JRAニュース

2018年3月5日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

一部オープン競走のリステッド格付けについて

一部オープン競走のリステッド格付けについて、下記のとおり実施いたしますので、お知らせいたします。

概要

競走体系上および生産の指標としてグレード競走に次ぐ重要な競走であることを明示するため、2019年春季競馬から、オープン競走の一部をリステッド競走と格付けいたします。

リステッド競走とは

パートⅠ国の主要競走は、GⅠ、GⅡ、GⅢのグレード競走とリステッド競走に格付けされており、リステッド競走は、競走体系上グレード競走の次に重要な競走として位置づけられています。
グレードおよびリステッド競走の優勝馬は、セリ名簿においてブラックタイプ(太字)で記載されます。そのためリステッド競走は、グレード競走同様に、生産の指標としても非常に重要な競走として認識されており、その競走一覧は「インターナショナル・カタロギング・スタンダーズ」に掲載されています。

2019年以降のJRAにおける取扱い

オープン競走の中で質の高い競走をリステッド競走として格付けするとともに、競走名の後ろに「(L)」を付すことといたします。
なお、リステッド格付けは、グレード格付けと同様「日本グレード格付け管理委員会」において審査・承認が行われます。

例:キャピタルステークス(L)

対象競走について

リステッド競走一覧は、毎年11月中旬頃に重賞競走一覧と併せて発表いたします。

  • 注記:グレード格付けを持たない「(JpnⅠ、Ⅱ、Ⅲ)、(重賞)、(新設重賞)」の重賞競走については、従来どおりの表記といたします。
ページトップへ戻る
表示モード: