JRAニュース

2018年7月22日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(7月22日(日曜))

第2回福島第8日(7月22日(日曜))

  • 12Rにおける制裁

    6番カワキタピリカ号(武士沢 友治騎手)は、最後の直線コースで外側に斜行したため、13番タケショウベスト号(大野 拓弥騎手)の進路が狭くなりました。
    この件について、武士沢 友治騎手は、7月28日(土曜)から7月29日(日曜)まで2日間の騎乗停止となりました。

石橋 脩騎手 JRA通算600勝達成!

6Rで、8番プレイズラン号に騎乗し第1着となった石橋 脩騎手(美浦:フリー)は、史上75人目・現役31人目のJRA通算600勝を達成しました。

  • コメント

    本当にたくさんの馬に乗せていただき、関係者の方々や暑い中でも頑張ってくれる馬たちに感謝しています。この福島開催では、良い馬に多く乗せてもらったにも関わらず、人気を裏切ることが多く、達成まで長くかかったなと感じています。いまたくさんいただいているチャンスを活かし、目の前の1勝、そしてその先にあるGⅠにも勝ちたいと思っています。

第2回福島競馬リーディングジョッキーは、田辺 裕信騎手!

田辺 裕信騎手(美浦:フリー)は、第2回福島競馬で11勝をあげ、夏の福島競馬開催で初のリーディングジョッキーとなりました。

  • コメント

    夏の福島開催にフル参戦できませんでしたが、良い馬に恵まれて勝ち星を重ねることができました。福島県民として福島競馬のリーディングを獲れて嬉しく思います。福島競馬場は小回りでレースの流れも変わりやすく、人気薄でもチャンスがあって、乗っていて楽しい競馬場です。6日間しか参戦していませんでしたが、無事に終えることができてよかったです。これからも良いレースを続けていきたいです。

【第2回福島競馬リーディングジョッキー順位】
第2回福島競馬リーディングジョッキー順位
1位 田辺 裕信騎手 (11勝、2着 10回、3着 2回)
2位 北村 宏司騎手 (9勝、2着 4回、3着 9回)
3位 戸崎 圭太騎手 (8勝、2着 9回、3着 9回)

第3回中京第8日(7月22日(日曜))

  • 競走除外
    2R

    5番 ネオテスタメント号(△森 裕太朗騎手)
    馬場入場後に放馬し、左腕節部挫創を発症したため

  • 競走中止
    6R

    15番 ブルーウィング号(戸崎 圭太騎手)
    競走中に前進気勢を欠いたため、最後の直線コースで競走を中止

    12R

    13番 アイファーウタオー号(藤懸 貴志騎手)
    疾病を発症したため、最後の直線コースで競走を中止
    馬:右前肢跛行
    騎手:異状なし

  • 競走中疾病
    6R

    2番 ブルーブルイヤール号(岡田 祥嗣騎手)
    競走中に右前肢跛行を発症(7月26日(木曜)追記)

  • 騎手変更
    3R

    7番 メイショウカチョウ号
    △森 裕太朗騎手(52.0kg)⇒高倉 稜騎手(54.0kg)

    6R

    7番 グランソード号
    △森 裕太朗騎手(54.0kg)⇒北村 友一騎手(56.0kg)

    落馬負傷のため(2レースで、放馬した際に負傷し、「右手中手骨基節部骨折」と診断されました)

夏の中京競馬リーディングジョッキーは、M.デムーロ騎手!

M.デムーロ騎手(栗東:フリー)は、第3回中京競馬で16勝をあげ、2015年以来、3年ぶりの夏の中京競馬リーディングジョッキーに輝きました。

  • コメント

    夏の中京競馬のリーディングが獲れて嬉しいです。暑い中、応援してくれるお客さんや、いい馬ばかり用意してくれる馬主・調教師の皆様に感謝しています。中京競馬場は坂があり、大きさも丁度よく、競走馬の力が出しやすい大好きな競馬場です。今年の夏はとても暑いですが、暑いのは好きなので、これからもがんばって行きたいです。

【第3回中京競馬リーディングジョッキー順位】
第3回中京競馬リーディングジョッキー順位
1位 M.デムーロ騎手 (16勝、2着 10回、3着 9回)
2位 福永 祐一騎手 (11勝、2着 13回、3着 11回)
3位 和田 竜二騎手 (9勝、2着 5回、3着 7回)
サマーマイルシリーズ 第1戦

第2回函館第6日(7月22日(日曜))

  • 競走中疾病
    7R

    8番 ヌンジュリエット号(勝浦 正樹騎手)
    競走中に左第3中手骨遠位剥離骨折を発症(7月26日(木曜)追記)

2018年函館競馬リーディングジョッキーは、C.ルメール騎手!

本年の函館競馬開催リーディング争いは、1回函館競馬5勝、2回函館競馬で13勝、合計18勝をあげたC.ルメール騎手(栗東:フリー)が初のリーディングジョッキーに輝きました。
C.ルメール騎手には、北海道競馬記者クラブより「北海道競馬記者クラブ賞」が贈られました。

  • コメント

    函館のリーディングは初めてなので、なまら嬉しいです。函館は走る馬のレベルが同じくらいであり、見習いジョッキーも含め沢山のライバルがいるので、リーディングを取ることは楽ではないです。涼しい気候が好きなので、来年も涼しい函館に来られたらと思います。

【2018年函館競馬リーディングジョッキー順位】
2018年函館競馬リーディングジョッキー順位
1位 C.ルメール騎手 (18勝、2着 13回、3着 12回)
2位 岩田 康誠騎手 (15勝、2着 11回、3着 12回)
3位 池添 謙一騎手 (13勝、2着 9回、3着 8回)

ページトップへ戻る
表示モード: