JRAニュース

2017年10月20日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

キタサンブラック号の今後の予定について

キタサンブラック号(牡5歳 栗東・清水 久詞厩舎)の今後の予定について、同馬を管理する清水 久詞調教師より以下のとおり発表がありましたので、お知らせいたします。

  • 清水 久詞調教師のコメント

    キタサンブラックは、オーナーと協議した結果、年内の天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念の3走をもって引退することになりました。ファンが多い馬で惜しまれる声もあるかもしれませんが、元気なうちに次の大きな仕事として、社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることとなります。これまでたくさんのご声援ありがとうございます。残り3戦を悔いのない仕上げで挑み、キタサンブラックの元気な姿をファンの皆様にお見せしたいと思います。

ページトップへ戻る
表示モード: