JRAニュース

2018年4月22日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(4月22日)

第2回東京第2日(4月22日(日曜))

  • 騎手変更
    2R

    8番 トモジャスティス号
    藤岡 康太騎手(56.0kg)⇒柴田 大知騎手(56.0kg)

    3R

    5番 ホッコーエレノア号
    藤岡 康太騎手(54.0kg)⇒戸崎 圭太騎手(54.0kg)

    7R

    14番 アメリカンヘブン号
    藤岡 康太騎手(57.0kg)⇒三浦 皇成騎手(57.0kg)

    8R

    13番 トモジャプリマ号
    藤岡 康太騎手(55.0kg)⇒北村 宏司騎手(55.0kg)

    9R

    7番 エニグマバリエート号
    藤岡 康太騎手(57.0kg)⇒北村 宏司騎手(57.0kg)

    10R

    13番 メイショウボンロク号
    藤岡 康太騎手(55.0kg)⇒池添 謙一騎手(55.0kg)

    11R

    5番 ノーブルカリナン号
    藤岡 康太騎手(54.0kg)⇒横山 典弘騎手(54.0kg)

    12R

    10番 アポロナイスジャブ号
    藤岡 康太騎手(57.0kg)⇒江田 照男騎手(57.0kg)

    2R:検査のため
    3Rから12R:落馬負傷のため(1レース入線後、騎乗馬が転倒した際に負傷し、「頭部・全身外傷」と診断されました)

クロフネ産駒通算勝利数 JRA史上単独第9位!

8Rで、11番フィビュラ号(田辺 裕信騎手)が1着となり、クロフネ産駒のJRA通算勝利数が1,273勝となりました。
これは、パーソロン号の持つJRA通算1,272勝の記録を抜き、種牡馬の産駒のJRA通算勝利数で単独第9位となる記録です。


第3回京都第2日(4月22日(日曜))

  • 競走中止
    1R

    8番 チカフェンネル号(武 豊騎手)
    疾病を発症したため、最後の直線コースで競走を中止
    馬:右第1趾骨粉砕骨折(予後不良)
    騎手:異状なし

  • 競走中疾病
    4R

    10番 タイセイターゲット号(☆荻野 極騎手)
    競走中に心房細動を発症

  • 8Rにおける制裁

    1番サイモンゼーレ号(武 豊騎手)は、3コーナーで外側に斜行したため、7番シアン号(☆加藤 祥太騎手)および5番プレシャスロード号(和田 竜二騎手)の進路が狭くなりました(その他に8番スワーヴアーサー号(C.ルメール騎手)および9番ダノンメモリー号(幸 英明騎手)の進路にも影響がありました)。
    この件について、武 豊騎手は、4月28日(土曜)から5月6日(日曜)まで9日間の騎乗停止となりました。

ディープインパクト産駒 史上最速JRA通算1,600勝達成!

8Rで、13番トウカイレーヌ号(古川 吉洋騎手)が1着となり、ディープインパクト産駒のJRA通算勝利数が1,600勝となりました。
これは、JRA史上5頭目の記録となります。また、産駒初出走の日から数えて7年10カ月3日での1,600勝達成は、サンデーサイレンス産駒の9年0カ月19日を上回る史上最速での達成となります。


第1回福島第6日(4月22日(日曜))

  • 競走中止
    1R

    10番 クリノレイステル号(嶋田 純次騎手)
    疾病を発症し、最後の直線コースで競走を中止
    馬:左後肢跛行
    騎手:異状なし

    6R

    2番 ロングブーケ号(中井 裕二騎手)
    向正面で急に外側に逃避し、騎手が落馬したため競走を中止
    馬:異状なし
    騎手:左足関節骨折

  • 騎手変更
    7R

    4番 メイショウアバラガ号
    中井 裕二騎手(57.0kg)⇒太宰 啓介騎手(57.0kg)

    9R

    13番 レッドリッジ号
    中井 裕二騎手(57.0kg)⇒太宰 啓介騎手(57.0kg)

    11R

    7番 サトノフラム号
    中井 裕二騎手(55.0kg)⇒勝浦 正樹騎手(55.0kg)

    7R:検査のため
    9R・11R:落馬負傷のため

第1回福島競馬リーディングジョッキーは、津村 明秀騎手!

津村 明秀騎手(美浦:フリー)は、第1回福島競馬で9勝をあげ、開催リーディングジョッキーとなりました。

  • コメント

    もっとうまく乗らないといけなかった等の反省も多かったですが、いい馬に乗せていただいたおかげでどうにかリーディングを取ることができましたし、内容としても3週連続でメインレースを勝てた上なのでなお嬉しいです。春の福島競馬は騎手同士の駆け引きも激しく難しいレースが多いので、その開催でリーディングがとれたことも自信につながります。
    この勢いで次の新潟開催も頑張りますので、引き続きご声援のほどよろしくお願いします。

【第1回福島競馬リーディングジョッキー順位】
第1回福島競馬リーディングジョッキー順位
1位 津村 明秀騎手 (9勝、2着 2回、3着 2回)
2位 丸山 元気騎手 (8勝、2着 3回、3着 3回)
3位 川又 賢治騎手 (4勝、2着 1回、3着 8回)

ページトップへ戻る
表示モード: