競馬用語辞典

頭文字

「み」からはじまる用語

用語

未出走

読み

みしゅっそう

レースに出走したことがないこと。

用語

未勝利

読み

みしょうり

(1)出走して第1着になったことがなく、(2)重賞競走の第2着にもなったことのない馬をいう。なお、未勝利競走には未出走馬も出走することができる。

用語

見せ鞭

読み

みせむち

気性が悪く、実際にで叩くと逆に走る気をなくす馬に対して、目先でをちらつかせることだけにとどめて走る気をうながすこと。また素直な馬でも急に叩くとよれたりする可能性があるので、これから叩く旨を馬に予告する意味で行う場合もある。

用語

道悪

読み

みちわる

馬場状態の表示には良、稍重、重、不良の4段階があるが、重以上の状態をひと口で「みちわる」という。道悪の上手、下手で人気が大きく変わる場合がある。

用語

身っ食い

読み

みっくい

馬が自分の体を噛む癖のこと。稀には馬体に傷が残る程激しいものもある。退屈、ストレスが原因である。

カテゴリー

用語

ミドルディスタンスホース

読み

みどるでぃすたんすほーす

中距離(2000メートル前後)の競走を得意とする馬のこと。距離に対する融通性は、マイラーステイヤーと比べると高い。

用語

見習騎手

読み

みならいきしゅ

騎手免許をとったばかりの若い騎手は、ベテラン騎手に比べると技術が未熟で同一条件で競走した場合、どうしても不利になる。そこでこういう騎手に騎乗機会を多く与え、育成を図るために、特別競走ハンデキャップ競走以外のレースにおいて、免許の通算取得期間が5年未満であって、勝利度数が100回以下の騎手見習騎手)に減量制度がとられている。

カテゴリー

用語

美浦トレーニング・センター

読み

みほとれーにんぐ・せんたー

一定の自然環境の中で競走馬の育成・調教に専念する施設として、昭和53年4月に茨城県稲敷郡美浦村に開設。約223万平方メートルの広大な敷地の中に、南北2つのトラック型調教コース、1200メートルの坂路調教馬場、競走馬スイミングプール、森林馬道といった様々な調教施設があり、2000頭を超える競走馬(主に関東馬)が、レースへ向けてトレーニングを行っている。

  • 美浦トレーニング・センターの空撮写真

用語

耳捻

読み

みみねじ

馬に軽い手術を施したり、あるいはゲートにのるのを極端に嫌ったりするときに、短い棒の先端に丈夫な綱で直径15センチくらいの輪を作ったもので、片方の耳を入れてねじり、馬の気をそらせ、あるいは刺激を与えておとなしくさせる器具。これを使用すると馬は一見痛そうだが、実際は抑制神経が働き、精神状態が落ち着く効果がある。鼻に使用する、“鼻捻”もある。

カテゴリー

ページトップへ戻る
表示モード: