JRAニュース

2017年9月28日

  • レース・馬・騎手など

フランス遠征馬の近況について【9月28日(木曜)】

10月1日(日曜)にフランスのシャンティイ競馬場で行われる凱旋門賞(G1)に出走予定のサトノダイヤモンド号(牡4歳 栗東・池江 泰寿厩舎)およびサトノノブレス号(牡7歳 栗東・池江 泰寿厩舎)の調教状況および関係者のコメントをお知らせいたします。
また、調教終了後、ファンの皆様から寄せられたメッセージ入りの応援フラッグを池江調教師に贈呈いたしました。

※贈呈しました応援フラッグは、中山競馬場・阪神競馬場(9月9日(土曜)から18日(祝日・月曜))において、ファンの皆様に応援メッセージをご記入いただいたものです。

凱旋門賞(G1) 【10月1日(日曜) シャンティイ競馬場(フランス) 2,400m(芝・右)】

サトノダイヤモンド号(牡4歳 栗東・池江 泰寿厩舎)

サトノノブレス号(牡7歳 栗東・池江 泰寿厩舎)

本日の調教状況

【調教コース】

厩舎エリア内丸馬場

【調教内容】

1時間の曳き運動(2頭とも)

  • 池江 泰寿調教師のコメント

    「追い切りから一夜明けましたが、サトノダイヤモンドは飼い葉も完食しましたし、歩様もシャキシャキしてきたので、昨日追い切った効果で更に状態が良くなってきたと感じます。サトノノブレスについても、追い切り後も歩様が良く順調に来ています。(ファンの皆様がメッセージを書かれた応援フラッグを受け取って)こんなに応援していただいて本当にありがとうございます。皆様の期待に応えられるようにしっかり馬を仕上げて、皆様と夢の実現を共有できればと思います。」

  • 応援フラッグ贈呈式

関連ニュース

ページトップへ戻る
表示モード: