ロコ・ソラーレ)

松山康久氏(元JRA調教師)

  • 審査員 本橋 麻里さんのコメント

    どの馬も非常にキレイで中々選びきれませんでしたが、元調教師の松山さんのお話を聞きながら、選ばせていただきました。レースでもミッキースワローを応援します。

  • 審査員 松山 康久さんのコメント

    馬の手入れが行き届いており、人馬が一体となったパレードが印象的でした。

  • 受賞者 小山 貴洋調教助手のコメント

    今回の受賞は非常に光栄です。日頃から競走馬たちを優雅な姿でお客様の前に出せるように心掛けて躾や手入れを行っていることが、評価されたと思います。ありがとうございました。

サマー2000シリーズ 第4戦

ページトップへ戻る
表示モード: