JRAニュース

2017年2月18日

  • レース・馬・騎手など
  • ピックアップ

ゴールドアリュール号が死亡

2003年フェブラリーステークス(GI)を優勝するなどGIを4勝し、現役引退後は種牡馬として社台スタリオンステーションに繋養されていたゴールドアリュール号(牡・18歳)は、2月18日(土)に心臓疾患により死亡しましたので、お知らせいたします。

  • 社台スタリオンステーション(事務局) 三輪圭祐氏コメント

    ちょうどゴールドアリュールが亡くなる直前に、京都4レースで産駒のアスターゴールドが勝利したので、ゴールドアリュールの懸命に生きようとしている気力が後押ししてくれたんじゃないかとスタッフ同士で話しました。明日のフェブラリーステークス(GI)に出走予定のゴールドドリームとコパノリッキー、そしてヒヤシンスステークスに出走予定のエピカリスのことも後押ししてくれればと思っています。
    現役時代も種牡馬になってからも、ダート界でトップを走ってきた馬で、スマートファルコンやエスポワールシチーといった後継種牡馬を残してくれました。今後は現役馬も含め、ゴールドアリュールの血を繋いでいってほしいと思います。
    また、ゴールドアリュールは種牡馬らしい我の強い性格でプライドも高く、現在、当牧場の柱となっているスタッフたちが若い頃には、苦労しながら種牡馬の扱い方をこの馬から学んだようです。そういう意味で人を育ててくれた馬でもありました。ご冥福をお祈りいたします。

ゴールドアリュール号

ゴールドアリュール号
生年月日: 1999年3月3日
毛色: 栗毛
産地: 北海道
血統: 父  サンデーサイレンス
母  ニキーヤ
母父 Nureyev
母母 Reluctant Guest
競走成績: 16戦8勝(うち地方4戦3勝)
主な勝鞍: 2002年 農林水産大臣賞典 ジャパンダートダービー(大井・GI)
2002年 ダービーグランプリ(盛岡・GI)
2002年 農林水産大臣賞典 東京大賞典(大井・GI)
2003年 フェブラリーステークス(GI)
JRA獲得賞金: 210,376,000円(付加賞含む)
地方獲得賞金: 200,000,000円
馬主: (有)社台レースホース
調教師: 池江 泰郎
  • ゴールドアリュール号

    2003年 フェブラリーステークス(GI)

ページトップへ戻る
表示モード: