JRA
HOME
ENGLISH お問い合わせ/FAQ サイトマップ
競馬メニュー 電話・インターネット投票 データファイル イベント・キャンペーン 競馬場・ウインズ等 競馬ギャラリー
 2015年度JRA賞馬事文化賞が決定!
2016/1/6
 JRAは1月6日(水)、『2015年度JRA賞馬事文化賞選考委員会』を開催し、受賞者を決定しましたのでお知らせいたします。


    2015年度JRA賞馬事文化賞 受賞作及び受賞者

    受賞作 「颶風の王(ぐふうのおう)」
    受賞者 河﨑 秋子氏

      <受賞者プロフィール>
      河﨑 秋子(かわさき あきこ)氏
       1979年北海道出身。羊飼い。北海学園大学経済学部卒業後、ニュージーランドにて緬羊飼育技術を1年間学ぶ。現在は北海道で自宅の酪農従業員をしつつ、緬羊の飼育・出荷を行っている。
       2012年『東陬遺事(とうすういじ)』で北海道新聞文学賞(創作・評論部門)受賞。2014年『颶風の王』で小説『氷点』の50周年記念事業として1回限りで設けられた三浦綾子文学賞受賞。

      <受賞作の概要>
       東北・北海道を舞台に、馬とかかわる数奇な運命を持つ家族の、明治から平成まで6世代の歩みを描いた感動の物語。時代に寄り添い生きるエネルギーに満ちた作品。

      <受賞理由>
       馬と人のかかわりを繊細で巧みな表現で描いており、人智及ばぬ大自然を肌で感じられる、スケールの大きい、生命力にあふれ、読後に大きな感動を生む作品であることが評価されました。

      <受賞者のコメント>
       「私が暮らす北海道の産業の基盤、そして暮らしの根には、いつも人と共に馬達の姿がありました。現在私は馬を飼育している訳ではありませんが、その過去に向き合ってみたいと綴った物語にこのような形で光を当てて頂き、本当に光栄です。北の馬と馬飼い達みんなが頂いた賞だと思っております。」

      (参考)
      JRA賞馬事文化賞は、当該年度において文学、評論、美術、映画、音楽、写真、公演等を通じ馬事文化の発展に特に顕著な功績のあった者に授与します。


    ◇2015年度 JRA賞馬事文化賞 選考委員会委員(五十音順)
      小長谷 有紀 氏 (人間文化研究機構 理事)
      酒井 忠康 氏 (世田谷美術館 館長)
      末崎 真澄 氏 (馬事文化財団 理事)
      永井 梓 氏 (読売新聞 論説委員会 特別顧問)
      畑山 光伸 氏 (馬事文化財団 理事長)
      本村 凌二 氏 (早稲田大学 特任教授)
      柳瀬 尚紀 氏 (英文学者)
      山本 容子 氏 (銅版画家)

    ◇選考委員会での経過
       2015年度のJRA賞馬事文化賞は、2014年11月から2015年10月末までの1年間に出版・制作等された馬・馬事に関する文化作品について、内容を個々に検討のうえ、昨年12月の第1回選考委員会を経て、本日の第2回選考委員会で、河﨑秋子氏の「颶風の王(ぐふうのおう)」に決定しました。