JRAニュース

2018年6月1日

  • レース・馬・騎手など

グレイル号が故障

2017年ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GⅢ)に優勝したグレイル号(牡3歳 栗東・野中 賢二厩舎)は、右第1指骨剥離骨折が判明しましたのでお知らせいたします。
なお、同馬は今後3ヶ月以上の休養を要する見込みです。

ページトップへ戻る
表示モード: