初心者マークの画像 競馬のルールレースのクラス分け

ここから本文です

レースのクラス分け

競走レースのクラス分け

競走レースのクラス分けイメージ

GⅠ・GⅡ・GⅢを重賞といいます。

馬の年齢と収得賞金の額によるクラス分け

競走レースのクラスは上位からGⅠ、GⅡ、GⅢ、オープン特別、1600万円以下、1000万円以下、500万円以下、新馬・未勝利までのレースがあり、馬の年齢と収得賞金の額によってクラス(=条件)は分けられています。基本的には、ひとつ勝つごとに上のクラスヘステップアップする仕組みです。ただし、年齢が上がることでクラスが下がる場合もあります。また、重賞レース(グレードレース)の2着でも収得賞金が加算されて昇級することがあります。

一部のレースで例外もありますが、原則として、1月から6月上旬までは3歳馬だけのレースと4歳以上の馬によるレースの2本立てとなります。それ以後は3歳馬も4歳以上の馬と一緒に出走するようになり、2歳馬だけのレースと3歳以上の馬によるレースの2本立てに変わります。

  • 1年間のおおまかなレース体系
    6月上旬から12月まで2歳馬限定・3歳以上の馬のレース、1月から6月上旬まで3歳馬限定、4歳以上の馬のレースが行われる。
  • 収得賞金によるクラス分け
    クラス 収得賞金額
    500万円以下 500万円以下
    1000万円以下 501万円から1000万円
    1600万円以下 1001万円から1600万円
    オープン 1600万円超

GⅠホースの称号を得られるのは、ほんのわずか

通常、競走馬は2歳から3歳にかけての新馬(メイクデビュー)でデビューします。
メイクデビューを勝てば次のクラスに進み、勝てなかった馬は、未勝利で戦うことになります。
勝ち上がった馬は、500万円以下クラスに進みます。そして勝つごとに1000万円以下、1600万円以下とステップアップしていきます。なお、2歳戦の始めのうちは新馬(クラス)とオープン(クラス)しか組まれません。その後、勝ち上がった馬の増加につれてクラスを細分化していきます。2歳の9月頃から500万円以下クラスに分けられ、さらに年上の馬と一緒にレースを行う「3歳以上」という条件のレースから1000万円以下クラスと分けられていくのです。
条件クラスを卒業した馬はオープン入りし、オープン特別、GⅢ、GⅡ、GⅠでしのぎを削ります。 なかでもGⅠレースはオープンの頂点であると同時に、それを制覇することは競走馬の最大の目標でもあります。
GⅠレースのようなビッグレースに出走するために、競走馬はひとつひとつの条件をクリアしていくことが必要となります。最終的にGⅠレースに出走できる競走馬はごくごく少数となり、年間約7,000頭のサラブレッドが生産される中で、GⅠホースの称号を得られるのは、ほんのわずかなのです。

収得賞金算出方法

JRAのレース

オープン競走以外
距離 収得賞金に算入する額
新馬・未勝利競走 400万円
500万円以下競走 500万円
1,000万円以下競走 600万円
1,600万円以下競走 900万円
重賞競走

該当する着順の本賞金額の半額

オープン競走(重賞を除く)
平地競走
距離 収得賞金に算入する額
2歳馬競走(九州産馬限定競走) 700万円
2歳馬競走(上記以外の競走) 800万円
3歳馬競走 1,000万円
3(4)歳以上馬競走 1,200万円
障害競走
距離 収得賞金に算入する額
一般競走 600万円
特別競走 750万円

地方および外国のレース

1着
本賞金 収得賞金に算入する額
1200万円以上のとき 本賞金の半額
400万円以上1200万円未満のとき 一律に400万円
400万円未満のとき そのままの額
2着
本賞金 収得賞金に算入する額
480万円以上のとき 本賞金の半額
160万円以上480万円未満のとき 一律に160万円
160万円未満のとき そのままの額
ページトップへ戻る
表示モード: