JRAニュース

2017年11月19日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

開催競馬場・今日の出来事(11月19日)

第5回東京第6日(11月19日(日曜))

  • 競走中止
    5R

    12番 クアトロスクーザ号(柴山 雄一騎手)
    疾病を発症したため、4コーナーで競走を中止
    馬:右前肢跛行
    騎手:異状なし

  • 競走中疾病
    3R

    2番 ベリンダ号(三浦 皇成騎手)
    競走中に心房細動を発症


第5回京都第6日(11月19日(日曜))

  • 競走除外
    1R

    1番 カミノコ号(岩田 康誠騎手)
    馬場入場後に放馬し、疲労が著しいため

  • 競走中止
    1R

    10番 アポロロッキー号(小牧 太騎手)
    スタート後急に内側に逃避し、騎手が落馬したため競走を中止
    馬:異状なし
    騎手:異状なし

    3R

    1番 ノーウォー号(△森 裕太朗騎手)
    疾病を発症したため、4コーナーで競走を中止
    馬:右第1指節種子骨粉砕骨折 ※予後不良
    騎手:異状なし

  • 競走中疾病
    12R

    2番 ジープルメリア号(幸 英明騎手)
    競走中に鼻出血を発症

  • ディープインパクト産駒 史上最速JRA通算1,500勝達成!

    5Rで、1番フランツ号(C.ルメール騎手)が1着となり、ディープインパクト産駒のJRA通算勝利数が1,500勝となりました。
    これは、JRA史上6頭目の記録となります。また、産駒初出走の日から数えて7年5カ月0日での1,500勝達成は、キングカメハメハ産駒の8年6カ月26日を上回る史上最速での達成となります。

牧田 和弥調教師 JRA通算100勝達成!

10Rで、1番アンドリエッテ号(田辺 裕信騎手)が第1着となり、牧田 和弥調教師(栗東)は現役154人目のJRA通算100勝を達成しました。

  • コメント

    99勝目から足踏みしてやきもきしましたが、厩舎初出走の馬と同じ馬主さんの馬で100勝を達成することができて嬉しいです。達成できたのは、馬主さん、厩舎スタッフ、支えてくれる皆様のおかげです。


第3回福島第6日(11月19日(日曜))

  • 競走除外
    4R

    11番 ジャストドゥイング号(林 満明騎手)
    発馬機から潜り出た際に左後肢挫創を発症したため

  • 競走中止
    1R

    14番 ウインセイラー号(☆木幡 初也騎手)
    3コーナーで急に外側に逃避し、騎手が落馬したため競走を中止
    馬:異状なし
    騎手:異状なし

    3R

    2番 ゴールドビーズ号(☆井上 敏樹騎手)
    競走中に異常歩様となったため、3コーナーで競走を中止

    4R

    13番 ニホンピロボーラー号(高田 潤騎手)
    1周目1号障害(ハードル)飛越の際に騎手がバランスを崩し、1周目4コーナーで落馬したため競走を中止
    馬:異状なし
    騎手:異状なし

    14番 ボルゲーゼ号(小野寺 祐太騎手)
    競走中に異常歩様となったため、2周目1号障害(ハードル)手前で競走を中止

  • 競走中疾病
    5R

    5番 サーストンコラルド号(北沢 伸也騎手)
    競走中に鼻出血を発症

    7R

    2番 レジェンドクイーン号(☆井上 敏樹騎手)
    競走中に右第1指節種子骨々折を発症(11月24日(金曜)追記)

    8R

    15番 エヴェリーナ号(☆井上 敏樹騎手)
    競走中に鼻出血を発症

  • 騎手変更
    2R

    6番 デルマキミコイシ号
    △伴 啓太騎手(53.0kg)⇒☆井上 敏樹騎手(54.0kg)

    6R

    10番 ペイシャボム号
    △伴 啓太騎手(53.0kg)⇒原田 和真騎手(55.0kg)

    8R

    4番 シルバーゲイル号
    △伴 啓太騎手(55.0kg)⇒☆木幡 初也騎手(56.0kg)

    9R

    13番 アプト号
    △伴 啓太騎手(52.0kg)⇒▲菊沢 一樹騎手(51.0kg)

    12R

    5番 アルミューテン号
    伴 啓太騎手(54.0kg)⇒井上 敏樹騎手(54.0kg)

    落馬負傷のため

  • 6Rにおける制裁

    1番シンデン号(中井 裕二騎手)は、4コーナーで外側に斜行したため、14番ディライトラッシュ号(▲菊沢 一樹騎手)の進路が狭くなり、さらに1番シンデン号が外側に斜行したため7番アシャカリブラ号(藤懸 貴志騎手)の進路が狭くなって外に振られ、その影響で7番アシャカリブラ号と接触した11番ヴィレッジダンサー号(☆木幡 巧也騎手)がバランスを崩しました。
    この件について、中井 裕二騎手は、11月25日(土曜)から12月3日(日曜)まで9日間の騎乗停止となりました。

植野 貴也騎手 障害通算1,000回騎乗達成!

5Rで、7番シゲルロウニンアジ号に騎乗した植野 貴也騎手(栗東:佐藤 正雄厩舎所属)は、史上13人目・現役8人目のJRA障害通算1,000回騎乗を達成しました。

  • コメント

    無我夢中で乗って、気がついたら1,000回騎乗だったというのが今の率直な気持ちです。1,000レースで約10,000個の障害を飛越してきていますが、今まで大きなケガなく、無事に来られているのは、関係者の皆さんやファンの皆さんの応援のおかげです。これからも、あと10年は騎乗するつもりですので、障害レース2,000回騎乗を目指して頑張っていきます。

第3回福島競馬リーディングジョッキーは、吉田 隼人騎手!

第3回福島競馬の開催リーディングジョッキーは、5勝を挙げた吉田 隼人騎手(美浦:フリー)となりました。なお、吉田 隼人騎手は3年連続での第3回福島競馬リーディング騎手となりました。

  • コメント

    3年連続でリーディングを獲ることが出来ましたが、本来なら倍くらい勝たなければいけないと思っています。福島競馬場では、来年も騎乗すると思いますので、応援よろしくお願いします。

【第3回福島競馬リーディングジョッキー順位】
第3回福島競馬リーディングジョッキー順位
1位 吉田 隼人騎手 (5勝、2着 3回、3着 4回)
2位 津村 明秀騎手 (4勝、2着 4回、3着 2回)
3位 菱田 裕二騎手 (4勝、2着 3回、3着 2回)

ページトップへ戻る
表示モード: