JRAニュース

2017年11月20日

  • レース・馬・騎手など

ジャパンカップ(GⅠ)外国馬情報 ブームタイム号、イキートス号、ギニョール号が東京競馬場に到着

ジャパンカップ(GI)に出走予定のブームタイム号(オーストラリア)は本日11時15分に競馬学校国際厩舎を退厩し、12時57分に東京競馬場に到着しました。また、イキートス号(ドイツ)及びギニョール号(ドイツ)は本日11時38分に競馬学校国際厩舎を退厩し、13時17分に東京競馬場に到着しましたのでお知らせいたします。

ブームタイム号(牡・6歳) (BOOM TIME)

  • ゲイリー・フェネシー(Gary Fennessy)調教助手のコメント

    日本に来てから馬の状態は日を追うごとに良くなっています。飼い食いも良く、水もたくさん飲んでいます。競馬学校から東京競馬場への約2時間の移動も、オーストラリアでは普通のことなので何ら問題はありません。明日は芝で強い調教を行なう予定です。

イキートス号(牡・5歳) (IQUITOS)

  • ヤニナ・レーゼ(Janina Reese)調教助手のコメント

    競馬学校からの移動は、最初はやや落ち着きを欠いていましたが、道中は落ち着いていて問題ありません。明日は競馬場の雰囲気に慣れさせながら、軽めの調教になる予定です。

ギニョール号(牡・5歳) (GUIGNOL)

  • ミヒャエル・カデドゥ(Michael Cadeddu)調教助手のコメント

    競馬学校から出発する際は少し興奮していましたが、走り出してからは落ち着いて問題ありません。馬の状態も良好です。明日は周囲の環境に慣れさせながら、軽い運動をする予定です。

ジャパンカップ(GI)

11月26日(日曜) 東京競馬場 第11レース 2,400m芝
15時40分発走予定

ページトップへ戻る
表示モード: