JRAニュース

2018年3月5日

  • その他
  • ピックアップ

キャッシュレス発売機等の導入スケジュールについて

本年秋の東京競馬場から導入される「キャッシュレス発売機」および「情報照会端末機(通称:UMAポート)」について、順次全国の事業所に導入しますのでお知らせいたします。

キャッシュレス発売機等の導入スケジュール

2018年

2018年
9月22日(土曜) 東京競馬場
10月20日(土曜) 福島競馬場
11月17日(土曜) 中京競馬場および阪神競馬場
11月24日(土曜) ウインズ銀座、ウインズ難波およびウインズ神戸
  • 注記:ウインズ神戸B館はUMAポートのみ

2019年

上記以外のJRA競馬場

2019年以降順次

上記以外のウインズ・エクセル

  • 注記:2019年以降の具体的な導入スケジュールは、決まり次第お知らせいたします。
キャッシュレス発売機は専用の非接触型ICカード“JRA−UMACA(ウマカ)”で購入が可能となり、UMAポートは情報提供端末としてキャッシュレス投票の過去投票内容照会機能やオッズ印刷機能に加え、UMACAを介した様々なサービス提供(クーポン発行など)を行います。
なお、UMACAをご利用の際は会員加入をしていただく必要があります。

【キャッシュレス発売機の特徴】
  • インターネット投票を利用したシステムであることから、競馬場・ウインズで同発売機を用いての「海外競馬およびWIN5の購入」が可能。
  • 現行の現金発売機とは異なり、UMACAのチャージ金・払戻金等を通じて「馬券レス」・「現金レス」で購入(チャージや払戻金等の出金は専用の「入出金機」にて行います)。
  • 投票所から離れた場所でも設置が可能(但し「入出金機」は既存の投票所に設置)。

関連ニュース

ページトップへ戻る
表示モード: